格安SIMってどういう人が使っているのか?普及率は?どこで購入(契約)してる?MMD研究所主催「第3回MVNO勉強会」で聞いてきた

スポンサーリンク

2016年7月27日、MMD研究所主催「第3回MVNO勉強会」に参加してきました。

今回のテーマは「MVNO4社に聞く、2016年上半期の振り返りと下期の展望」となっており、現在の格安SIMの普及率やどういう人が格安SIMを購入・契約しているのか、またどこで購入しているのか、MMD研究所が独自に調べたことを惜しみなく発表してくれました。

第1回及び第2回の内容は下記記事を参照ください。

MMD研究所主催「第3回MVNO勉強会」

主催者とMVNO4社

主催はMMD研究所で司会進行役や所長である吉本浩司氏

MMD研究所(MMD Labo株式会社)の吉本浩司氏

MVNOとして2016年2月よりMVNOに参入したイオンモバイル(イオンリテール株式会社)河野 充宏 氏

イオンモバイル(イオンリテール株式会社)河野 充宏 氏

NTTコミュニケーションズ株式会社(OCNモバイルONE)岡本 健太郎 氏

NTTコミュニケーションズ株式会社(OCNモバイルONE)岡本 健太郎 氏

ビッグローブ株式会社(BIGLOBE SIM)大谷 雅己 氏

ビッグローブ株式会社(BIGLOBE SIM)大谷 雅己 氏

株式会社ケイ・オプティコム(mineo)森 隆規 氏

株式会社ケイ・オプティコム(mineo)森 隆規 氏

前回まではイオンモバイルを除く3社でした。もっといろいろなMVNOが参加してくれると面白いんですけどね。特にここにFREETELの増田社長とかいたら会場が賑わうと思うんだけど。

スマートフォンの所有率は65%。ただし鈍化傾向

最初に現在のスマートフォンの所有率について説明がされました。

20160727MMD005

成長はしているものの鈍化傾向にあるということ。2013年から2015年にかけては毎年5%以上所有率が伸びていたのに2015年から2016年にかけては2.4%と半分以下の成長にしかなっていないとのこと。ある意味、スマートフォンとフィーチャーフォンの住み分けが固定されて来たのかもしれませんね。

20160727MMD006

年齢別でスマートフォンの所有率を見てみると上記の写真の通り

  • 15歳~19歳:90.5%
  • 20歳~29歳:80.5%
  • 30歳~39歳:68.6%
  • 40歳~49歳:60.6%
  • 50歳~59歳:53.3%
  • 60歳以上:36.9%

インターネット調査なので実際はもう少し低くはなる思いますがという前置きはあったものの、60歳以上でも3割の人がスマホを使っていることになりますし、50代でも半数以上はスマホを使うようになっています。

格安SIMの動向・普及率

つづいて格安SIMの動向について説明がされました。

20160727MMD007

2015年4月から2016年4月の時点でメインで利用している携帯通信会社は変化したのかまとめられています。

  • docomo:39.4%→36.5% 
  • au:32.7%→32.7% 
  • SoftBank:23.0%→21.6% 
  • Y!mobile:2.5%→3.3%
  • 格安SIM:2.1%→5.6%

auは変わっていませんが、docomoやSoftBankは減少。その減った分をY!mobileと格安SIMで吸収しているということになります。Y!mobileは格安SIMでは無いというように言われますが、見方によっては格安SIMと言っても良い通信会社であると個人的には思っています。

そう考えるとY!mobileと格安SIMを加えた値8.9%が格安SIMユーザーということになり10人に1人弱が格安SIMを使っていることになります。

また格安SIMだけを見ても2.1%から5.6%と2.5倍以上、1年間で使う人が増えたということになりこの傾向は続いていくように思います。

20160727MMD008

実際に格安SIMの推移も紹介されました。2015年4月以降は急激に伸びていることがわかります。

20160727MMD010

また格安SIMのサービスの認知を中心に格安SIMを知る人も増えてきていました。

格安SIMはどの年代の人が使っているか?

知人で格安SIMのブログを書いているというと

「読者はみんな若いんでしょ?格安SIMって若い人が買うものだろうから」

と言われることがあるのですが、これは大きな間違いです。男性では40代、女性でも40代が一番契約をしています。

20160727MMD011

ただし40代や30代の利用者の割合は減ってきており代わりに男性では20代、女性では20代30代の利用者が増えてきています。また男性・女性とも60歳以上の利用者も今は増えてきているそうです。

20160727MMD013

また格安SIMの利用者の半数以上が1年以内に格安SIM購入しているそうです。徐々に一般に浸透してきていることが伺えます。

格安SIMはどこで買う?

格安SIM利用者はどこで格安SIMを購入しているのか?という結果が出されました。

20160727MMD014

  • 1位:格安SIM提供会社のWebサイトで購入
  • 2位:ECサイト(amazon等)で購入
  • 3位:家電量販店で購入(実店舗)
  • 4位:格安SIM販売直営店で購入
  • 5位:携帯電話販売店で購入

となっており、ネットで購入する人が約75%で実店舗の店頭で購入する人が25%となっています。

僕は20社ほどの格安SIMを使っていますが、そういえば全てネットで購入していますね。

格安SIMを使う端末は?8割がスマートフォン

20160727MMD015

購入した格安SIMを何で使っているかという調査では8割がスマートフォンという結果に。

個人的には2割近くも他で使っているんだな~というのが率直な感想。9割がスマホだと思っていました。

11%がタブレットで7.5%がモバイルルーターという結果になっています。またフィーチャーフォンで使う人が0.5%もいるんですね。0.2%はその他ということでSIMスロット搭載のパソコンとか固定電話で使っていると思われます。

格安SIMを使っているスマホは何?

格安SIMを使っているスマホは何か?ということも説明されました。

20160727MMD016

1位はダントツのiPhoneですが、スマホ全体のシェアを考えると少ないのかな?と。日本人の半数近くはiPhoneを使っていますから22%という数字は多くは無いと言えます。

続いて2位はXperiaシリーズ。細かい型番はありませんが、SIMフリーのXperiaかそれともdocomoやau等のスマホをそのまま使っているのか気になるところです。

そして3位にASUS ZenFoneシリーズとなっています。

  • 1位:iPhone
  • 2位:Xperia
  • 3位:ZenFone
  • 4位:arrows
  • 5位:AQUOS
  • 6位:HUAWEI
  • 7位:Galaxy
  • 8位:FREETEL
  • 9位:Nexus

格安SIMは音声通話SIMかデータ通信専用SIMか?

格安SIMを購入する人は音声通話SIMかデータ通信専用SIMが多いのか?という結果も発表されました。

20160727MMD017

結果は6割が音声通話SIMで4割がデータ通信専用SIMとなっているとのこと。更に音声通話SIMの内65%がMNPということになっています。

20160727MMD018

元々はデータ通信専用SIMの方が多く契約されていたのに今では逆転して音声通話SIMになっており今年に入ってからだとデータ通信専用SIMの2倍以上の差になっていますね。

これは、大手キャリアから格安SIMに切り替える人が増えているということが大きな理由でしょう。

格安SIM・MVNOのシェアは?

どこの格安SIMを使っている人が多いのか?も発表されています。

20160727MMD019

という結果になっています(それぞれ公式サイトにリンクしてあります)。

この中で急激な伸びをしているのは、やはりイオンモバイルでしょう。全国で200店舗以上あるイオンの店頭で契約出来るというのは非常に大きいですから。

なおDMMmobileとBIC SIMとイオンモバイルはIIJから回線を借りているので実際一番シェアが高いのはIIJという見方も出来ます。

またmineoも急激に伸びてきているように思います。

20160727MMD020

ここまでのことをまとめると上記のようになります。

この後に、今回参加されているMVNO4社の説明があり、テーマにそった座談会へと移ります。4社の説明は追々書いていくとして座談会の内容を説明します。

2016年上半期の格安SIMユーザーの特徴

この後、2016年上半期に格安SIMを契約したユーザーの特徴について説明されました。

20160727MMD022

格安SIM利用者の約半数が1年以内にSIMのを購入

20160727MMD023

amazon等のECサイトで契約をする人とMVNOの直営店で契約する人が増えているそうです。

20160727MMD024

今年に入って格安SIMを契約した人の実に7割が音声通話SIM。昨年は65%ということでした。

20160727MMD025

以前契約していたキャリア(通信事業社)はどこか?という質問に対してdocomoが最も多くなっているものの、Y!mobileが1.4%から5.0%になっていることからY!mobileから離れている人も多くなっています。また格安SIMから他の格安SIMへと変更する人も増え始めています。

20160727MMD026

また昨年よりも家族で格安SIMを利用していると答えた人が増えています。

LINEモバイルは脅威になるか?

そして今回面白い内容が参加されたMVNO4社に対してのこの質問。

20160727MMD028

LINEモバイルは脅威となるか?ぶっちゃけた質問ですが、4社の解答はどこも優等生的な解答でした。

20160727MMD029

4社ともLINEモバイルが登場することで格安SIMの業界が盛り上がってユーザーが増えるから大歓迎とのこと。

う~ん・・・・ここは冗談でも良いから「来るな!」ぐらい言って欲しかったかな~と。

個人的には確かにMVNO各社はLINEモバイルをそれほど恐れていないと思いますし、業界全体が盛り上がれば良いと思っていると思います。でもLINEモバイルを最も恐れているところは実は大手キャリア3社じゃないのかな?と個人的には思うんですね。

それはいきなり大手キャリアと同じサービスが行える可能性が高いということから。大手キャリアと同じサービスとは何か?それは決済サービスです。LINEは「LINE Pay」という決済サービスを行っています。大手キャリアが持っていてMVNOが持っていないサービス、それは携帯決済サービスなのですがLINEモバイルはそれが可能になる要素を持っているので大手キャリアにしてみれば怖い存在になるのではないかと思っています。

会場にLINEモバイルの方もいた

公式には発表されていませんが、今回の勉強会会場にはLINEモバイルの方2名が来ていました(名刺交換させていただきました)。

勉強会の後にLINEモバイルの方に聞いたところ、まずはフィーチャーフォンユーザーの方に加入して欲しいという答えをもらっています。

20160727MMD030

つまりLINE MOBILEが目指すところは上記の写真のところ。まだスマホを持っていない人をターゲットにしていくそうです。

実際にスマホでLINEを使っている人って非常に多いですよね。

20160727MMD031

どの年代がスマホでどのSNSを使っているかのアンケート結果で1位はすべてLINEになっています。この表で面白いのがInstagramの男性ユーザーで一番多いのが30代というところ、女性ユーザーは10代20代に対して。対照的ですね。

20160727MMD032

ただしそもそもLINE MOBILEの認知度がそれほど高くないことに驚きました。知らない層が7割近くもいます。更に知っている中でも興味がある人は3割程度。

これは個人的には凄く意外な結果でした。

格安SIM利用人口は?

20160727MMD035

そして格安SIMの利用人口というか契約数は総務省の発表によるとSIMカード全体の約4%とのこと。

20160727MMD036

MMD研究所のデータからだと651万回線・5.6%ということになっています。そして1000万回線を突破するのは恐らく2017年にはなるだろうとのことでした。

20160727MMD039

格安SIMの利用を検討し始めていく際、何に重点を置くかの推移は中々面白い資料だと思います。どれも料金の安さは第1位ですが、その中で段階によって変化していくとのこと。

今まで使っていたスマホではなく新たにスマホを購入する人も一定数いることも伺えます。

以上、今回のMVNO勉強会の内容でした。

この後に参加者からの質疑応答がありましたが面白い内容の質問が繰り広げられました。

なお「SIMフリースマホにもロック機能を持たせるように業界として動いていくか?」という質問があったのですが業界としては動いていく予定は現在のところ無いとのことでした。

格安SIMに切り替えよう!

格安SIMユーザーは増えてきています。格安SIMに切り替えることで不安なこともあると思いますが、基本的にキャリアメールを使って無い状態で電話をあまりしないのであれば絶対にお得になります!

詳しくは下記記事を読んでもらえばわかりますので、是非とも格安SIMに切り替えて少しでもお得にスマホを使ってくださいね!

格安SIMとは?メリット・デメリットを含めて徹底解説【初心者向き】

PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大13000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

楽天モバイル、最大97%OFF 真冬のお得キャンペーン開催中
人気のSIMフリースマホがセット価格でお買い得!!スマホ本体を安く購入したいのなら楽天モバイルがおすすめ!3月10日9:59まで

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大2万円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大2万円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

BIGLOBE SIMがお得に使える!
特典総額最大20200円と非常にお得に!3月26日まで

NifMoでお得に格安スマホを始めよう!!
最大20100円のお得になるキャッシュバックキャンペーン実施中!3月31日まで

mineo 新生活応援キャンペーン実施中!
110番や119番にも電話が出来る安心のデュアルタイプなら月額料金から3ヶ月間800円引き!

docomoの携帯代を少しでも安くしたいのならこの記事がおすすめ!
家族2人以上でdocomoを使っている方なら確実にお得になるクレジットカードを紹介しています

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582