UQモバイルの対応端末は?おすすめでお得で最安値は?iPhoneの対応は?ズバリ解説!

スポンサーリンク

「UQモバイル、だぞっ」のテレビCMでお馴染みになってきたUQモバイル。お得そうだけど、実際に使える端末(スマートフォン)はどうなんだろう?使えるスマホは?と考えている方も多いと思います。

実際に今までUQモバイルの格安SIMを4プラン使ってきた&UQモバイルでお得にセット販売されているスマホ10種類すべてを使った経験から、

  1. 対応端末(対応スマホ)
  2. iPhoneの対応
  3. セット販売でお得なスマホ

この3つについて徹底的に説明していきます。少し長くなるので目次から必要なところだけ見てください。セットのスマホでどれがお得か知りたい場合は目次から「セット販売でお得なスマホ」を選んでくださいね。

UQモバイル、だぞっ

最初にお得なキャンペーンを紹介

ずばりこの記事を読んでいるということはUQモバイルに申し込もうかと考えている方が多いと思いますので最初にお得な情報・キャンペーン情報をお知らせします。

弊ブログとUQモバイルさんのコラボ企画で、このサイトの下記リンクからUQモバイルを申し込んでもらえた場合、最大10000円分の商品券(JCBギフトカード)がもらえるキャンペーンを実施中です。

UQモバイルに申込むのであれば一番お得です。是非、ご利用ください。

なお最大10000円の商品券がもらえるキャンペーンで申込む場合は必ず下記リンクから申し込んでくださいね!違うリンクからだと商品券はプレゼントされませんので、ご注意ください。

>>UQモバイル 最大10000円分の商品券がもらえるキャンペーン<<

iPhoneSEが密かに1万円分の商品券がもらえるキャンペーンに組み込まれています。

>>当ブログ UQモバイル キャンペーン詳細記事<<

UQモバイル対応機種・端末・スマートフォンについて

対応の端末はUQモバイル公式ページで見てもらうのが一番なので、UQモバイルの公式サイト・対応端末をご覧ください。

>>UQモバイル・対応端末<<

それならこれ以上書く必要が無いじゃないか!という方もいると思いますが、予備知識として覚えて欲しいことがあります。

それが

  • auVoLTE対応SIM(マルチSIM)
  • auVoLTE非対応SIM(nanoSIM or microSIM)

です。これは使っているスマホで異なるので注意してください。auVoLTE非対応のスマホにauVoLTE対応SIMを入れても通信は出来ることがほとんどですが(不安定ですが)、通話は出来ません。だからUQモバイルの対応端末一覧を見て、確認をしてください。

またauのスマホならUQモバイルは使えるか?というと大体は使えますが上記のSIMカードの種類によって対応が異なります。

  • auVoLTE対応SIM(マルチSIM)=SIMロック解除が必要
  • auVoLTE非対応SIM=基本的にSIMロック解除が不要

僕が一番最初にUQモバイルで使ったスマホは、auの「SONY Xperia Z1 SOL23」でした。

参考

>>au SONYモバイル「Xperia Z1 SOL23」<<

SONY Xperia Z1 SOL23の場合はauVoLTE非対応SIMで、SIMロックを解除することなく使うことが出来ています。Z3も同じです。しかしZ4、Z5はauVoLTE対応SIM(マルチSIM)を使うことになりますし、SIMロックの解除が必要になります。

SIMロック解除とかどうすれば良いのか分からない方は、UQモバイルのサイトで説明されているので確認してくださいね。

>>UQモバイル・SIMロック解除手続きについて<<

Androidで対応を確認する方法

Android端末であれば簡単に確認をすることが出来ます。SONY Xperia Z1の例で説明します。

設定を選び、一番下にある「端末情報」をタップします。次に「端末情報」の「法的情報」をタップします。

「認証」をタップします。すると上記の右の図のようなものが出てきます。ここで四角で囲われたTの部分を見てください。

  • AD13-XXXXXX=auVoLTE非対応SIMを選びます
  • AD16-XXXXXX=auVoLTE非対応SIMを選びます
  • ADF16-XXXXX=auVoLTE対応SIM(マルチSIM)を選びます

大雑把ですが概ねAndroidの場合であれば上記のようになっています。ただしAD16となっていてもまともに使えない時もあるので注意が必要です。

人気のSIMフリースマホ、ZenFone3 MaxとZenFone3の同じ画面ですが、ZenFone3 Maxは「AD16」になっているのでauVoLTE非対応SIMになりますが安定した通信は出来ませんし、通話も出来ません。ASUS ZenFone3は「ADF16」になっておりauVoLTE対応SIM(マルチSIM)が安定して使えるようになっています。

ADF16-XXXXであれば、auVoLTE対応SIM(マルチSIM)が安定して使えるとおぼえておくと便利です。

ただし、一部スマホ(ZenFone3 Deluxe5.7インチモデル等)はADF16XXXになっていますが、auVoLTE対応のSIMは使えても通話が出来ない等の問題もあるので注意してください。

auVoLTE対応とか非対応って何?

そもそもauVoLTE対応とか、auVoLTE非対応とか、どういう意味?と思う方もいますよね。

auVoLTEだと、クリアな音質での通話が出来るようになります。auVoLTE非対応だとあまりクリアな音質になりません。またauVoLTE対応のスマホであればキャリアアグリケーションというものに対応しているものが多く、通信速度が高速になる場合があります。

  • auVoLTE対応=クリアな音質・キャリアアグリケーションで高速な通信で使える場合もある
  • auVoLTE非対応=音質があまりクリアでは無い

auVoLTE対応でもキャリアアグリケーションには対応してない場合もありますが、音質はクリアになります。

iPhoneで使えるの?対応は?

UQモバイルでもiPhoneは使えます!対応機種及び選択すべきSIMカードも横に記載しておきました。

  • iPhone 5s(UQモバイル版)
    =nanoSIM(auVoLTE非対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone SE(SIMフリー版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone SE(au・docomo・SB版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除必要
  • iPhone 6s(SIMフリー版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone 6s(au・docomo・SB版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除必要
  • iPhone 6s Plus(SIMフリー版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone 6s Plus(au・docomo・SB版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除必要
  • iPhone 6(SIMフリー版)
    =nanoSIM(auVoLTE非対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone 6(au版)
    =nanoSIM(auVoLTE非対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone 6 Plus(SIMフリー版)
    =nanoSIM(auVoLTE非対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone 6 Plus(au版)
    =nanoSIM(auVoLTE非対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要

iPhone5以前のモデルではUQモバイルは使えませんのでご注意ください。

ただし、iPhone5sであればUQモバイルで同時購入が出来ます。しかも端末代金は頭金100円で実質無料になり、初期手数料3000円と月額基本料金(通話料込み)のみで使うことが出来ますよ。ただし、最初に紹介した商品券・最大10000円分プレゼントは対象外となります。

>>UQモバイルでiPhone5sとセットで申込む<<

セット販売でお得なスマホは?最安値で購入出来るのは?

先に紹介している、商品券最大10000円分プレゼントの企画では現在10種類のスマホが用意されています。そのすべてを実際に使っています。

価格の確認 ぴったりプランとたっぷりプラン

10000円の商品券プレゼント企画は

  • ぴったりプラン or おしゃべりプラン:10000円分の商品券
  • 音声通話SIMプラン:5000円分の商品券

となっています。正直なところ音声通話SIMプランであれば、スマホは一括購入であり無料通話分は料金に含まれていませんので、ぴったりプランかたっぷりプランで申し込まれるのが良いでしょう。

ではぴったりプランとたっぷりプランはどう異なるか?というと下記の通りです。

  • ぴったりプランはデータ容量が月2GBで無料通話が月90分
  • たっぷりプランはデータ容量が月5GBで無料通話が月180分

なお3月1日からは上記のプランのまま継続を依頼するか依頼をしない場合は下記のプランに切り替わります。

  • ぴったりプランはデータ容量が月2GBで無料通話が5分までなら何度でも料金内
  • たっぷりプランはデータ容量が月5GBで無料通話が5分までなら何度でも料金内

と変化します。長い時間かけるけど回数は少なくて良いか、5分で良いから無制限が良いか決めることになります。

で、結局この10機種でどれだけの費用がかかるのか?ということを説明します。

ぴったりプランの場合の費用

機種名 ぴったりプラン時
一括購入時端末代
ぴったりプラン時
一括購入時月額費用
ぴったりプラン時
分割払い時頭金
ぴったりプラン時
分割払い月額費用
(端末代込み)
SHARP
AQUOS L
34900円 530円 100円 1980円
富士通
arrows M03
33800円 1480円 5000円 2680円
ASUS
ZenFone3 Ultra
49800円 1980円 13800円 3480円
ASUS
ZenFone3 Deluxe
50800円 1580円 5200円 3480円
ASUS
ZenFone3
34800円 1580円 1200円 2980円
ASUS
ZenFone3 Laser
19800円 1980円 7800円 2480円
HUAWEI
P9lite PREMIUM
28900円 780円 100円 1980円
alcatel
IDOL4
26800円 1980円 7600円 2780円
alcatel
SHINE LITE
11800円 1980円 無し 無し
LG
X screen
34900円 530円 100円 1980円

*2017年2月5日現在の価格です。変更される場合があります。価格は税別です。

たっぷりプランの場合の費用

機種名 たっぷりプラン時
一括購入時端末代
たっぷりプラン時
一括購入時月額費用
たっぷりプラン時
分割払い時頭金
たっぷりプラン時
分割払い月額費用
(端末代込み)
SHARP
AQUOS L
34900円 1530円 100円 2980円
富士通
arrows M03
33800円 1980円 5000円 3180円
ASUS
ZenFone3 Ultra
49800円 2980円 13800円 4480円
ASUS
ZenFone3 Deluxe
50800円 2080円 5200円 3980円
ASUS
ZenFone3
34800円 2080円 1200円 3480円
ASUS
ZenFone3 Laser
19800円 2980円 7800円 3480円
HUAWEI
P9lite PREMIUM
28900円 1780円 100円 2980円
alcatel
IDOL4
26800円 2980円 7600円 3780円
alcatel
SHINE LITE
11800円 1980円 無し 無し
LG
X screen
34900円 1530円 100円 2980円

*2017年2月5日現在の価格です。変更される場合があります。価格は税別です。

でも結局2年契約だから2年間の合計金額で見ないと意味がありませんよね。だから2年間の合計金額で安い順に並べてみました。

ぴったりプラン・たっぷりプラン 2年間合計料金から最安値のスマホは!?

機種名 ぴったりプラン
一括払い時
2年間合計料金
ぴったり
プラン分割払い時
2年間合計料金
たっぷりプラン
一括払い時
2年間合計料金
たっぷりプラン
分割払い時
2年間合計料金
HUAWEI
P9lite PREMIUM
62620円 62620円 86620円 86620円
SHARP
AQUOS L
62620円 62620円 86620円 86620円
LG
X screen
62620円 62620円 86620円 86620円
富士通
arrows M03
72320円 84320円 96320円 96320円
alcatel
SHINE LITE
74320円 無し 74320円 無し
ASUS
ZenFone3 Laser
82320円 82320円 106320円 106320円
ASUS
ZenFone3
87720円 87720円 99720円 99720円
alcatel
IDOL4
89320円 89320円 113320円 113320円
ASUS
ZenFone3 Deluxe
103720円 103720円 115720円 115720円
ASUS
ZenFone3 Ultra
112320円 112320円 136320円 136320円

*2017年2月5日現在の価格です。変更される場合があります。価格は税別です。

分割払いでもスマホ代一括払いでも2年間の合計金額は変わりません。また上記料金には初期手数料3000円が含まれているトータル料金です。この金額に無料通話分を超えた分やオプション料金等が加わります。

最安値は、

  • HUAWEI P9lite
  • SHARP AQUOS L
  • LG X screen

となっています。しかしスマホの価格・性能が違うので性能を考慮した上でおすすめのスマホを紹介していきます。

最大10000円分の商品券がもらえるキャンペーン・対象スマホ おすすめランキング

おすすめ第1位:富士通 arrows M03

個人的にはASUSのZenFoneが好きなのでZenFoneシリーズを押したいところなのですが、一般的な用途で言えばおすすめは富士通のarrows M03です。

特徴を3つあげるとすれば

  1. ワンセグでテレビが見られる
  2. おサイフケータイ機能搭載
  3. 防水機能で安心 

 

おすすめ第2位:HUAWEI P9lite PREMIUM

コストパフォーマンスの良さで選びました。

HUAWEIは馴染みの無い会社かもしれません、SIMフリースマホの市場の中では人気No.2です。

カメラ性能もよく指紋認証でセキュリティも安心のスマホです。

 

おすすめ第3位:ZenFone3

僕がメインで使っているのはZenFone3です。本当は個人的にはこれを1位にしたかったのですが、1位にするほど一般向けでは無いと思い3位にしました。

このスマホの特徴は3つです。

  1. DSDSで2つの電話番号を持つことが出来る(2回線分の契約が必要)
  2. カメラ性能が良い
  3. 指紋認証でセキュリティも安心

DSDSというのは2枚のSIMカード(つまり2回線契約が必要)を入れることで、2つの電話番号を持つことが出来るものです。これの何が良いかと言えば、例えば仕事用とプライベート用にスマホを分けたい場合でも1台で大丈夫ということです。僕もプライベート用と仕事用の2枚のSIMカードを入れて使っています(1枚はUQモバイルではありませんが。仕組み上2枚ともUQモバイルにすることが出来ません。1枚はUQモバイルで使っています)。

 

おすすめ第4位:SHARP AQUOS L

無難に選びました。

このモデルの特徴はおサイフケータイを持っていること、防水であることが挙げられます。またシャープらしく液晶も綺麗です。ただ若い人向けではなく、どちらかと言えば年配の方で初めてスマホを持つ人向けだと言えます。

 

おすすめ第5位:ASUS ZenFone3 Deluxe

第3位にあげたZenFone3の上位モデルに位置しますが性能的にはほぼ同じです。でもこちらの方が液晶が大きく、高級感のある作りになっています。

指紋認証に高性能なカメラで性能もよく少し大きめのスマホが良い方におすすめしたいスマホです。

 

おすすめ第6位:ASUS ZenFone3 Ultra

もうスマホというよりはタブレットです。6.8インチの液晶なので小さめのタブレット、例えばiPad miniと同じくらいの大きさです。でもスマホです。

大きいスマホで楽しみたいという方におすすめですが、タブレットとスマホ2台持ちをしていて重たいと感じるのならばこれ1台にしてしまうというのもありだと思います。

 

おすすめ第7位:alcatel IDOL4

alcatel IDOL4はVRゴーグルとセットで販売されているスマホです。でこのVRゴーグルが凄いんですよ。YouTubeで「VR ジェットコースター」で検索して出てきた動画を見るともう本当にジェットコースターに乗っているかのような錯覚に陥ります。他にも最近はVR対応の動画がいろいろ出ているのでエンターティメントとしてスマホを使いたい方にはおすすめです。

 

おすすめ第8位:ZenFone3 Laser

ZenFone3 LaserとZenFone3の2年間での合計価格差が5000円しか無いので、出来ればZenFone3を購入して欲しいのですが、少しでも安くということであればZenFone3 Laserもおすすめです。レーザーオートフォーカスで素早く被写体を捉え撮影することが出来ます。

 

おすすめ第9位:LG X screen

このスマホの面白いところはメインの液晶とサブの小さい液晶があるところです。しかしそれ以外は特に特徴がある訳では無いのでこの順位にしています。

 

おすすめ第10位:alcatel SHINE LITE

10機種で10位ということは・・・あまりおすすめはしないということになりますね。このスマホはUQモバイルで使う分には良いのですが、docomo回線の格安SIMを使うのであればおすすめできないものとなっているのでこの順位になりました。理由はCPUがあまり性能が良いものでは無いので。スマホ本体は安いのでぴったりプランやたっぷりプラン以外のプランで契約する場合には良いかもしれません。

 

UQモバイルに申し込もう!

でも、実際のところUQモバイルって格安SIMの中でどうなの?と思うかもしれませんね。

格安SIMにすることが出来ない理由のベスト(ワースト?)3は

  1. 何となく不安だから
  2. 通信速度が遅くなると聞くから
  3. キャリアメールが使えなくなるから

となっています。

でも、UQモバイルは唯一この理由3つを退けることが出来る格安SIMなんです。

何となく不安というのはよく知らない会社が運営しているから・・ということがあると思います。実際、そういうところもあります。でもUQモバイルはKDDIグループです。そう大手キャリアのauと同じグループ会社となっています。実際のところUQモバイルは格安SIMというよりはauのサブブランドですから、安心して使えます。

通信速度が遅くなるという意味合いではUQモバイルは気にしなくて構いません。というかdocomoよりも速いです。

参考記事

>>【2017年版】格安SIM・20プラン以上の速度比較によるおすすめランキング!使っているから書いています!

上記の記事を見てもらえば分かりますがダントツで速いのがUQモバイルです。

そしてキャリアメールですが、UQモバイルは格安SIMの中で唯一キャリアメールが使えます。もちろん今までdocomoやau、SoftBankを使っていたら、それぞれのキャリアメールと同じアドレスは使えませんが、docomoやau、SoftBankにメールを送信するときちんとキャリアメールとして認識されます。ただしオプションなので月額200円かかる点だけ注意してください。後から別途申込みが必要です。

以上、不安になる理由ベスト3を見事に克服しているのがUQモバイルです。

価格にしてもこのブログから申し込んでもらえば商品券が最大10000円もらえるので他で申込むよりもUQモバイルはお得に申し込めます。是非この機会に申し込んでみてはいかがでしょうか?

>>UQモバイル 最大10000円分の商品券キャンペーンで申込む<<

料金も見てもらった通り2年間で10万円を切ってきます。大手キャリアなら15万円以上2年間でかかりますからスマホによっては半額以下で持てることになりますよ。

お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582