ASUS ZenFoneシリーズのバッテリーパックについて。格安スマホのバッテリー交換はどうすれば良い?

スポンサーリンク

今までASUSは日本国内使用向けにZenFoneを8モデル出しています。

最初のZenFone5に関しては販売から1年以上経過しているためバッテリーが消耗してきたと感じる方もいるのではないでしょうか?使い方にもよりますがスマホのバッテリーは早ければ半年から1年で最初の頃の6~8割くらいしか保たなくなることがあります。

長く使いたい場合はやはりバッテリー交換・電池好感が行い易いモデルが良いのですがZenFoneの場合、バッテリー交換したい場合どうすれば良いのか説明していきます。なおこれを書いている2016年4月19日現在の情報です。この先ASUSが対応を変更する可能性もあるのでご注意ください。

ZenFone 3モデル

ZenFone5のバッテリー交換・電池交換について

ZenFone5が日本で発売されたのは2014年11月8日です。

ZenFone5

バッテリー容量:2110 mAh リチウムポリマーバッテリー

ZenFone5は基本的に自分でバッテリー交換が出来ない機種になっています。ある程度詳しい方なら行うことが出来ますが分解したことになるので今後何かあった場合の修理はすべて有償になる可能性があるという点は覚えておいてください。 分解をしないとバッテリー交換が出来ないので基本的にASUSに修理依頼をすることになります。 費用はASUSに尋ねたところ、概算で7000円くらいとのことでした。

ASUSの修理は今は簡単なものであれば1週間くらい、ASUSの案内では2週間くらい見て欲しいということなので1~2週間はスマホが無い状態になってしまうので気をつけてください。 なお自分で交換したい!という方はamazonで販売されています。

実際に自分で交換された方もいるようで、交換手順を解説されているサイトもありました。

参考

【自分で】ZenFone5のバッテリー交換方法|マガリスギ.net

ZenFone2のバッテリー交換・電池交換について

バッテリー容量:3000 mAh リチウムポリマーバッテリー

ZenFone2の発売日は2015年5月だったので、そろそろバッテリーが消耗が気になる頃合いになってきていると思います。

IIJmio(みおふぉん)SIMカード

ZenFone2は自分ではバッテリーパックを取り外せないものとなっているのでこちらも修理対応になります。

上記の写真の通りバッテリーパックは見えているものの、その上にSIMスロットがあるので分解しないことにはバッテリーは取り外せません。

ASUSにバッテリーパックの交換費用を確認したところまだそれだけの依頼が無いそうで概算も現在は解らないとのことでした。ただZenFone5のバッテリー交換の概算が7000円ということなので、バッテリー容量の大きいZenFone2はもう少し高くなるものと思われます。

*コメントにて概ね1万円くらいかかるとのことでした。

ZenFone2 Laserのバッテリー交換・電池交換について

バッテリー容量:2400 mAh リチウムポリマーバッテリー

ZenFone2 Laserはバッテリーを自分で外せる仕様になっています。

ZenFone2 Laser

しかしバッテリーの単体販売は現在行っていないため、こちらも修理対応になるとのことでした。バッテリー容量はZenFone5より増えているものの工賃は当然安くなると思うので恐らくですが、ZenFone5と同じくらいの費用(7000円前後)ではないかと思います。 また現在のところバッテリーパックのみの販売は予定していないとのことです。

ただしamazonで互換バッテリー(純正品では無い)が販売されています。

ただし、サイズが純正よりも少し大きいようで、取り出しにくいという問題や100%まで充電出来ないという問題があるようです。

ZenFone2 Laser 6インチモデルのバッテリー交換・電池交換について

バッテリー容量:3000 mAh リチウムポリマーバッテリー

同じZenFone2 Laserと言っても6インチモデルもあります。

ZenFone2 Laser6インチモデル(ZE601KL)もバッテリーは自分で取り外せるようになっています。

ASUS ZenFone2 Laser 6インチモデル (ZE601KL)

こちらはバッテリー単体では発売されていませんが、バッテリーとバッテリーチャージャーとセットでASUS ZenFone Shopで販売されています。

ASUS ZENFONE BATTERY CHARGER

amazonでも販売されています。

ZenFone Selfieのバッテリー交換・電池交換について

バッテリー容量:3000 mAh リチウムポリマーバッテリー

ZenFone Selfieも自分でバッテリーが外せる仕様になっています。

ZenFone Selfie アクアブルー

こちらはバッテリー単体では発売されていませんが、バッテリーとバッテリーチャージャーとセットでASUS ZenFone Shopで販売されています。

ASUS ZENFONE BATTERY CHARGER

amazonでも販売されています。

ZenFone ZOOMのバッテリー交換・電池交換について

バッテリー容量:3000 mAh リチウムポリマーバッテリー

ZenFone ZOOMはバッテリーの上にSIMカードスロットがありバッテリーを自分で取り出すことが出来ない仕様になっています。

ASUS ZenFone ZOOM (ZX551ML)

そのため、バッテリー交換を行うのであればASUSに食って修理対応をしてもらうことなります。

ZenFone Maxのバッテリー交換・電池交換について

バッテリー容量:5000mAh リチウムポリマーバッテリー

ZenFone Maxのバッテリーは取り出せそうに見えて実は取り出せないようになっています。無理やり引っこ抜けば取り出せそうな気もしますが怖くて出来てません。

ZenFone MAX

バッテリー容量が売りのスマホだけに予備バッテリーを持って長期間充電出来ない環境の人向けにして欲しかったと思います。なお取り出しにくいためこちらも修理対応ですが他よりも電池容量が大きいため少し高くなると思います。

ZenFone Goのバッテリー交換・電池交換について

バッテリー容量:3010mAh リチウムポリマーバッテリー

ZenFone Goはバッテリーの取り出しが可能なので自分で交換が可能ですが、バッテリー単体がまだ発売されていないのでASUSでの修理対応になります。

ASUS ZenFone Go

ただ発売間もないのでまだ問題は無いと思いますし、ASUSも徐々にバッテリーの販売を開始していますし、人気のスマホだけに汎用バッテリーが発売される可能性は高いと思います。

なお互換バッテリーはamazonで販売されています。充電器セットとバッテリーのみ、両方出ています。

なお、メーカー保証が残っている場合において互換バッテリーを使ったために故障したのであればメーカー保証の対象外になる可能性がありますのでご注意ください。

ZenFone3(ZE520KL)のバッテリー交換・電池交換について

バッテリー容量:2650mAh リチウムポリマーバッテリー

ZenFone3は背面カバーを通常では開けられないためバッテリー交換は自分では出来ない仕様になっています。

ASUS ZenFone3(ZE520KL)

そのためASUSに修理扱いとして依頼をするか、ツクモ DOS/Vパソコン館に持ち込むかしないといけません。しかしバッテリー容量はそれほど大きく無いため工賃を含めて1万円くらいで可能ではないかと思います。

モバイルバッテリーも良いけどバッテリー単体の販売もして欲しい

今はモバイルバッテリーもいろいろな種類があって軽くても大容量なものも増えています。しかしバッテリーは消耗品なので自分で交換できるタイプのものはバッテリー単体で販売して欲しいと思います。出来ればASUSもZenFone2 LaserとZenFone Selfieに関してはバッテリーのみの販売を行っても良いのではないでしょうか?

自分で取り外せるのだから自分で交換したいし、何よりも修理ということはその間はスマホが使えない訳でこれは大きな問題になりますよね。もちろん修理の間、ASUSから代替機を貸してもらえる訳でもありません。1~2週間もスマホが使えない期間があるというのは大きな問題ですし、SIMフリースマホでバッテリー交換が自分で出来ない、もしくは自分で出来る仕様でもASUSのように修理対応しか行っていない場合非常に不便です。

SIMフリースマホ、格安SIMや格安スマホの問題はまだいろいろありそうですね。 修理に出す場合スマホの代替が必要であれば最悪レンタルをするということも考えた方が良いかもしれません。

参考

DMM.comがSIMフリースマートフォンのレンタルを開始。スマホ故障時にはおすすめかも

でもこういう点まで考えるとやはりキャリアの方が良いかもしれませんね。キャリアであればバッテリーは大体は店頭に在庫がありますし無くても取り寄せはしてくれて交換はほとんど店頭で行ってくれますし自分でも出来るモデルが多いと言えます。最悪メーカーに送ることになった場合でも代替機を貸してもらえる可能性もあります。 予備のスマホを持っていれば良いのですが予備スマホ無しで格安スマホだけに手を出すのは難しいかもしれません。

なお、故障・破損に関しては格安スマホでも格安SIM(MVNO)との同時契約であれば有償ですが代替機やスマホの交換を1~2日後には行ってくれるサービスを実施しているところもあります。不安な方はそういうサービスに入られるのが良いのではないでしょうか? 参考

格安スマホ本体はSIMカードとのセット購入(契約)が良いか?故障した時のことと代替機を考えよう!

ツクモ DOS/Vパソコン館で交換可能

秋葉原のツクモ DOS/Vパソコン館はASUSのフラッグシップ店舗としてもASUSファンには人気なのですが、ここで即日でバッテリー交換を行ってもらえるそうです。ただし1日5人まで。またバッテリーの在庫状況によってはお預かりになるとのこと。また液晶交換も応じてもらえるそうです。

急遽、バッテリー異常が発生して交換して欲しい時、秋葉原にすぐに行ける人には朗報ですね。

バッテリー交換を自分で行いたいのならFREETELだったけど

FREETELのスマホで電池が取り出せるタイプのものは公式サイトでもバッテリーのみを販売しています。こういう点は日本のメーカーだけに日本人の目線に立っていますね。

ASUSもこういう点はFREETELを見習って改善して欲しいものです。

ただし、FREETEL REI等、一部自分でバッテリー交換が出来ない機種もあります。というか最近増えています。

FREETEL eSHOPへ

なお、ASUSが好きだ、大好きだという方ならASUSのモバイルバッテリー ZenPowerを是非使って欲しいところ。

参考

モバイルバッテリー ASUS ZenPowerのラインナップが面白い!日本未発売商品も紹介

PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回10社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大13000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

楽天モバイル、最大96%OFF 年末年始大感謝セール開催中
人気のSIMフリースマホがセット価格でお買い得!!スマホ本体を安く購入したいのなら楽天モバイルがおすすめ!1月13日9:59まで

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

BIGLOBE SIMがお得に使える!
3GBでは足りない!という方ならBIGLOBE SIMがおすすめ!今なら月額1550円で使えます。2017年1月31日まで

docomoの携帯代を少しでも安くしたいのならこの記事がおすすめ!
家族2人以上でdocomoを使っている方なら確実にお得になるクレジットカードを紹介しています

スポンサーリンク

2755582