【2017年最新】無制限のモバイルルーター・ポケットWi-Fi おすすめ比較!最安値はどれ!?【WiMAX中心】

スポンサーリンク

モバイルルータ・ポケットWi-Fi、いろいろなところからいろいろな名称で出ていますが、結局のところどれが良いのか悩んでしまっているのではないでしょうか?

いや僕も今絶賛悩み中なんですよ。2017年2月で2年契約のUQ WiMAXの契約期間が終わるので買い換えようと思って調べたら、全くもってよく分からないという状態に。それなら自分で調べてしまえ!ということで調べました。

その際に何を注意して何を重要視しないといけないのか、選び方もわかりましたので徹底的に比較しておすすめのモバイルルーター・ポケットWi-Fiを紹介します。

でも、本当にWiMAXの料金体系は複雑で本当に分かりづらいです。

モバイルルーター・ポケットWi-Fiを出しているところ

最初にモバイルルーター・ポケットWi-Fiを出しているところは大まかに下記のように分類出来ます。

  • docomo>docomo系格安SIM
  • au
  • softbank>Y!モバイル>Yahoo!Wi-Fi
  • UQ WiMAX>WiMAX取次店

携帯電話の大手キャリアであるdocomo、au、softbankもモバイルルーターは出していますが積極的な販売は行っていません。

docomo回線を使ったモバイルルーターはいわゆる格安SIMを使ったMVNOが展開するものがメインとなっています。

auに関しては同じKDDIグループであるUQ WiMAXで展開することに力を入れており、au自体は積極的に行っていません。またUQ WiMAXが基本ですがUQ WiMAXの回線を借りて展開するWiMAXのMVNOが何社も乱立しておりWiMAXの最安値はどこか?という話によくなります。

softbankに関してもdocomo、auと同じであまり積極的にモバイルルーターは販売しておらず、softbankのサブブランドであるY!モバイルがメインになってモバイルルーターを展開しています。ただしY!モバイルとは微妙に異なるYahoo!Wi-FiというY!モバイルのサブブランドもあります。

つまり、docomo格安SIM勢 vs WiMAX勢 vs Y!モバイル勢という構図になっています。

無制限のモバイルルーターで気をつけないといけない点

無制限のモバイルルーターを購入する場合、それぞれメリット・デメリットがあります。それぞれのメリット・デメリットを説明していきます。

3勢力の特徴

主な特徴を表すと下記になります。

項目 docomo系
格安SIM
WiMAX  Y!モバイル
通信速度
通信エリア
面積
通信エリア
ビル内
契約年数 1ヶ月~ 2年~ 3年~
月間実質
データ容量
30GB 100GB 30GB

通信速度について

docomo系の格安SIMで無制限プランを出しているところは何社かあります。代表的なところでは、ぷららモバイルLTE、U-mobile、DTI SIM 等があります。しかし速度は安定しておらず、また速くても5Mbpsくらいになっているため、速さで考えた時にdocomo系の格安SIMだと自宅で固定回線代わりに使うという意味では向いてないと言えます。

WiMAXについては端末やエリアにもよりますが、概ね安定して10Mbps以上の速度が出ることが多く、固定回線の代わりにもなり得ることがあります。

Y!モバイルについても速度は速く固定回線の代わりになり得ます。

  • docomo系格安SIM=通信速度は遅い
  • WiMAX=通信速度は速い
  • Y!モバイル=通信速度は基本的に速い

通信エリア(面積)

いろいろなところで使いたいと考えた時に、日本の面積でもっと通信エリアをカバーしているのがdocomo系の格安SIMです。WiMAXやY!モバイルも徐々に広がりは見せていますが、docomoには敵いません。

でも結局は自宅や通勤・通学先がエリアかどうかということが最も重要なのでそれほど通信エリアについては気にしなくても良いと言えます。

通信エリア(ビル内)

ビルの奥の部屋だと電波が届かなくて圏外になりやすいのがWiMAXです。docomo系格安SIMやY!モバイルは一般的なLTEの電波を使っているためビルの奥でも比較的圏外になることが少ないのでビル内で使う場合は、docomo系格安SIMかY!モバイルが良いと言えます。

契約年数

docomo系の格安SIMの無制限プランであれば解約違約金が無いところもありますのでいつでも解約が出来ます。ただしスマモバ等の悪質なMVNOだと契約期間が2年間であったり端末の分割期間が3年ということを行っていますので気をつけてください。

スマモバを選ぶ場合、モバイルルーター本体は他で購入するようにしてください。スマモバはモバイルルーターの分割払いが3年ですし途中解約するとモバイルルーター本体の価格が2万円くらいで販売されているものが5万円くらいの請求になりますから。

WiMAXは2年契約が基本となっており、2年以内に解約をすると違約金が発生します。Y!モバイルは3年契約となっており3年以内に解約をすると違約金がかかります。

  • docomo系格安SIM=契約期間1ヶ月~3年
  • WiMAX=契約期間は2年間が基本
  • Y!モバイル=契約期間は3年間が基本

月間実質データ容量

docomo系の格安SIMやY!モバイルは3日で3GB以上のデータ通信を行うと速度規制(帯域規制)されると記載があり、実際に規制されてしまうと200kbpsという物凄く遅い速度に制限されます。こうなるともう使い物になりません。そのため実質的な月間データ容量は3日3GB なので30日で30GBと考えるのが無難となります。

WiMAXにも規制はありますが3日間で10GBなので30日だと100GBまで使えることになります。また規制後でも概ね1Mbpsは出るということでどうにかYouTubeの低画質の動画は見れますし、ブログでテキストメインなら更新も可能です。

どこを犠牲にするか・自分の環境はどうか?

それぞれにメリット・デメリットがあるため、選ぶのが非常に難しく感じると思いますが、どこで使うのかを考え、その場所が圏内か圏外か確認するのが一番だと言えます。

個人的には東京・大阪・名古屋・仙台・静岡・福岡等の都市圏で使う場合でよほどビルの奥で使うということで無い限り、バランスを考えるとWiMAXがおすすめです。

WiMAXとY!モバイルの最大の差

WiMAXはWiMAXの回線が使えないところでは対応端末であればauのLTE回線を使った「LTEオプション(別途月1005円・使用月のみ)」が使えますが、これはオプションであるため通常使う人はあまりいないと思います(auのスマホユーザーでauスマートバリュー mine契約をしている場合は無料)

つまりWiMAXはWiMAX回線を使うことをメインとしていて、繋がらない時にLTEオプションを使うという考え方です。

逆にY!モバイルのポケットWi-Fiは最初の7GBはsoftbank回線のLTE回線を使い、7GBを使い切ったらAXGPというWiMAXとほぼ同じ通信形式を使うという考え方です。WiMAXで言うところのLTEオプションが無料でついていると言えます。

  • WiMAX=WiMAX回線が主・LTE回線が従
  • Y!モバイル=LTE回線が主・AXGP回線(WiMAXとほぼ同じ通信形式)が従

どちらが良いのかいうことは一概に言えませんがLTE回線が無償で使えるY!モバイルがお得とも言えます。しかし使いすぎた時の速度制限や3日間での速度制限はWiMAXの方が緩やかということもあります。2年契約か3年契約かということも違うでしょう。

メインで使うエリアがWiMAX回線が弱い・入りにくいということであればY!モバイルのポケットWi-Fiの方が良いと言えます。

UQ WiMAXと他社のWiMAXの違い

無制限のモバイルルーターを購入する場合、WiMAXがもっともおすすめですが、WiMAXでもいろいろなところが販売していてどこを選べば良いのか悩む人も多いと思います。

元々WiMAXはUQコミュニケーションズという会社のサービスなので本家はUQ WiMAXとなりますが、BIGLOBEやSo-net、Nifty等でも販売しているのでどう違うのか悩むと思います。

ずばり違いは、UQ WiMAXが本家で他はUQ WiMAXから回線を部分的に借りて運営しているということです。

そのため、加入者(使用者)が多い割に借りている回線数が少ない(厳密には帯域と言い太い細いと言います)と速度が低下してしまうことがあります。ただし現状それほど多くの人が使っていないのでそれほど気にすることも無いと言えます。

実際、UQ WiMAXに確認してみましたが、速度はそれほど大差は無いということを言っていました。ただし稀にUQ WiMAX以外で契約した人から遅いというクレームが届くそうです。

WiMAXの最安値

ずばり一番気になるのは価格ですよね。出来るだけ安いところと契約したいというもの。でも価格だけを見ると失敗します。2年間のトータル料金がいくらになるのかが重要です。

またWiMAXには2つのプランがあります。

  • Flat ツープラス ギガ放題プラン
  • Flat ツープラスプラン

です。

Flat ツープラス ギガ放題プラン

月間のデータ容量が無制限(実質的には100GB)のプランでほとんどの方はこちらのプランを選びます。

Flat ツープラスプラン

月間のデータ容量が7GBまでと少なめになっており、YouTube等で高画質な動画を見たら1日で使い果たしてしまう容量です。そのため自宅でのメイン回線として使うのには適していません。

WiMAX 無制限プランの最安値は?

これが面倒くさいことに結構変わるんです。でも現時点(2017年2月28日現在)の最安値は下記の通りです。

*クリックで拡大します。価格はすべて税別です。

2年間費用1と2年間費用2がありますが、2年間費用2が一般的な価格となります。2年間費用1の方が安いところは、その会社が運営している光回線等の会員であれば月額料金が安くなるようになっています。

最安値・楽天RaCoupon

2年間トータル料金:68052円

最安値は楽天のRaCouponで販売されているWiMAXです。2年間で7万円を切る価格はここだけとなっています。ただしいつ終わるのか不明なので早目に申し込まれることをおすすめします。

なお、楽天RaCouponには2つ欠点があります。

  • 端末が1種類もしくは2種類しか無い(最新だから特別問題は無し)
  • auスマートバリューmineには対応しない

端末が1モデルのみという問題は、最新モデルなので特に気にすることは無いと言えます。それよりも「auスマートバリューmine」には対応していないことです。他のWiMAXでは「auスマートバリューmine」に対応しており、WiMAXを使うとauのスマホ代が月々最大で934円割引になります。しかし楽天RaCouponは対応していないためauのスマホを使っていてもお得になりません。934円で2年間ですから約22000円も損をする計算になります。

もちろんauではなく格安SIMやdocomo、softbankを使っている時は関係無いのでau以外のスマホを使っている方ならおすすめです。

安さ2番目・GMOとくとくBB

2年間トータル料金:71850円

キャッシュバックを行っており最大で33000円のキャッシュバックが受けられます。今回はもっとも多い31500円のキャッシュバック適用時の2年間の料金で費用を出しています。

GMOとくとくBBは元祖WiMAX最安値と言われており、安さには定評があります。

ただし1つ問題がありキャッシュバックの受取が面倒ということです。申し込んでから11月目にメールが届くのでそのメールに振込口座を連絡しないとキャッシュバックのチャンスを逃してしまいます。そうなると全くお得では無いのが難点なところ。

しっかりとメールのチェックが出来る人向きとも言えます。

安さ3番目・@Nifty WiMAX2+

2年間トータル料金:75000円

続いて安いのが、@Nifty WiMAX2+です。なお、光回線等の固定電話回線をNiftyで契約している方であれば2年間で69000円となりますので最安値になります!つまりNiftyの光回線とセットだと非常にお得になるということ。

また嬉しいのが最大3ヶ月が無料ということ。初期費用が安く済むのは嬉しいですよね。

キャッシュバックの受取は8月目にメールで連絡が来るのでGMOとくとくBB同様、メールを見て口座を登録する必要性があるのが面倒なところ。メールは必ずチェックしてください。

第4位・5位・So-net WiMAX2+

  • 2年間トータル料金:76840円
  • 2年間トータル料金:78370円

4位・5位はSo-netのWiMAXになります。

4位は特定モデルの台数限定のセールのためいつ終了するか分かりません。また端末は最新モデルではありませんが、特に問題無いスペックの端末となっています。

5位はキャッシュバックを勘案すると安くなるというプランです。

なおキャッシュバックは他と後でメール(So-netのメールアドレス)に連絡が来るので振込先の登録が必要になります。

またSo-netの光回線に入っている方だと更に4800円2年間で安くなりますのでnuro光等に入っている方にはおすすめです。

6位・BroadWiMAX

  • 2年間トータル料金:82809円

月額料金は比較的少なめで、キャッシュバックよりも月額料金を抑えたいという方におすすめなのが、Broad WiMAXです。端末代がセットのコースとセットで無いコースがあるのが分かりにくいところでずっとキャンペーンをしているのならもうキャンペーンって名乗るのやめても良いんじゃないか?と思う少し怪しげな会社です。

絶対に失敗したくなければUQ WiMAX

やや高くなりますが、WiMAXで絶対に失敗したくないという方なら本家のUQ WiMAXです。他のWiMAXより遅いということはありません。本家ですから。UQ WiMAXであれば最も太い回線を使っていますので速度低下も他のWiMAXに比べてありませんから、失敗したくないのであればUQ WiMAXがおすすめです!

WiMAX申込みの時の注意点

WiMAXを申込む時の注意点も合わせて説明しておきます。既に書いてあることもありますが大切なので書いておきます。

キャッシュバックは8ヶ月以上継続後がほとんど

キャッシュバックの条件は各WiMAX販売の会社で異なりますが、通常は申し込んで8ヶ月以上利用している方が対象になるため9ヶ月目~11ヶ月目にかけてメールが届きます。そこでキャッシュバック用の口座を連絡or登録をしないとキャッシュバックが受け取れないことになります。

だから絶対にメールのチェックだけは忘れないようにしてください。メールチェックを忘れて申請し忘れるとキャッシュバックはもらえません!

auスマートバリューmineの申込み方

ほとんどのWiMAXでauのスマホを使っていると最大934円(概ね934円ですが)をスマホ代から割り引いてもらえます。auのスマホを使っている方はこの手続も忘れないようにしてください。

なお既にauのスマホを使っている方とこれからauのスマホを使う方では申請方法が異なります。

auのスマホを持っている場合

  • まずはWiMAXに申込む
  • WiMAX2+の端末が届く
  • KDDIお客さまセンターに連絡をして、auスマートバリューmineに加入する

という順番になります。

auスマホにこれから申込む方

  • まずはWiMAXに申込む
  • WiMAX2+の端末が届く
  • auショップにてauスマホを購入して、auスマートバリューmineに加入する

auスマートバリューmineに加入しないと2年間で22000円も損をすることになりますから、auのスマホを使っている・これから申込むという方は忘れずに加入してください。

WiMAXの端末・モバイルルーターについて

WiMAXは基本的に端末・モバイルルーターとのセット販売が基本です。だから端末を選ぶことになりますがどの端末が良いんだろう?と悩む方もいると思います。

「下り440Mbps対応」とか「下り370Mbps対応」とか「au 4G LTE」とか書いてあるけど意味がよく分からないという方も多いと思います。それほど気にしなくても構わないのですが、数字が大きいものを選んだ方が快適に使えます。

もっとも最大速度というのは理論値なのでそこまでの速度は出ることはありません。

なお「au 4G LTE」については注意が必要です。これはWiMAXが圏外の時はauの4G回線でも接続できる機能なのですが月7GBまでで別途月1005円(auスマートバリューmine加入者は無料)の費用がかかります。この費用は毎月かかる訳ではなく「au 4G LTE」を使った月にだけ課金される仕組みです。

もちろんWiMAXの回線がつながらない時に勝手に切り替わる訳ではなく手動で切り替えるので無駄に課金されることはありませんが、いざという時はWiMAX以外の回線でも接続出来るというう安心感のために対応している端末を選んだ方が良いと言えます。

おすすめは「Speed Wi-Fi NEXT W04」です。

最新端末なので長く使っても安心です。

自宅の中の電波状態が不安という方ならSpeed Wi-Fi NEXT WX03がおすすめです。

ただし必ずクレードルとセットで購入してください。クレードルに拡張アンテナ機能がついており電波の受信感度が増します。

Y!モバイルのポケットWi-Fi

WiMAXについで人気なのがY!モバイルのポケットWi-Fiです。

Yahoo!Wi-Fi

Y!モバイルとは別にYahoo!Wi-Fiという名称でモバイルルーターの販売をしています。価格的にはWiMAXとほぼ同じなのですが3年契約ということのが少々ネックになっています。

しかしWiMAXだと圏外という方でも回線の種類が異なるのでYahoo!Wi-Fiだと圏内になるということもありますし、ビルの奥でもほとんど圏内になります。

25歳以下であれば割引もあるのでWiMAXで圏外が心配な方はYahoo!Wi-Fiをおすすめします。

Broad LTE

Yahoo!Wi-Fiよりも更に安価にY!モバイルのポケットWi-Fiをお得に使えるのがBroad LTE です。月額基本料金は2856円(AXGP別途)なのでアドバンスオプションを加えると月額3541円で無制限で使うことが出来ます。ただし、初月(申込時)は「安心サポートプラス」「My Broadサポート」に加入しないと初期費用18857円が割引にならないため1ヶ月目はプラス1457円が加算されます。つまりAXGPの月額と合わせて4998円がかかります。オプションは忘れずに解約してくださいね(解約を忘れると2ヶ月目も加算されるので注意、もちろんサポートを使う方は継続して問題ありません)。

WiMAXとの一番の違いはLTE回線での接続が基本で月に7GB、7GBを使い切ったらAXGPで無制限(3日間3GBの制限はあり)に使うことが出来ます。

Yahoo!Wi-Fiとの違いはAXGPがオプションなのであまり使わない月はAXGPオプションを解除し、よく使う月はAXGPオプションを外すということも出来るのでお得に使うことが出来ます。

docomo系格安SIMならU-mobile

スマホとモバイルルーター2台持ちだと予算が足りないという方であれば通信速度は遅くなりますが、docomo回線を使った無制限(実際には月30GB)の格安SIMもおすすめです。いろいろありますが1番のおすすめはU-mobileです。

月々2480円となっています。スマホは別途購入しないといけませんがそれでもスマホとモバイルルーター2台を持つよりはお得になります。通信速度は少し遅いのがネックです。それでもYouTubeの低画質の画質なら問題なく見れるくらいの速度は出ています。

モバイルルーターを申し込もう!

外で気軽にネット環境を持ちたい、自宅に固定回線を引くのはちょっと考えてしまうという人でもモバイルルーターがあれば簡単にネット環境が構築出来ます。

スマホを持っていて月のデータ通信容量が30GBとか50GBを使うくらいならWiMAXの無制限を使った方が料金的にはお得です。

例えばスマホは格安SIMで月々3000円だったとして、WiMAXを持ってもプラス4000円くらいですから月々7000円で高いスマホの大容量プランを使わなくても大丈夫です。

是非、この機会に申し込んでくださいね!

PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582