格安SIMを使うと実際にいくら安くなるのか?docomoとの比較と「通話」について

スポンサーリンク

格安SIM・格安スマホを使うと実際にいくら安くなるのか?という疑問を持っている方はかなり多いと思います。でもこの疑問、本当にその人次第なんですよね。

スマホをどのように使っているかで全く異なります。ただ1つ言えることは、「通話」に関することのみだと思いました。実際にdocomoの月額料金と比較しながらどれだけ安くなるのか見ていきます。

IMG_0080

090や080での発信が多い人には向いてない

格安SIMを使う場合によく言われるのが通話が多い人には向いていないということ。でもこれ正解ではありません。正確には「090」や「080」で通話が多い人には向いてないということです。docomoやソフトバンク、auはカケホーダイ等で時間を気にせずに電話をすることが出来ます。ほとんどの格安スマホは通話料金は別です。30秒20円が基本であり1分40円ということになります。これを半額にする方法もありますので30秒10円・1分20円ということになります。月に2時間かけた場合2400円です(国内通話に限る)

でも月に2時間の国内通話なら確実に格安SIMの方が安いでしょう。

docomoの月額料金

ここで僕のdocomoで使っている携帯電話料金を見てください。

docomo201510

長くdocomoを使っている方ならこれよりも安いかと思いますが基本使用料が2700円、パケット定額料が3500円、付加機能で302円は必ずかかるので6502円(税込7022円)が毎月最低でもかかる計算です。なお、パケット定額料3500円は月2GBまでです。では一般的な格安SIMならいくらかかるのかと言えば下記の通りです。IIJmioというもっとも一般的な金額の格安SIMの費用です。

iijmio201509

月々1602円(税込み1730円)です。

僕は元々スマホで電話をかけることは滅多にありません。月に平均1時間も無い状況です。僕の場合は完全に格安SIMにした方がお得です。それでもdocomoを使っている理由は2つ

  1. こういうブログをしているためdocomoの通信速度も計測しているから
  2. キャリアメールがまだ必要だから(@docomo.ne.jpのメールアドレス)

1はほとんどの人には関係ないことで、2にしても別にGoogleのGmailかLINEで十分だし・・という方にも関係ない話でしょう。

通話時間で見る料金の差

格安SIMは通話代金がほとんどの場合、都度発生します。安いプランでも1分20円ですから1時間で1200円です。

でもどれだけ話すと格安SIMの方が高くなるか見てみましょう。

通話時間(分) ドコモ 一般的な格安SIM
0分 6502円 1602円
10分 6502円 1802円
20分 6502円 2002円
30分 6502円 2202円
40分 6502円 2402円
50分 6502円 2602円
60分(1時間) 6502円 2802円
70分 6502円 3002円
80分 6502円 3202円
90分 6502円 3402円
100分 6502円 3602円
110分 6502円 3802円
120分(2時間) 6502円 4002円
130分 6502円 4202円
140分 6502円 4402円
150分 6502円 4602円
160分 6502円 4802円
170分 6502円 5002円
180分(3時間) 6502円 5202円
190分 6502円 5402円
200分 6502円 5602円
210分 6502円 5802円
220分 6502円 6002円
230分 6502円 6202円
240分(4時間) 6502円 6402円

docomoを5年以上使っている人だと通話時間が月3時間以上だとdocomoの方が安くなってくるかもしれませんが5年未満なら月4時間話しても格安SIMの方が安い場合があります。月に3時間と言えば毎日6分です。これだけ話す人というのはそんなに多い訳では無いのでは?

LINEで話すとどうなるか?

最近はLINE等の通話も出来るアプリで話す人も増えていますよね。やや会話にタイムラグがあるものの親しい間柄なら問題無いという人も多いでしょう。LINEは別に通話料金は発生しません(LINE電話は別です。アプリの通話機能の場合のみ)。データ通信を行いますが3分で2MBくらいです。つまり1時間で40MBなので月に10時間話しても400MBくらいなものです。

もしLINEでの通話が多いということであれば基本料金内で収まってしまうんですよね。通話代が発生しないということになります。

結論・電話をかけることが少ない人は安くなる

もうここまで読んでもらったとおり、電話をかけることが少ない人は格安SIMの方が断然安くなります。問題はスマホ本体の代金ですがdocomoのLTE対応のスマホを使っていればそのままdocomo回線を使っている格安SIMを使えばそのまま使えますし、auのLTE対応スマホ(VoLTEは除く)を使っているのならauの回線を使った格安SIMを使えばそのまま使えます。

ソフトバンクのみちょっとむずかしいのですが。

つまり

  • キャリアメールを使わなくても良い
  • 通話が少ない

という方なら格安SIMを使うことでかなり月々のスマホ代を節約することが出来ます。

僕1人でも年間5万円以上安く出来るので2人家族なら10万円以上安くすることも可能でしょう。

ただ、格安SIMって通話エリアや通話の品質はどうなの?と思う方もいらっしゃると思います。通話エリアに関して言えばdocomoと同じです。通話の品質も変わりありません。少し変わる点と言えば都心だとお昼時にネットを見たりする時に遅く感じることがあるというくらいでしょう。それもきちんと調べて購入すればほぼ問題ありません。

いわゆるデータ通信時の速度というものになるのですが、速いところであればdocomoと遜色ないところもあります。どこが速いの?という方は下記のカテゴリーの最新の記事を参考にしてください。

” 格安SIM速度計測 “一覧

PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582