本田圭佑選手がCMをしている楽天モバイルって本当に1250円から普通に使えるのか?

スポンサーリンク

恐らくテレビCMで楽天モバイルを知ったという方は少なくないと思います。CMの中で「スマホ利用料金 月額1250円から」と流れる訳ですが、本当にこの価格でスマホを利用出来るのか?と思う方もいるでしょう。実際にそんな価格で使えるのか説明をしていきます。

rakuten01

楽天モバイルってそもそも何?

楽天モバイルってそもそも何?という方も当然いる訳ですが、細かいことは下記の記事をご覧ください。

【MVNO】楽天モバイルを徹底的に解説・基本情報からお得な情報まで(随時更新)
楽天モバイルの格安SIMやスマホを購入しようとしている方へ楽天モバイルの情報を徹底的に解説します(最終更新 2015年8月30日) 楽天モ...

簡単に言えばdocomoの回線を借りて安く月額利用料で使えるようにしているサービスです。でも何で安く出来るの?と言えば説明が長くなるので下記を読んでもらえれば解ると思います。

MVNOって何?格安スマホって何だ?という方に説明するため、一番解りやすく解説!
最近話題のMVNO。でもそもそもMVNOって何?って思っている方が多いと思います。ネットで検索しても今ひとつ、はっきりと書いてくれているサイ...

簡単に言えばdocomoは余っている分を貸している訳で、設備投資が基本的にほぼ無いMVNOという楽天モバイルのような会社の電話回線は安い月額利用料で使うことが出来る訳です。

もっと詳しく言えばdocomoが貸している回線を又貸しで借りているのが楽天モバイルです。なのでdocomoと楽天モバイルの間にはもう1社会社が入っています。

かなり説明を省きましたがとにかく安い月額利用料で使えるというんは本当です。

でも、問題は沢山あります。

docomoとかau、SoftBankの方が快適で安心な部分も多い

スマホでネットをしていると遅く感じることってありますよね。docomoでもauでもSoftBankでも。でも楽天モバイルにしたら遅く感じることはかなり増えると思って下さい。

楽天モバイルに限らず多くのMVNOと呼ばれる会社と契約をするとほとんどのところでdocomoやau、SoftBankよりも遅く感じることがあるでしょう。

それに何か解らないことがあればdocomoやau、SoftBankならショップに行けばいろいろと教えてくれますよね。でも楽天モバイルの店舗は全国でまだ6店舗しか無いので何か聞きたくもて聞けない人の方が多いと言えます。

安い分、やはり何かしらの問題はある訳です。

でも、遅くなると言ってもネットや動画ぐらいでLINEやTwitter、メールをするくらいなら別に問題ありません。ただしメールは「◯◯@docomo.ne.jp」等のキャリアのメールは使えなくなるのでご注意ください。その代わり多くの人はGoogleのGmailで対応しています。

割りきって使うのなら別に全然問題ありません。

また遅くなると言っても中にはdocomo並に速いスピードを出すMVNOもあります。

詳しくは下記のカテゴリーの記事を見てください。

格安SIM速度計測一覧

楽天モバイルの料金

楽天モバイルの月々1250円というのは本当なのか?と言えば本当です。

楽天モバイルの料金は下記の通り

プラン データSIM
(SMS無し)
データSIM
(SMSあり)
音声通話
機能付SIM
通信速度
ベーシック 525円 645円 1250円 200kbps
3.1GB 900円 1020円 1600円 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
5GB 1450円 1570円 2150円 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
10GB 2260円 2380円 2960円 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps

ベーシックというプランの「音声通話機能付SIM」であれば確かに1250円(税別)です。

でも、このプランで申し込むと恐らくネットをする時に遅くてイライラすると思います。かなり遅いです。なので実際にその上のプランで無ければネットをする人ならストレスだけがたまると思います。

なお「音声通話機能付SIM」の左側にある「データSIM」というのは090や080等の電話番号で電話をかけることが出来ないものです。

え?電話をかけられないスマホなんてあるの?と思うかもしれませんが、あくまでも「090」や「080」の電話番号でかけたりかけられたりすることが出来ないだけで、LINEで話すということであれば出来ます。だから電話番号にこだわらないということであれば「データSIM」でも良い訳です。ただし一部電話をかけられないところも出てくるので注意が必要です。

また090や080で電話をよくかける、具体的には月間で2~3時間を超える時間、電話をかけることがあるのであれば逆に電話代が高くなることもあります。家族間通話が無料になるとかそういうこともありませんから。

また3.1GBってどれぐらい使えるの?ということであれば自宅ではWi-Fiでスマホを繋いでいて、動画を外ではほとんど見ないという前提で外でスマホを1日3~4時間使うくらいなら問題ない容量だと言えます。

docomoのスマホならほとんどがそのままそのスマホを使える

今使っているスマホがdocomoならほとんどの場合、そのスマホでそのまま楽天モバイルを使うことが出来ます。

SoftBankだとSIMロックを解除してもらわないと無理だと考えてください。auだとSIMロックを解除しても使えないことが多いと考えてください。

だからdocomoの縛り期間が終わった人ならそのタイミングで楽天モバイルにするのが良いと思います。もちろんMNP(今の電話番号そのまま)で楽天モバイルにすることも出来ます。

まとめ

  • 確かに月1250円(税別)で持てるけど、無料通話分は無いし遅くなる
  • 月1250円(税別)のプランだとネットが遅くてイライラするのでその上の1600円や2150円のプランの方が良い
  • 何かあっても聞けるショップが少ない
  • docomoやau、SoftBankよりも通信速度が遅くなる可能性が高い
  • キャリアメールが使えなくなる
  • キャリアメールが使えなくてもGmailやLINE、Twitterなら問題なく使える(データSIMでSMS無しだと難しい場合もある、SMSありなら問題なし)

だから、通話が少なくて割りきって使う分には非常に安くすることが出来ます。なお僕は楽天モバイルも使っていますが、山下 智久さんがCMを行っているDMMモバイルも使っています。

どちらがお薦めかと言えば、山下 智久さんがCMをしているDMMモバイルの方が通信速度が平均して速いし料金も安いのでDMMモバイルをオススメします。

DMMモバイルならお昼時以外ならそれほど遅いという感覚は無いんじゃないかな?

いやいや俺は本田選手のファンだ!ということであれば楽天モバイルも良いと思います。

詳しくはそれぞれのサイトをご覧ください。

楽天モバイル

DMMモバイル

PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582