格安スマホにする前に知っておきたい6つのこと!おすすめ格安スマホ ランキング

スポンサーリンク

格安スマホがいろいろと話題になることが多くなり、そんなに安くなるのなら格安スマホにしようかな?と思っている方も多いでしょう。

でも格安スマホにする前に知っておいて欲しいことがいくつかあります。なぜなら何も知らずに格安スマホにしてしまうと逆に月々の料金が高くなってしまうことがあるからです。。また3大キャリア(docomo、au、SoftBank)と何が一番違うのか知っておかないと万が一の時に焦ること間違いなし!

実際に格安スマホを10台以上使っている立場から格安スマホにする前に知っておきたいこととおすすめの格安スマホを紹介します!

kandalounge011

そもそも格安スマホって何?

そもそも格安スマホについて説明出来ますか?実は僕も説明出来ません。というか格安スマホの定義が物凄く曖昧って何?という状態だからです。

格安スマホという言葉は厳密に定義されていません!

じゃあ、格安スマホって何だよ?となりますよね。敢えて言葉の定義をするのであれば格安SIMで使うSIMフリースマートフォンと言えるでしょう。

  • 格安SIM?
  • SIMフリースマートフォン

知っている人なら何てことは無い言葉ですが、知らない人にしてみれば何それ?美味しいの?という世界の言葉です。

なのでここでは省略しますが、格安SIMについて詳しく知りたい!という方は下記の記事をご覧ください。

実際に測定したから解る!おすすめ 格安SIMランキング!格安SIM(MVNO)についても徹底的に解説

ここでは、格安スマホは格安SIMとセットで購入する場合のものを紹介していきます。

格安スマホにする前に知っておきたい6つのこと

では格安スマホに切り替えようと思っている方に切り替える前に絶対に知っておいた欲しいこと6つを説明します。

  1. 090や080の番号で発信することが多い人は格安スマホは高くつく
  2. 電話番号を気にしない、通話の品質も気にしないのなら格安スマホで安くなる
  3. 常に快適に使いたい、動画もよく見たいのなら格安SIMにこだわる
  4. 保証は重要!故障した時のことを考えよう
  5. 気軽にショップに聞きにはいけない場合が多い
  6. キャリアメールは使えなくなる

090や080の番号で発信することが多い人は格安スマホは高くつく

今、電話を月にどれぐらいかけていますか?月に合計で3時間以上と答えた方で、090や080、070で始まる電話番号でかけることが必要な方には格安スマホは向いていません!

理由は格安スマホは電話代が高いからです。

docomoでもauでもSoftBankでも通話料込みのプランで使っている方は多いでしょう。特に今は通話無制限のプランに入っている方が多いと思います。

しかし格安スマホには都度電話代がかかります。30秒20円、1分40円です。半額にするプランもあるのですがそれでも1分20円、1時間で1200円です。3時間話せば3600円です。これに基本料金がかかります。基本料金は月1600円~2500円くらいが一般的なので仮に2000円と設定した場合、合計で5600円です。これにスマホ代が1000円~2000円かかると合計で6500円~7500円です。

もうdocomoやSoftBank、auの料金とあまり変わらないのではないでしょうか?

もし月に3時間以上発信側として話すことが多い人は格安SIMに切り替えるのは現段階ではやめておきましょう。

格安SIMは090や080から始まる番号で電話をかけることが少ない人向きだからです。

もし、090や080から始まる番号で電話をかけることが多くて、でももっと月々の支払いを安くしたいと考えるのならワイモバイルに切り替えれば安くなります。ワイモバイルは格安スマホとは言えません(厳密には格安SIMとは言えない)が、docomoやau、SoftBankよりは安くなります。3大キャリアに比べて月々1500円~2000円くらいは安くなるでしょう。

国内通話無制限の一般的なプランならスマホ代込みで月々5000円くらいです。同じ内容ならdocomoだと6500円くらいです。

>>ワイモバイル(公式サイト)

電話番号を気にしない、通話の品質も気にしないのなら格安スマホで安くなる

別に090や080から始まる番号で電話をかける必要性が無いのなら格安スマホは安くなります。例えば050から始まる番号でよければ通話代は限りなく0円で済みます。ただし音質は悪くなるので注意してください。

どう悪くなるかと言えば、音がズレて聞こえたり(自分の話している声が1~2秒後に聞こえてくる)、クリアな音質にはなりません。またたまに途切れることも。

LINEで通話したことがある方なら解ると思います。また実際にどれぐらいの音質か試したいのであればLINEで一度話してみてください。

格安SIMには090や080の番号から発信して使うことが出来ない機種もあります。その代わりに050から始まる番号で通話が出来るようには出来るのですが、050から始まる番号だと緊急発信が出来ません。緊急発信とは110番や119番のことです。

だから050で話すから090や080から発信出来なくても良いと考えずに万が一の時のために090や080から始まる番号で発信が出来るものを選んでください。

090や080の電話番号で発信出来るものは050から始まる電話番号も持つことが出来ます(つまり2つの電話番号を持てる)。

普段は050から始まる電話番号で発信をして緊急時や090・080で電話をかけることが必要な時だけ使えばかなり通話代を抑えることが出来ますよ。

常に快適に使いたい、動画もよく見たいのなら格安SIMにこだわる

どの格安スマホを選んでもメールやLINE、Twitterくらいなら問題はほぼありません。ただしYouTubeやニコニコ動画等の動画サイトで動画をみようと思ったらきちんとした格安SIMを選ばないと難しいと言えます。またほとんどの格安SIMで都心部であれば12時台は動画は快適には見えなくなるのでその点だけはある程度の覚悟が必要です。

どこの格安SIMが速いかは下記記事を参考にしてください。

実際に測定したから解る!おすすめ 格安SIMランキング!格安SIM(MVNO)についても徹底的に解説

保証は重要!故障した時のことを考えよう

docomoやauなら故障した時は、ショップに持ち込めば修理受付もしてくれるし、場合によっては代替機も貸してくれます。しかし格安SIMとSIMフリースマホを別々に購入した場合、スマホ本体が故障しても代替え機は貸してもらえません。その間はスマホ無しということになります。前に使っていたスマホがあればそれを代用機にすることも可能ですが、docomoからau回線を使った格安SIMにした場合、auからdocomo回線を使った格安SIMにした場合は代用機には出来ませんので注意してください。

格安スマホは格安SIMとセットで購入することをおすすめします。セットで購入したのであれば購入時に万が一スマホが故障した場合は代替え機を貸してくれたり、交換してくれるオプションがあるところが多いです。オプションには金額がかかりますが、万が一の時に備えて加入している方が良いでしょう。

気軽にショップに聞きにはいけない場合が多い

格安スマホはdocomoやauみたいに各地にショップがある訳ではありません。会社によっては一切ショップが無いところもあります。気軽に聞きに行きたいのならショップ数が多いところを選ぶのが良いでしょう。

ただどこもショップは決して多くないのでご注意ください。家電量販店等が代理店をしている場合もあるので、その場合はちょっとしたことなら質問をすることも出来ます。

キャリアメールは使えなくなる

@docomo.ne.jp等のキャリアメールは使えなくなります。代わりにGoogleのGmailを使ったりLINEを使うことになります。ただし唯一UQモバイルだけは指定の機種に限定されますが、UQモバイルのキャリアメールを使うことが出来ます。

おすすめの格安スマホ ランキング

では実際にどこで格安スマホを契約すれば良いのかおすすめを紹介していきます。あくまでもスマホ本体に重点を置いたランキングです。

1位:楽天モバイル

スマホの種類・ラインナップは業界No.1と言えます。いろいろなスマホを用意しているので選ぶ楽しさがあります。

月々の料金に対して楽天スーパーポイントも貯まるので楽天スーパーポイントを集めている方には良いのではないでしょうか?

また楽天モバイルは実際のショップも増やしていっています。まだ店舗数は少ないもののこれからドンドン増えていくと思いますのでサポートにも期待が出来ます。

価格的にも比較的安くなっています。そしてよくキャンペーンを実施していてお得にスマホを購入することが出来ます。

>>楽天モバイル(公式サイト)

2位:G-Phone

あまり有名ではありませんが、このG-Phoneには驚くべきサポートがあります。

それはスマホが故障した時は無料でスマホを貸してもらえるというサポートプランが標準料金に組み込まれている点です。でも他のところでもオプションで申し込めるでしょ?と思うかもしれませんが、G-Phoneの凄いところは格安SIMのみの契約でも別に購入したスマホでG-PhoneのSIMカードを使っている場合は無償で修理期間中はスマホを貸してもらえることです。

他の会社は、自分のところでセットで購入したスマホのみ、修理の際は貸し出してくれるオプションプランがありますがG-Phoneはどこで買ったスマホでも修理は受け付けてくれませんが修理期間はスマホを貸し出してくれます。

例えばスマホは家電量販店で購入したとして、格安SIMはG-Phoneで購入した場合、スマホが故障したら家電量販店かメーカーに修理を依頼します。その間G-Phoneがスマホを貸し出してくれるので万が一の時でも安心出来ます

スマホは自分で家電量販店等で見て決めたいけど、万が一の故障の時の保証も欲しい!という方にはG-Phoneがおすすめです。もちろんスマホとのセット販売も行っています。人気のZenFone2 LaserやHUAWEI P8liteもあります。

>>G-Phone(公式サイト)

3位:FREETEL

FREETELは自社で開発・設計を行ったスマホを販売しています。そのスマホの評判はコスパ最強!と言われています。性能も悪くないのに価格が他のメーカーに比べて2~4割程度安いのが売りの1つです。

そしてdocomo回線を使った格安SIMの中ではもっとも通信速度が速いことで定評があります。

遅くてイライラしたくない、動画も楽しみたい!という方にはおすすめです!

>>FREETEL(公式サイト)

4位:BIGLOBE SIM

楽天モバイルほどでは無いもののスマホのラインナップはかなり充実しています。

また楽天モバイルよりも平均して速度が速いというメリットもあります。また通話料込みが良いな~という方には約1時間分の通話料金がセットになったオプションもあります。

>>BIGLOBE SIM(公式サイト)

5位:U-mobile

U-mobileもBIGLOBE SIMと同じくらいスマホのラインナップが充実しています。またマニアックな機種も品揃えしています。

U-mobileでおすすめなのがUSEN MUSIC SIMというスマホでUSENの音楽が聞けるプラン。またデータ通信量も無制限です。

>>U-mobile(公式サイト)

6位:イオンスマホ

今まで紹介してきたのは格安SIMも一緒に出しているMVNOという会社ですが、イオンスマホはBIGLOBE SIMやb-mobileという格安SIMとスマホをセットで販売しているので少し毛色が異なります。

ただイオンスマホというだけあって、イオンで販売しており何か困ったことになった時も近くにイオンの携帯電話売り場があれば相談することも出来ます。

何かあった時に聞きに行きたい!という方には良いのではないでしょうか?

またBIGLOBE SIMを使っているスマホの月々の料金はBIGLOBE SIMよりも安くなっておりお得です。ただスマホの種類があまり無い、人気のモデルが少ないという欠点はありますが、スマホにあまりこだわらないのなら良いのではないでしょうか?

>>イオンスマホ(公式サイト)

7位:DMMモバイル

BIGLOBE SIMやU-mobileに負けないくらいスマホのラインナップは充実しています。更に料金プランもいろいろあり自分にあった料金プランが見つかるはずです。

さらに業界最安値宣言をしており料金も他社より安くなっています。

>>DMMモバイル(公式サイト)

8位:mineo

あまりスマホの種類は多く無いのですが、取り揃えているスマホのほとんどがおサイフケータイとして使える機種。また今まで紹介してきたものはdocomo回線を使った格安SIMばかりですが、mineoはau回線を使った格安SIMも取り揃えています。

au回線を使った格安SIMのメリットは、docomoに比べて平均して速い通信速度になることが多いということ。docomoではなくau回線の格安SIMをお探しならおすすめです。

>>mineo(公式サイト)

9位:IIJmio

IIJmioは格安SIM好きな方に物凄く人気の会社です。まさにユーザーに愛されている会社。数ヶ月に1度、ユーザーを呼んでのイベント・セミナーも開催しています。

やや玄人好みされるところではありますがサポートもしっかりしている会社です。DMMモバイルがこのIIjmioの回線を借りて運営していると言えば、どれだけしっかりした会社かわかりますよね。

ただあまりスマホの種類が用意されていないことが難点ですが、人気のZenFone2 Laserや、HUAWEI P8lite、富士通 arrowsM02を取り揃えています。

>>IIJmio(公式サイト)

10位:UQモバイル

格安スマホ(スマホ本体)ではなく、格安SIMなら個人的におすすめNo.1がUQモバイルです。ただ取り扱っているスマホが2モデルのみということが難点になっています。

ただその2モデルともUQモバイルのキャリアメールが使えるという、格安SIM・格安スマホの常識を打ち破ったものです。

また通信速度の安定性ではトップクラス!

>>UQモバイル(公式サイト)

2015年12月のおすすめSIMフリースマホ

格安SIMとは別に自分でSIMフリースマホを購入したい方に僕が使っている、使ったことがあるSIMフリースマホから2015年12月に購入するのならおすすめのSIMフリースマートフォンをご紹介します。

1位:富士通 arrows M02

富士通 arrows M02

安心の国内メーカー富士通が出しているSIMフリースマホです。なぜこれが1位なのかその理由は3つ

  • docomo回線を使った格安SIM・au回線を使った格安SIM(VoLTE SIMのみ)の両方に対応している
  • おサイフケータイとしても使える
  • 防塵防水加工

上記以外にも素晴らしい機能はありますが他のSIMフリースマホに比べてより優れている点はこの3つです。

SIMフリースマホと言ってもほとんどのものはdocomo回線を使った格安SIMしか使えませんでした。しかしこの富士通arrowsM02はau回線を使ったVoLTE対応SIMでも使うことが出来ます。docomo回線・au回線(もちろんSoftBank回線も)もOKという優れものなSIMフリースマホです。

またおサイフケータイとしても使えるし、防塵防水加工もされているので万が一の時も安心です。

格安SIMとセットで購入なら下記のところから購入出来ます。

楽天モバイル(公式サイト)楽天専用モデル

BIGLOBE SIM(公式サイト)

IIJmio(公式サイト)

mineo(公式サイト)

DMMモバイル(公式サイト)

実際に使った感想は下記に書いています。

docomoでもau(VoLTEのみ)でも使えるSIMフリースマホ「富士通 arrows M02」開封の儀とファーストレビュー、SIMカードの入れ方
docomo回線のMVNO・格安SIMでもau回線のMVNO・格安SIMでも使えるSIMフリースマホ、arrowsM02を購入したので開封の...

2位:FREETEL SAMURAI MIYABI

FREETEL SAMURAI MIYABI(侍 雅)

FREETELの SAMURAI MIYABI(侍 雅)はコストパフォーマンスに非常に優れたSIMフリースマートフォンです。価格は19800円(税別)ですが同じスペックのSIMフリースマホなら25000円以上はします。

実際に使ってみてサクサクと動きます。

これを販売しているのはFREETELです。ただいまキャンペーン中(2016年1月上旬まで)なので12月に購入するとお得です!

FREETEL(公式サイト)

3位:ZenFone2

ASUS ZenFone2 開封の儀

10台以上のSIMフリースマホを使っていますが結局、これをメインに使っています。性能怪獣とも言われたSIMフリースマートフォンです。発売から半年以上経過した今でもその性能は色あせません。

ZenFoneと言えば他にもZenFone2 Laser ZenFone Selifieがありますがカメラ性能にこだわらないのであればZenFone2が一番おすすめです。

ZenFone2 Laser、ZenFone Selfieとどう違うのか確認したい場合は下記記事を参考にしてください。

「ZenFone Selfie」「ZenFone2」「ZenFone Laser」の比較!どれを選ぶか悩んでいる方へ
ZenFone Selfieが発売されZenFoneシリーズも3タイプが発売されています(ZenFone5はASUS 公式ショップから外れて...

これをセットで販売しているところは下記のところです。

楽天モバイル(公式サイト)

BIGLOBEでも扱っていますがメモリが2GBモデルのみなのですが、どうせこれを買うのならメモリ4GBモデルがおすすめです。

amazonでも販売しています。

格安スマホを購入しよう!

通話をあまりしない人なら格安スマホに切り替えることで月に5000円以上も節約出来る場合がほとんどです。docomo回線かau回線を使っているので通話エリアもdocomoやau回線と同じです。

たまに格安スマホに切り替えたら今まで圏内だったのに圏外になった・・・という人がいますがそれはスマートフォン側の問題で格安SIMの問題ではありません。今回紹介しているSIMフリースマートフォンなら問題ありません。

SIMフリースマートフォンの出始めのころには、スマートフォン側の問題でdocomoやauの通信・通話エリアよりも狭くなってしまう問題がありましたが最新のモデルでは解消されています。

少しでも携帯電話代を節約したいのなら、是非検討してみてくださいね!

ただし通話が多い人には向いていませんので、その場合はワイモバイルがおすすめです。docomoやauよりも安くなります!

ワイモバイル(公式サイト)

以上、おすすめの格安スマホとSIMフリースマートフォンでした。

PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回10社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大13000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

楽天モバイル、最大96%OFF 年末年始大感謝セール開催中
人気のSIMフリースマホがセット価格でお買い得!!スマホ本体を安く購入したいのなら楽天モバイルがおすすめ!1月13日9:59まで

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

BIGLOBE SIMがお得に使える!
3GBでは足りない!という方ならBIGLOBE SIMがおすすめ!今なら月額1550円で使えます。2017年1月31日まで

docomoの携帯代を少しでも安くしたいのならこの記事がおすすめ!
家族2人以上でdocomoを使っている方なら確実にお得になるクレジットカードを紹介しています

スポンサーリンク

2755582