MVNO(格安スマホ・格安SIM)にする前に知っておきたい6つのこと

スポンサーリンク

最近、格安スマホとか格安SIMとかMVNOとか聞くようになって安くなるのならしてみようかな~と考えている方も多いかと思います。

でも以下に当てはまることで悩んでいるのならキャリア(docomo・ソフトバンク・au)にしておいた方が良いかと思います。

ある程度主観も入っていますがMVNOにしてから後悔しないためにも知っておいて欲しいことです。

キャリアメールは出来ない

これは何度も書いていますが、docomoなら「☓☓☓@docomo.ne.jp」を使ったメールは使えなくなります。ではどうするか?と言えば僕の場合はGmailというGoogleのフリーメールを使っています。元々AndroidのスマートフォンのOSであるAndroidはGoogleが開発したものであり、Gmailとの相性は凄く良いものとなっています。

キャリアメール以上の使い方が出来ます。

でも先日とある主婦の方にMVNOのスマホに出来ない理由として周りの友人の多くがガラケー(2つ折り等の昔からの携帯電話)を使っていたりして更にフリーメールを受信する設定にしていないためにそもそおGmailでのやり取りが出来ないためにMVNOには出来ないという方がいました。

いくらスマホが普及したと言っても50代以上の女性を中心にガラケーを使っている方はまだまだ大勢います。そういう方とメールをやり取りするのであればまだMVNOにはしない方が良いかもしれません。

ポイント1:キャリアメールしか受け取れない知人・友人とメールが出来なくなる

電話をかけることが多い、家族からかかってくることも多い

MVNOの携帯電話は基本的に通話料金が20円/30秒(税別)となっています。1分40円ですね。仮に1時間話したら2400円です。2時間なら4800円。恐らく80分以上話すのであればキャリアの携帯電話の方が安くなると言われています。もっとも最近は半額にすることが一般的になりつつあるので1時間1200円と見なしたら160分以上話すことがあるのであればキャリアの方が安いといえます。

これは多くのキャリアの携帯電話のプランで家族間の通話なら無料とかあるように家族でよく電話をするのであれば、キャリアの方が安くなります。

しかし、家族ならLINE等の通話アプリで話せば良いのではないかと思います。

家族以外によく電話をするのであればキャリアの携帯電話の方が良いでしょう。

ポイント2:通話(発信)をよくするのであればキャリアの方が安くなることがある

修理は遅いし代替え機も基本的に無い

一部のMVNOを除いて基本的に格安スマホと呼ばれるスマートフォンは故障した場合、メーカーに修理を出すことになります。またほとんどが海外が本拠地のメーカーであり日本のメーカーのようにいろいろと対応はしてくれませんし修理期間も非常に長いです。そして基本はこちらからメーカーに発送することになります。

またキャリアの場合は故障したとしても修理期間中は代替え機を貸してくれますが、MVNOはほとんどのところでそういうサービスはありません。

つまり故障してしまったら、修理の期間は長いし代替も無いとことになります(一部のMVNOを除く)。

携帯が無いと困る!という方には万が一のことを考えたらMVNOにはしない方が良いかもしれません。

ポイント3:修理はほとんどメーカーと直接になるし代替え機も無い

いろいろ聞きたくても基本的には聞けない

なんか調子が悪いな~とか、ちょっと聞きたいことがあるんだけどな~という場合、キャリアであればショップに行けばいろいろと教えてくれますし、調子が悪いのなら見てくれます。

しかしMVNOではほとんどの場合店舗が無い(あっても少ない)のでちょっと聞きたい、ちょっと見てもらいたいということが出来ません。

スマホに慣れていない方だと最初はいろいろと聞きたいですよね。

でも、まず聞けないと思った方が良いかもしれません。なお多くのMVNOはチャット(パソコンやスマホで文字によるリアルタイムのコミュニケーション)やTwitterによるサポートは行っていますが、これもスマホ初心者の方にはハードルが高い場合があると言えます。

ポイント4:ちょっと聞きたい、ちょっと見て欲しいが出来ないことがほとんど

間違った機種を選ぶと通話エリアが狭くなる

格安スマホと言うくらいだからスマホ本体の価格もかなり安いものがあります。でも安いからという理由で間違った機種を選んでしまうと今まで通話エリアだったのに通話エリアでは無くなっている場合も。特に海外のスマホを購入したら圏外が多くなったという事例もあります。

安いからというだけでスマホを選んでしまうと通話エリアでなくなることもあるので注意してください。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

SIMフリースマホ 本体 25モデル 対応バンド(周波数帯)まとめ
SIMフリースマホを購入する時に気をつけて欲しいのが対応周波数(対応バンド)です。 でも、スマホを初めて購入する方や今までキャリア(d...

ポイント5:間違った機種を選ぶ通話エリアが狭くなることがある

通信速度が遅くなることが多い

今まで別に遅いと感じたことが無いけどMVNOで格安スマホにしたら表示が遅くなった、メールの送信完了するのが遅くなったということがよく言われています。

これはMVNOがどれだけしっかりした設備投資をしているかどれだけ太い回線を用意しているかによるので無闇に安いから!ということでよく考えないで品質の低いMVNOにしてしまうと発生することがあります。速さだけで言えばやはりキャリアの方が基本的に速いですし安定しています。

遅くなるのが嫌ならキャリアのままが良いかもしれません。なお、遅いと言っても実用に耐えられないほど遅いものは今では少なくなっていますし今までスマホを使ったことが無い方ならそもそもこんなものかな?と思うので極端に気にする必要性はありません。

ポイント6:通信速度が遅く感じる、遅くなることが多い

まとめ

6つのポイントを紹介しました。

  • ポイント1:キャリアメールしか受け取れない知人・友人とメールが出来なくなる
  • ポイント2:通話(発信)をよくするのであればキャリアの方が安くなることがある
  • ポイント3:修理はほとんどメーカーと直接になるし代替え機も無い
  • ポイント4:ちょっと聞きたい、ちょっと見て欲しいが出来ないことがほとんど
  • ポイント5:間違った機種を選ぶ通話エリアが狭くなることがある
  • ポイント6:通信速度が遅く感じる、遅くなることが多い

ならやめようかな?と思う方もいるかもしれませんよね。

しかしMVNOにした方の多くは今までの携帯電話代よりも3分の1になった!と喜ばれている方が多数いることも確かです。

キャリアの携帯電話は確かに高いですが高いのにはやはり理由があるということです。そしてMVNOのメリットは何と言っても安さです。品質を求めるか安さを求めるか?これはやはりその人次第だと思います。

安さを選ぶか品質を選ぶかよく考えてからMVNOにしてくださいね。

お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582