FREETELも不通期間を解消しすぐにMNPに対応!今後不通期間が短いことはMNPはメリットにはなり得ないかも

スポンサーリンク

11月9日からUモバイルがMNP(電話番号そのままで違う携帯会社に移ること)による不通期間を最短5分程度にしたことを発表しました。そして11月11日からFREETELも不通期間を最短5分にするということを発表しています。

FREETEL 新SIM

FREETELの新しいMNPの仕組み

これは他のところとほぼ同じで仕組み的にはmineoのDプランへのMNPと同じです。MNPで申し込んでSIMが届いたタイミングで電話をして切り替えてもらうため自分の好きなタイミングで切り替えることが出来ます。

なので実際にスマホで通信が出来ない時間は最短で5分程度となります。

ただ解らないのが、FREETELのサイトを見ても電話の受付時間が書かれてないんですよね。恐らく9時から20時くらいまでだと思うのですが。

これ結構重要で書かれてないと24時間と思う人が出てきますから、絶対にかかないと危ないと思うのですが・・・。この辺り詰めがいつも甘いというか・・・・。

不通時間が短いのはもう当たり前・メリットにはならない

MVNOの多くがMNPの不通時間が5分から1時間くらいになってきてので、そろそろ不通時間が短いのはメリットになったとは言えませんよね。当然のサービスとなりつつあります。2016年にもなって不通期間が2~3日もあるMVNOがあればもう生き残れないでしょう。

2016年からMVNOの合併・吸収が始まると思う

価格競争も激しく、特に目新しさをアピール出来なくなりつつあるMVNO、2016年からそろそろMVNO企業の合併や吸収が発生してくると思うのですがどう思いますか?

まずはMVNEになれないMVNOで採算がとれないところがMVNE元に会員を入れ込んでもらうことから始まるのではないかと思っています。正直、MVNOは増えすぎました。また複雑な料金体系を行い始めるところも増えてきました。迷走がMVNOでも起こってきていると思います。単純だから良かったMVNOが複雑化していったらキャリアにまた戻られてしまうと思うので、MVNOはシンプル+オリジナリティが重要になってくるのではないかと勝手に思っています。

かと言ってデジタルコンテンツの提供も増えすぎてもう解らなくなりつつあるのでデジタルコンテンツの提供以外で新しいサービスを始めたところが伸びる2016年になると思っています。

PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582