ワイモバイルのアウトレットスマホ「DIGNO T 302KC」を格安で購入!実際の使用感をレビューするよ

スポンサーリンク

11月11日までのワイモバイルのセールですが、こちらで紹介しているスマホは既に完売しておりますのでご了承の上、お読み下さい(11月11日15時30分追記)

ワイモバイル(Y!モバイル)で「ワイモバイル大感謝祭 いい買物の日」というセールが11月11日まで行われています。その中で「オンライン限定」としてスマホ本体価格一括払い1111円というアウトレット品のスマホが販売されています。これは新規でも機種変更(契約変更)でも同じ価格になっており、アウトレットとしても格安です!

スマホは「京セラ DIGNO T 302KC」というもの。気になってしまったので購入しました!

京セラ DIGNO T 302KC

ワイモバイル大感謝祭 いい買物の日

2015年11月5日から2015年11月11日の1週間のみ行われているセールが「ワイモバイル大感謝祭 いい買物の日」です。

ymobile04

ワイモバイルより

この中で端末一括1111円(税込)で販売されているのがKYOCERA DIGNO T 302KC です。もちろん端末のみの購入は出来ないのでワイモバイルとの契約が必要になります。

ymobile05

月々の基本料金

では実際の月々の基本料金が気になるところだと思います。これがめちゃくちゃ安い!

ymobile01

例えばデータ容量が月1GBまでなら2138円です。1GBだと少し不安だな~というなら月3GBが良いと思いますがこれもかなり安いです。

ymobile06

月々2678円です。

え?格安SIMなら月3GBのプランだと1600円くらいだから1000円も高いじゃん!と思うかもしれませんが、格安SIMの月々1600円には通話料は含まれていませんよね。ワイモバイルは1回の国内通話10分までという規制はありますが月300回までなら通話代が含まれています!毎日10分くらい会話をすると月に300分ということは5時間です。通話料半額のプランでも格安スマホは1時間1200円なので5時間使うと6000円になる計算です。

実際格安SIMは通話をよくする人には向いていないと思っているのでよく通話をする人ならワイモバイルの方が絶対にお得なんですよね。

でも1回10分だと困る・・・ということであれば月1080円をプラスすることで国内通話は完全に無制限になります!

月3GBでだと月3758円で国内通話話し放題になります。

いまだとNifMoが月1300円プラスで話し放題のプランがありますがIP電話の仕組みを使うことや番号通知が出来ないこと、データを消耗することを考えると全くお得では無いんですよね。

NifMoの通話無制限プランでデータ容量が月3GBであれば1600円+1300円=2900円(税込3132円)です。

  • ワイモバイル=月3GBで国内通話無制限 3758円=電話回線を使用
  • NifMo=月3GBで国内通話無制限 3132円=IP電話を使用

600円ほどの差がありますがその差はあきらかにあります!都心部で使うのであれば絶対にワイモバイルをおすすめします。

京セラ DIGNO T 302KC

実際に今回販売されているスマホ、DIGNO T 302KCとはどういうスマホなのか説明します。スペックは下記の通り

型番 DIGNO T 302KC
サイズ(幅(W)×高さ(H)×厚さ(D)) 約65×132×11.2mm(突起部を除く)
重さ(電池パック装着時) 約139g
連続通話時間 / 連続待受時間 約820分 / 約420時間(4G)、約520時間(3G)
バッテリー容量 2000mAh
充電時間 約130分 充電ACアダプタ 1.8A(AC03-MU-K[ZSDAY3])使用時
OS Android4.4
CPU MSM8926 1.2GHz(クアッドコア)
ROM(ユーザー領域)/ RAM容量 8GB(5GB) / 1.5GB
対応外部メモリ / 対応最大容量 microSD・microSDHC / 最大32GB
データ通信方式(国内) AXGP / LTE / 3G
最大通信速度(「4G」の場合) LTE:下り最大75Mbps / 上り最大25Mbps
最大通信速度(「3G」の場合) 下り最大21Mbps / 上り最大5.7Mbps
対応周波数 [4G]900MHz・2.1GHz・2.5GHz [3G]900MHz・2.1GHz
プラチナバンド対応
ディスプレイサイズ 4.5インチ
解像度 960×540(qHD)
有効画素数 [メイン] 約800万画素 [サブ]約196万画素
Wi-Fiテザリング機能(最大接続台数) 最大8台
連続通信時間 [4G] 約460分 [3G] 約450分
最大通信速度(Wi-Fiテザリング時) 下り最大50Mbps
Y!mobile メール(@yahoo.ne.jp)
防水 / 防塵 / 耐衝撃 ◯/◯/◯
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Ver.4.0

今となっては決して高く無いスペックです。しかし初めてスマホを使う方や2台目としてなら良いのではないでしょうか?

>>>ワイモバイル公式サイトへ

実際の使用感・開封の儀

では実際にどういう状態で届いたのか、実際に使用してのレビューを書いていきます。

京セラ DIGNO T 302KC

ワイモバイルの箱で届きます。

京セラ DIGNO T 302KC

届いたのは11月8日11時ちょっと過ぎ。でも11月8日11時27分にワイモバイルから出荷完了のメールが来て明日から3日以内に届くとのこと。いや、もう届いているから!

京セラ DIGNO T 302KC

開封すると上記の通り紙が緩衝材として入れられています。

京セラ DIGNO T 302KC

取り除くと上記の通り、説明のためのパンフレットと明細書、そして本体のみ。アウトレット品のため充電器はありませんし専用の箱にも入っていません。これは安いしそういう条件なので致し方ないものです。充電器なんて汎用的なもので良ければ1000円未満で購入することが出来ます。家電量販店で販売されていますよ。ネットならamazonなら700円くらい。

このあたりで良いのではないでしょうか。

京セラ DIGNO T 302KC

実際に本体を開封してみてみると綺麗なものでした。

京セラ DIGNO T 302KC

京セラ DIGNO T 302KC

京セラ DIGNO T 302KC

ただSIMカードは自分で入れるように書いてあったのですが最初から入っていました。

京セラ DIGNO T 302KC

京セラ DIGNO T 302KC

SIMカードが台紙から切り取られています。

京セラ DIGNO T 302KC

一応背面カバーを外して確認

京セラ DIGNO T 302KC

SIMカードがきちんと入っています。

実際の使用した感想

電源を入れると既に初期設定(Googleアカウントの設定は当然なし)された状態でした。ただしこれは状況により異なるかもしれません。

京セラ DIGNO T 302KC

京セラ DIGNO T 302KC

最初にWi-Fi設定のみをしていろいろ触ってみたところ、遅い!動作が遅すぎる!実用に耐えられるレベルではありません。もちろんいろいろなスマホを触っている経験上からのことですが、イラっとくる遅さです。そこでアップデートを行いました。すると快適!先ほどの動作は何だったのだろう?というくらい快適に動きます。

古い状態のまま使うと動作が非常に緩慢なのでアップデートして使うことをおすすめします。そういう意味では初心者向けでは無いと言えます。初心者の場合は素直に店頭で正規品(アウトレットでは無いもの)を説明しながら購入した方が良いと思いました。

京セラ DIGNO T 302KC

上の写真は2段になっていますが上が上部、下が下部です。上部に電源ボタンがあり、下部には充電端子があります。上部にある電源ボタンはちょっと慣れていないと不便かも。通常右横にあるものが多いので。ただしこれはそういうモデルに慣れているからです。4.5インチなので片手で電源を入れることも出来ますので。これが5.5インチ等の大きめのスマホなら手の小さい人だと電源ボタンを押しづらくて不便なんですけどね。またボリュームボタンは本体右側ではなく左側にありました。右手でスマホを持つ場合で手の小さい人だと不便かもしれませんが左手で持つ人には逆に便利かもしれません。

通信速度は速い

実際に通信速度はどれぐらいか計測してみました。

Screenshot_2015-11-08-14-28-55

アンテナマークが実際の通信速度です。これを書いているのは日曜日なのですがそれでも12時台で36.84Mbps、14時台で44.40Mbpsという速度には驚きです。更にPingが20とか22とかこれは物凄く速い状態です。参考までにUQモバイルでも12時台に同時に計測しましたが、結果はダウンロードが20.25Mbps、アップロードが4.37Mbps、Pingが35という結果でした。これ自体も凄く良い数字なのですがそれ以上の速度になっているということには驚きです。

通話の質

実際に通話をしてみました。正直に言うとdocomoよりはやや音が遅延しているように思いました。ただし今まで使ったIP電話よりは当然少なく許容範囲です。docomoよりもやや遅延と言ってもコンマ何秒の話なので気にならないと思います。IP電話よりは当然音質もクリアですし遅延もほぼありません。実用の範囲です。

メリットとデメリット

このスマホとワイモバイルのメリット・デメリットを説明します。

デメリット

今回の端末代1111円は確かに凄く安いですし、月々の料金も安いです。ただし2年間の縛りはあります。またアウトレッ品なので保証はありません。初期不良の場合は到着後8日以内に申請すれば交換してもらえますが。また箱にも入っていませんし充電ケーブルもついていません。

  • 2年間の縛りがある(格安SIMの音声通話SIMは通常1年間)
  • 保証が無い(初期不良の場合は8日間以内であれば交換可能)
  • 箱なし・充電器なし・説明書なし

こういう意味では初心者向きでは無いことになります。

メリット

そうは言っても端末代1111円は破格値です。中古のスマホでも1万円くらいしますし保証は1ヶ月から3ヶ月程度です。2年間の縛りはありますが通話定額プランがあるのでよく話す人にはお得です。詳しい人なら別に説明書が無くても問題ないでしょうし、箱も無くても大丈夫ですよね。それにアウトレット品と言ってもワイモバイルです。ワイモバイルのショップに持ち込めば解らないところは教えてもらえます。

  • スマホ代一括1111円は破格値
  • 縛りがあると言ってもそもそも基本料金が安い
  • ワイモバイルのショップに持ち込めばいろいろ聞ける

こんな人におすすめ

  • データ通信は格安SIMやWiMAXで行うから通話専用の端末が欲しいという方
  • 60代や70代の方で携帯を持っていない方へのプレゼント(ただし設定をしてあげた後)
  • 小学生や中学生への最初の1台として
  • 通話が多い方

こんな方におすすめではないでしょうか?

なおこの端末1111円のセールは絶好調なようで今注文しても11月末のお届けになるようです。またセール期間は2015年11月11日までです。それ以降は価格は変わるはずです(というよりもこんな価格で売り続けられる訳が無い)。

格安でスマホを持てるチャンスです

>>>ワイモバイル公式サイトへ

PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回10社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大13000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

楽天モバイル、最大96%OFF 年末年始大感謝セール開催中
人気のSIMフリースマホがセット価格でお買い得!!スマホ本体を安く購入したいのなら楽天モバイルがおすすめ!1月13日9:59まで

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

BIGLOBE SIMがお得に使える!
3GBでは足りない!という方ならBIGLOBE SIMがおすすめ!今なら月額1550円で使えます。2017年1月31日まで

docomoの携帯代を少しでも安くしたいのならこの記事がおすすめ!
家族2人以上でdocomoを使っている方なら確実にお得になるクレジットカードを紹介しています

スポンサーリンク

2755582