【格安SIM おすすめ ランキング】速度の説明から速度比較まで計測結果を交えて徹底解説

スポンサーリンク

格安SIMを購入する時に、今まで使っていた大手キャリア(docomoやau)とくらべて通信速度が遅くなるのでは?と懸念される方も多いでしょう。実際に格安SIMは大手キャリアに比べて通信速度は遅いもののLINEやTwitter、Instagramとメインに使うのであれば、極端に通信速度が遅い格安SIMで無い限りは体感速度的に変わらないと感じるでしょう。反面、主にYouTube等の動画サイトをよく見るという人に限って言えば慎重に速い速度の格安SIMを選ぶ必要性があります。

実際に格安SIM18社・21プランを使っている立場から実際の格安SIMの速度計測の結果からおすすめの格安SIMをランキング形式で紹介していきます。

格安SIM アイキャッチ

目次

格安SIMの速度について

しかし格安SIMの速度って言われても意味が今ひとつ解らない・・・という方もいるでしょう。

「Mbpsとかダウンロードとか下りとか上りとかアップロードとかPingとか言われてもよく解らないんだよね~」

と思う方もいますよね。でもこれをきちんと把握しておかないと快適な格安SIMを選ぶことが出来ません。

それぞれについてわかりやすく説明します。

もっとも重要なのは、ダウンロード(下り)の速度

携帯電話の通信単位はMbpsという単位で表されますが、細かい意味は別に理解しなくても構いません。1Mbpsと10Mbpsでは10Mbpsの方が速いということだけは覚えておいてください。数字が大きくなればなるほど通信速度が速くなります。

なお1000kbps=1Mbpsです。Mbpsは「メガビーピーエス」と読みます。kbpsは「キロビーピーエス」と読みます。このダウンロード(下り)の速度がもっとも重要です。

ではダウンロード(下り)速度とは何かと言えばデータを読み込む場合の速度のことです。メールを受信したりLINEを受信したり検索結果を見たり、YoutTubeで動画を見るということはデータを読み込む訳です。その読み込む速度がダウンロード(下り)になるのでもっとも重要ということになります。

では実際にどれだけの速度が必要かと言えば、メール、LINE、Twitter、検索なら1Mbpsあれば充分だと言われていますし、僕もそう思います。Facebookアプリを使ってFacebookを見るのなら2Mbpsくらいは欲しいところです。。YouTubeを見るのなら理想的には3Mbpsです。YouTubeは画質を変えられるので多少画質が悪くても良いのなら2Mbpsあれば良いでしょう。ただしこれは2Mbpsを割り込まないことが必要なので実際には3Mbps出ている方が安全です。

実際に感覚的な数字になりますが経験上下記のような感じです。

  • メール・LINE・Twitter・検索=1MbpsあればOK
  • Facebookアプリ・地図アプリ=2MbpsあればOK
  • YouTube=3MbpsあればOK

なお「LTE対応で速い!」とよく格安SIMのサイトには書かれていますが、いくらLTEに対応していても混雑していたり借りている回線が少ないのに多くの人が使っていれば遅くなります。

「150Mbpsの高速LTE」と書かれていても実際には最大でも30Mbpsくらいまでしか出ないところがほとんどです。12時台なんて1Mbpsを切るところもザラです。

アップロード(上り)の速度

下り速度と反対なのがアップロード・上り速度です。

アップロード速度=上り速度 です。

メールを送信したり、LINEでメッセージや画像を送る場合がアップロードになります。Instagram等で画像を沢山アップして快適に使いたい場合は上り速度が速い方が良いことになります。

ただし表示をさせるのはデータを読み込むことになるのでダウンロードです。

格安SIMはアップロードは比較的好調なのであまり意識しなくても構いません。

Pingは反応速度

もう1つ、格安SIMで重要な速度がPingです。

Screenshot_2015-11-18-12-56-48

上記の画像は通信速度を計測するアプリの通信速度を計測した結果です。ダウンロード速度・アップロード速度があって一番右がPingです。これはダウンロードやアップロードと異なり数字が小さくなればなるほど良いことになります。

Pingは簡単に言えば反応速度です。

陸上の短距離走を想像して欲しいのですが、トップスピードが速いだけでは駄目ですよね。スタートの反応が重要です。極端な例ですが仮に1メートル走があったとします。この場合別にトップスピードよりも反応速度が速い方がゴールに速く飛び込みますよね。

仮に5MBという容量のデータをダウンロードするのに1秒で1MBを受信出来る速度と1秒で5MB受信出来る速度の場合、当然1秒で5MB読み込む方は1秒で読み込めます。1秒で1MB読み込むのなら5秒かかります。

しかし反応するまでに1秒で1MB受信出来る方は1秒かかったとして合計で6秒です。1秒で5MB受信出来る方は反応するまでに5秒かかったら合計で6秒です。

  • 1秒で5MBデータを受信出来るが受信開始するまでの反応に5秒かかる=合計6秒
  • 1秒で1MBデータを受信出来るが受信開始するまでの反応に1秒かかる=合計6秒

これは極端な例ですが、2MbpsでPingが200と1MbpsでPingが30の通信速度でそれぞれヤフーのトップページを見た場合、1Mbpsのダウンロード速度の方が速く表示されます。

なのでダウンロード速度とPingのバランス、両方を見るのが大切なことになります。ただしPingがここまで極端に異なることは稀なのでやはり一番重要な速度はダウンロード(下り)になります。

通信速度は変化する

なお、通信速度は先にも書いていますが利用者が増えたのに増強しなければ遅くなります。また使う人が多い時間も遅くなります。そして人の数は地域・場所によっても変化します。だから1箇所の計測だけで速い・遅いを比較するのはその地域だけに関して言えば有効ですが、地域を特定しないためにはいろいろな場所で測定することが重要です。

また数秒違うだけで速度が全く違うこともあるので速度比較を行う場合は出来るだけ同時に行うことが重要になります。

なので弊ブログは都内を中心にいろいろなところでほぼ同時に計測しています。そして月に1回行った分をまとめています。

2016年4月の格安SIMの通信速度 比較 まとめ

2016年4月はまだ何回か計測する予定なので5月上旬にアップする予定です。

現時点までのものは下記記事をご覧ください。

2016年4月版・格安SIM(MVNO)及びMNO大手18社21プランの通信速度比較のまとめ&おすすめ格安SIM
2016年4月の格安SIM(MVNO)やMNO(docomo等)、18社21プランの通信速度の結果です。東京23区内で計測をしています。デー...

2016年3月の格安SIMの通信速度 比較 まとめ

弊ブログは月に数回都内及び近郊で格安SIMの通信速度を計測しています。基本は東京 なので関西や東北、九州の方はあまり参考にならないかもしれませんが、傾向は似ているので比較対象の1つとして見てもらえれば幸いです。

2016年3月は3回東京都内にて計測を行いました。

3月に計測した結果は下記の記事をご覧ください。

ダウンロード(下り)速度

下り速度のまとめです。下り速度がもっとも重要な数字と言われています。単位はMbpsです。

クリックで拡大します。

2016年3月MVNO速度計測ダウンロード結果

好調なところを黄色で色塗りしています。FREETEL、UQモバイル、mineo(Aプラン)が好調でした。

携帯電話の通信速度は12時台がもっとも落ち込むため、12時台のみをまとめたのが下記になります。

クリックで拡大します。

201603hiru

FREETELだけが好調な結果となっていますが、DTI SIM、NifMo、UQモバイル、U-mobileも中々良い数値だと言えます。

アップロード(上り)速度

上りの速度です。クリックで拡大します。

201603ulall

好調なのはUQモバイルとmineoになっています。この2社はダウンロードも好調です。

Ping・反応速度

Pingの速度です。クリックで拡大します。

201603pingall

Pingが好調なところが多いのですが、IIJ及びIIJをMVNE元としているところ(DMMモバイル・イオンモバイル)はPingが遅い傾向にあるため、ダウンロード速度がそこそこ速くないと厳しいのですが、ダウンロードもそれほど速くは無いため少しきつい状況になっていると言えます。

速度のまとめ・比較

図だと見づらいので、平均と偏差値でまとめてみました。ダウンロード速度の平均が速いものから順に表しています。

項目 平均 偏差値 平均 偏差値 平均 偏差値 平均 偏差値
時間帯等 12時台 12時台 全体 全体 全体 全体 全体 全体
速度種別 ダウン
ロード
ダウン
ロード
ダウン
ロード
ダウン
ロード
アップ
ロード
アップ
ロード
Ping Ping
ワイモバイル 24.30 109.17 28.31 87.47 12.37 78.25 30 55.24
UQモバイル(VoLTE) 2.67 47.60 17.20 68.84 7.67 63.72 43 53.15
UQモバイル 1.56 44.45 15.71 66.34 6.69 60.68 46 52.68
docomo 14.61 81.58 10.60 57.77 4.48 53.85 46 52.72
WiMAX2+ 4.68 53.33 8.84 54.83 1.89 45.83 103 43.62
FREETEL 11.02 71.37 8.20 53.76 1.95 46.03 46 52.71
mineo(au・VoLTE) 0.72 42.04 8.07 53.53 8.95 67.67 85 46.58
mineo(docomoプラン) 0.99 42.81 3.39 45.68 1.64 45.06 76 47.89
NifMo 1.91 45.44 3.34 45.61 1.32 44.07 49 52.24
DTI SIM 3.27 49.31 2.92 44.90 0.91 42.81 74 48.33
BIGLOBE 0.51 41.46 2.79 44.68 1.83 45.66 42 53.42
イオンモバイル 0.45 41.28 2.77 44.64 2.32 47.19 88 46.06
楽天モバイル(新) 0.85 42.41 2.63 44.41 2.18 46.74 64 49.81
IIJmio 0.49 41.39 2.58 44.33 1.35 44.17 104 43.60
G-Phone 0.70 41.99 2.47 44.14 1.82 45.62 48 52.46
OCNモバイルOne 0.93 42.63 1.63 42.73 1.47 44.55 73 48.37
U-mobile(無制限) 2.02 45.74 1.58 42.65 2.07 46.39 63 49.95
DMMモバイル 0.43 41.22 1.38 42.32 2.05 46.35 90 45.77
ぷらら(無制限) 0.70 41.99 1.17 41.96 2.27 47.03 67 49.37
b-mobile 0.51 41.46 1.16 41.94 2.58 47.98 70 48.93
UQモバイル(無制限) 0.47 41.35 0.50 40.84 0.54 41.66 43 53.24
平均 3.51 50.00 5.96 50.00 3.23 50.00 63 50.00

格安SIMで数値を見て良いところには青色の太文字で示しています。ダウンロード速度の平均値が遅くても12時台の速度やPingの速度、過去の速度を鑑みて青色太文字にしてあります。

やはりトータルではUQモバイルがもっとも速く安定しています。続いてFREETEL、mineo、NifMoと続いている状況です。楽天モバイルは12時台及びPingの速度が割りと速くなっています。

G-Phone・U-mobileも12時台は検討していると言えるでしょう。

2016年2月の格安SIMの通信速度 比較 まとめ

2016年2月は3回東京都内にて計測を行いました。

2月に計測した詳細は下記の記事をご覧ください。

ダウンロード(下り)速度

下り速度のまとめです。単位はMbpsです。

クリックで拡大します。

2016年2月格安SIMダウンロード速度結果

好調なところが黄色、それなりに好調なところを薄い黄色にしてあります。FREETEL、楽天モバイル、UQモバイル、NifMo、mineo(Aプラン)が好調でした。

この傾向はあまり1月と変わっていませんがNifMoが伸びてきています。帯域の拡大を行ったものと思われます。

もっと速度が低下する12時台のみのダウンロード速度が下記のものです。

クリックで拡大します。

2016年2月格安SIMダウンロード速度結果12時台

やはりMNOが強い結果になっていますが、FREETELが好調です。また薄い黄色のところも好調と言えます。格安SIM(MVNO)で薄い黄色のところ(U-mobile,DTI SIM,UQモバイル)のようにこれだけの速度が12時台で出ているのはかなり良いところとなります。普通は1Mbpsを切ってきますから。

アップロード(上り)速度

上りの速度です。クリックで拡大します。

2016年2月格安SIMアップロード速度結果

基本的にほとんどのところはアップロードに関しては良い数字になっています。人気の画像SNS Instagramでアップロードを多様するのなら格安SIMを使うのが良いでしょう。

Ping・反応速度

Pingの速度です。クリックで拡大します。

2016年2月格安SIMのPing速度結果

ダウンロード速度が多少遅くてもPing(反応速度)が速ければ快適に使える傾向にありますので参考にしてください。

速度のまとめ・比較

図だと見づらいので、平均と偏差値でまとめてみました。ダウンロード速度の平均が速いものから順に表しています。

速度種別 ダウン
ロード
ダウン
ロード
ダウン
ロード

ダウン
ロード

アップ
ロード
アップ
ロード
Ping Ping
項目 平均 偏差値 平均 偏差値 平均 偏差値 平均 偏差値
時間帯等 12時台 12時台 全体 全体 全体 全体 全体 全体
ワイモバイル 29.21 118.36 30.24 86.29 14.19 76.99 29 54.76
UQモバイル(VoLTE) 2.47 46.61 16.59 65.39 5.68 54.80 40 52.74
UQモバイル 2.26 46.07 14.61 62.36 5.16 53.45 39 53.04
docomo 9.62 65.80 11.44 57.51 5.49 54.31 50 50.91
楽天モバイル(新) 3.24 48.68 9.22 54.12 5.82 55.17 40 52.81
NifMo 1.45 43.88 7.31 51.19 2.92 47.62 48 51.40
FREETEL 8.25 62.13 6.76 50.35 3.44 48.96 52 50.60
mineo(au・VoLTE) 0.65 41.75 6.54 50.01 6.58 57.16 77 46.06
WiMAX2+ 7.48 60.06 4.89 47.49 1.80 44.70 60 49.17
DTI SIM 3.15 48.45 3.48 45.33 1.40 43.66 58 49.45
IIJmio 0.48 41.27 2.93 44.49 1.90 44.95 97 42.50
mineo(docomoプラン) 0.62 41.65 2.56 43.92 2.69 47.02 81 45.31
OCNモバイルOne 0.87 42.34 2.25 43.44 2.69 47.02 64 48.49
BIGLOBE 0.67 41.79 2.16 43.31 4.09 50.66 49 51.14
G-Phone 0.58 41.56 2.06 43.16 2.65 46.91 39 52.99
DMMモバイル 0.46 41.23 2.02 43.09 1.98 45.16 100 41.93
U-mobile(無制限) 1.66 44.44 1.97 43.02 3.21 48.37 50 50.96
b-mobile 0.53 41.43 1.69 42.59 1.74 44.54 45 51.81
ぷらら(無制限) 0.47 41.25 1.10 41.68 2.22 45.78 50 51.03
UQモバイル(無制限) 0.46 41.23 0.51 40.78 0.53 41.38 41 52.58
平均 3.73 50.00 6.53 50.00 3.84 50.00 55 50.00

いつも通り速いのはUQモバイル、楽天モバイル、FREETEL、DTI SIMですが、今回はNifMoが上位に来ています。ただNifMoは一時期凄く遅くなってしまったのでこの傾向が続くかどうかウォッチしていきたいところです。

ワイモバイルは格安SIM(MVNO)ではありませんが、docomoやau、SoftBankよりは月々の料金が安くなっており、電話を沢山かける人(月3時間以上が目安)なら格安SIMよりもお得になっています。

FREETELは 料金設定が他とは異なるので注意が必要ですが、docomo回線を使った格安SIMの中では最速と言えます。FREETELは月々のデータ通信容量にかな り隔たりがある人には最適な格安SIMになっていますが、月々のデータ通信容量があまり変わらない人だとコスパは少々悪くなります。

楽天モバイルは人気のSIMフリースマホとセットで購入したいと考えている方には非常におすすめの格安SIMです。2016年2月より通話を短い時間でよくする人にお得なプランが出ています。かなりおすすめです。

そしてUQモバイル、安定した速さを持っています。docomo回線を使った格安SIMは遅くなる時間帯が激しいのですがUQモバイルはau回線を使っており速度の安定性ならもっとも安定していると言えます。お得なプランを打ち出してきているので一番のおすすめです!なお一番下位にもUQモバイルがありますが、これは最高速度が500kbpsの無制限SIMなので致し方ないものです。

無制限SIMならU-mobileが一番早く安定しています。

また今回は下位になってしまいましたが、BIGLOBE SIMG-Phoneに関して言えば安心・安全に使えるということでお子さん向けにはかなりおすすめです。

2016年1月の格安SIMの通信速度 比較 まとめ

2016年1月は少し忙しく2回しか全体では計測出来ませんでした。

1月に計測した詳細は下記の記事をご覧ください。

ダウンロード(下り)速度

下り速度のまとめです。

下記の図はクリックで拡大します。

201601dl01

黄色が好調なところで、薄い黄色が続いて好調なところです。FREETEL・楽天モバイル・UQモバイルが好調で、続いてG-Phone、mineo(Dプラン)、BIGLOBE SIMが続いています。

この傾向は12月からあまり変化していません。

もっと速度が低下する12時台のみのダウンロード速度が下記のものです。

クリックで拡大します。

201601dl02

ほぼ同じ傾向が見られます。

今回docomoの速度は速いのですが今までと比べて遅くなってきています。MVNOとかわらなくなるとかdocomoの価値が薄れてきていますね。

アップロード(上り)速度

上りの速度です。

201601ul01

傾向としては下りが好調なところは上りも好調な数値になっています。

Ping・反応速度

Pingの速度です。

201601ping01

全体的に好調ですが、ダウンロード・アップロードで好調なところはそのまま好調ですね。

速度のまとめ・比較

図だと見づらいので、平均と偏差値でまとめてみました。ダウンロード速度の平均が速いものから順に表しています。

速度種別 ダウン
ロード
ダウン
ロード
ダウン
ロード
ダウン
ロード
アップ
ロード
アップ
ロード
Ping Ping
項目 平均 偏差値 平均 偏差値 平均 偏差値 平均 偏差値
時間帯等 12時台 12時台 全体 全体 全体 全体 全体 全体
ワイモバイル 26.37 100.52 31.13 78.62 8.97 80.91 23 55.67
FREETEL 8.48 59.47 18.36 62.79 3.10 54.15 47 50.95
楽天モバイル(新) 4.24 49.72 15.91 59.74 2.28 50.40 41 52.09
docomo 7.88 58.08 11.85 54.70 2.93 53.38 36 53.11
UQモバイル(VoLTE) 6.30 54.47 11.70 54.51 2.33 50.62 37 52.84
UQモバイル 7.05 56.17 8.19 50.16 2.73 52.44 35 53.22
mineo(docomoプラン) 1.88 44.30 7.23 48.97 1.72 47.84 79 44.85
G-Phone 3.05 47.00 6.98 48.66 1.88 48.58 39 52.49
BIGLOBE 3.17 47.28 6.83 48.47 1.87 48.55 40 52.41
mineo(au・VoLTE) 1.23 42.82 6.29 47.81 2.60 51.83 74 45.82
IIJmio 2.49 45.72 6.04 47.49 1.48 46.73 85 43.79
WiMAX2+ 6.92 55.88 5.36 46.65 1.21 45.53 104 40.12
DMMモバイル 2.26 45.18 5.29 46.57 1.50 46.82 69 46.73
NifMo 2.09 44.80 4.93 46.11 1.21 45.49 57 49.13
b-mobile 0.83 41.90 4.04 45.02 1.59 47.27 37 52.90
OCNモバイルOne 1.64 43.77 3.62 44.49 1.64 47.48 70 46.67
DTI SIM 2.34 45.37 3.14 43.90 1.08 44.94 43 51.75
U-mobile(無制限) 2.16 44.95 2.33 42.89 0.95 44.32 40 52.42
ぷららモバイル(無制限) 0.77 41.77 1.47 41.82 2.28 50.39 40 52.30
UQモバイル(無制限) 0.48 41.10 0.51 40.63 0.52 42.35 48 50.73
平均 4.36 50.00 8.06 50.00 2.19 50.00 52 50.00

2015年12月の格安SIMの通信速度 比較 まとめ

12月は5箇所で計測をしています。

上記4回の速度計測をまとめました。

ダウンロード(下り)速度

下り速度のまとめです。単位はMbpsです。

下記の図はクリックで拡大します。

12月格安SIM 速度計測 比較 一覧

黄色が好調なところです。今回の気付きとしては、docomoが後半速度低下していたということ。そして今回より新規で計測をし始めた楽天モバイルの新しいSIMを加えたところ、絶好調だったということです。

楽天モバイルは2015年10月5日以前の申し込みと2015年10月6日以降の申し込みで、docomoから借りている回線の質が異なります。以前は途中で別のMVNOが入って又借りしていたのですが10月6日以降申し込み分はdocomoから直接借りた回線を使っています。その分通信速度が劇的に改善しています。

反面、11月まで好調であったmineoが低下気味です。特にau回線を使ったAプラン(VoLTE対応SIM)はかなり悪化しています。

上記の図から千葉県と除き都内だけにしたものが下記の図です(クリックで拡大)。

12月格安SIM 速度計測 比較 一覧

ここでも傾向的には同じで楽天モバイル・UQモバイル・FREETELが好調に推移しています。

そして一番速度が低下する12時台のみを見てみます(クリックで拡大)。

12月格安SIM 速度計測 比較 一覧

12時台に速いのはもう決まってきていますね。UQモバイルとFREETELと楽天モバイルです。

アップロード(上り)速度

上り速度です。

12月格安SIM 速度計測 比較 一覧

ダウンロードと比較的似た傾向にあります。

Ping・反応速度

続いてPingです。

12月格安SIM 速度計測 比較 一覧

どこも比較的好調な数字になっています。

速度のまとめ・比較

今回の結果をまとめて見やすく表にしました。

項目 ダウン
ロード
速度
ダウン
ロード
速度
ダウン
ロード
速度
ダウン
ロード
偏差値
ダウン
ロード
偏差値
ダウン
ロード
偏差値
アップ
ロード
速度
Ping
区分 全体
平均
都内
平日
平均
12時台
平均
全体 都内
平日
都内
12時台
平均 平均
docomo 10.25 9.47 9.00 57.75 55.48 61.87 5.09 49
ワイモバイル 20.31 19.76 19.02 75.17 72.32 86.21 12.27 38
WiMAX2+ 5.69 5.87 5.92 49.86 49.61 54.38 1.09 157
IIJmio 2.50 2.66 1.18 44.33 44.34 42.86 1.74 91
NifMo 3.81 4.10 1.16 46.60 46.71 42.81 2.21 60
b-mobile 2.52 2.66 0.66 44.36 44.35 41.59 2.06 41
FREETEL 8.44 8.94 11.93 54.62 54.61 68.99 1.62 73
OCNモバイルOne 2.27 2.33 1.02 43.94 43.81 42.47 1.51 69
DMMモバイル 3.03 3.44 1.26 45.25 45.63 43.06 1.88 75
G-Phone 3.56 4.18 1.98 46.17 46.84 44.81 2.55 40
U-mobile(無制限) 3.00 3.33 2.97 45.20 45.45 47.22 4.05 38
楽天モバイル(新) 12.93 12.93 8.12 62.39 61.14 59.72 3.08 37
楽天モバイル(旧) 5.07 4.90 1.29 48.77 48.01 43.12 4.71 48
mineo(docomoプラン) 4.33 4.77 1.59 47.49 47.80 43.85 1.96 80
BIGLOBE 4.42 4.28 2.17 47.65 47.00 45.27 3.66 44
DTI SIM 4.69 4.69 3.61 48.12 47.67 48.77 2.69 62
UQモバイル 9.78 11.95 4.38 56.93 59.55 50.64 4.20 37
UQモバイル(VoLTE) 8.68 10.38 5.74 55.03 56.97 53.95 3.40 42
UQモバイル(無制限) 0.54 0.55 0.51 40.94 40.90 41.25 0.48 42
mineo(au・VoLTE) 2.71 2.91 0.58 44.69 44.75 41.41 3.28 76
平均 5.77 6.11 4.12 50.00 50.00 50.00 3.19 61

数値が良いところは、青色・太文字で表示しています。

FREETEL・楽天モバイル・UQモバイルが好調でつづいてBIGLOBEやDTI SIM、U-mobileが続いています。

2015年11月の格安SIMの通信速度 比較 まとめ

11月は全部で6箇所で計測しています。

上記6回の速度計測をまとめました。

ダウンロード(下り)速度

下り速度をまとめたものが下記になります。クリックで拡大します。

2015年格安SIM 下り速度結果まとめ

黄色が好調なところを指しています。docomoやワイモバイルの大手キャリアはやはり安定して速いことがわかります。またFREETELやUQモバイル、mineoも好調なのがわかりますよね。

ただし色塗りしていないところでも安定して1Mbps前後出ている格安SIMもありますよね。例えばU-mobileのデータ容量無制限のSIMがそうです。OCNモバイルOneも好調なのが解ると思います。

上記の速度で都内・平日のみにしたのが下記のものです。

11dl02

これを見るとOCNモバイルOneやDMMモバイル、BIGLOBEもそれなりに好調なのがわかりますよね。

この中で12時台のみ抜き出してみます。12時台はもっとも速度低下する時間帯なのでこの時間帯に速い格安SIMを選ぶことで遅いというイライラ感はかなり改善出来ます。

11dl03

FREETEL、OCNモバイルOne、Umobile(無制限)、mineo(Dプラン)、UQモバイルが好調です。

アップロード(上り)速度

アップロード速度です。同じくクリックで拡大します。

2015年格安SIM 下り速度結果まとめ

上り速度は大きなデータをアップロードしない限りそれほど気にしなくても良いと言えます。言い換えればInstagramや動画アップを目的としているのならアップロード速度は気にした方が良いでしょう。

ここで好調なのは楽天モバイルとUQモバイル、mineo(Aプラン)です。UQモバイルはダウンロードでも速いのでおすすめの格安SIMです。

Ping・反応速度

Pingの数値です。クリックで拡大します。

2015年格安SIM Ping速度結果まとめ

特に優秀なものは青色で塗りつぶし白文字にしています。

ここでもFREETEL、U-mobile(無制限)、BIGLOBE、UQモバイルが出てきています。

速度のまとめ

実際の速度を表でまとめてみました。

項目 速度 速度 速度 偏差値 偏差値 偏差値 アップ
ロード
Ping
区分 全体 都内
平日
都内
12時台
全体 都内
平日
都内
12時台
平均 平均
docomo 17.57 19.34 17.67 65.49 67.33 82.96 6.93 42
ワイモバイル 23.32 23.41 21.06 73.83 73.09 91.19 18.68 28
IIJmio 4.19 4.12 0.60 46.08 45.82 41.46 3.31 96
NifMo 4.25 3.95 0.71 46.17 45.58 41.73 3.15 61
b-mobile 1.49 0.66 0.65 42.16 40.94 41.58 2.87 49
FREETEL(新SIM) 10.65 12.38 15.29 55.45 57.50 77.17 3.55 36
OCNモバイルOne 4.47 5.52 1.03 46.49 47.80 42.51 4.04 51
DMMモバイル 4.70 4.58 0.59 46.81 46.47 41.43 4.39 82
U-mobile 0.91 0.92 0.39 41.32 41.30 40.96 4.51 37
U-mobile(無制限) 1.46 1.62 1.27 42.12 42.29 43.08 4.10 34
楽天モバイル 1.91 2.33 0.52 42.77 43.29 41.26 7.65 40
mineo(Dプラン) 6.35 6.48 2.15 49.21 49.15 45.23 3.10 66
BIGLOBE 4.01 4.38 1.21 45.82 46.18 42.93 3.66 42
参考WiMAX 6.13 5.90 6.10 48.90 48.33 54.82 2.00 209
UQモバイル 14.22 12.26 1.38 60.64 57.32 43.36 8.38 36
UQモバイル(VoLTE) 11.64 11.64 1.37 56.88 56.44 43.33 4.69 48
UQモバイル(無制限) 0.50 0.49 0.44 40.73 40.70 41.07 0.48 41
mineo(Aプラン) 10.36 8.02 1.43 55.04 51.33 43.48 10.58 67
平均 6.89 7.08 4.11 50.00 50.00 50.00 5.25 59

良い数字には青色太文字で表記しています。

ワイモバイルは格安SIMとは言えませんが、通話が多い人ならdocomoやauよりも断然安くなるためおすすめ出来ます。またFREETELやmineo(Dプラン)、UQモバイルは格安SIMの中ではおすすめ出来るものとなっています。

格安SIM速度ランキング ベスト10プラス

2015年11月から2016年3月までのダウンロード速度の偏差値でランキングを作ってみました。平均値が良い順にしてあります。

年月 2015年
11月
2015年
12月
2016年
1月
2016年
2月
2016年
3月
平均
ワイモバイル 73.83 75.17 78.62 86.29 87.47 80.28
UQモバイル(VoLTE) 56.88 55.03 54.51 65.39 68.84 60.13
UQモバイル 60.64 56.93 50.16 62.36 66.34 59.29
docomo 65.49 57.75 54.70 57.51 57.77 58.64
FREETEL(新SIM) 55.45 54.62 62.79 50.35 53.76 55.39
楽天モバイル(新) 62.39 59.74 54.12 44.41 55.17
mineo(Aプラン) 55.04 44.69 47.81 50.01 53.53 50.22
WiMAX2+ 48.90 49.86 46.65 47.49 54.83 49.55
NifMo 46.17 46.60 46.11 51.19 45.61 47.14
mineo(Dプラン) 49.21 47.49 48.97 43.92 45.68 47.05
BIGLOBE 45.82 47.65 48.47 43.31 44.68 45.99
楽天モバイル 42.77 48.77 45.77
IIJmio 46.08 44.33 47.49 44.49 44.33 45.34
G-Phone 48.66 43.16 44.14 45.32
DMMモバイル 46.81 45.25 46.57 43.09 42.32 44.81
DTI SIM 43.90 45.33 44.90 44.71
イオンモバイル 44.64 44.64
OCNモバイルOne 46.49 43.94 44.49 43.44 42.73 44.22
b-mobile 42.16 44.36 45.02 42.59 41.94 43.21
U-mobile(無制限) 42.12 45.20 42.89 43.02 42.65 43.18
ぷららモバイル(無制限) 41.82 41.68 41.96 41.82
U-mobile 41.32 41.32
UQモバイル(無制限) 40.73 40.94 40.63 40.78 40.84 40.78

1位:UQモバイル

UQモバイルはau回線を使った格安SIMです。VoLTE対応とVoLTEに対応していないSIMカード、2種類を出しています。どちらも速いので使うスマホで選んでもらえれば良いかと思います。

数字的にはdocomoよりも良い結果になっており、回線速度はずっと安定して速くなっています。速度重視ならばUQモバイルがイチオシです!

>>UQモバイル(公式サイト)へ

2位:FREETEL

FREETELはdocomo回線を使った格安SIMです。特に12時台の速度は目を見張るものがあります。docomo回線の格安SIMで速度重視ならFREETELがイチオシとなります。

また自社で設計開発を行っているSIMフリースマホもFREETELは人気です。

>>FREETEL(公式サイト)へ

3位:楽天モバイル

2016年3月は遅かったものの4月は回復してきています。3月のみ遅くなっていたと考える方が良いでしょう。

docomo回線を使った格安SIMであり、セットのスマホも充実しており、おすすめ出来る格安SIMとなっています。

>>楽天モバイル(公式サイト)へ

4位:mineo(Aプラン)

mineoはdocomo回線を使った格安SIMとau回線を使った格安SIM、両方の取り扱いがありますが4位はau回線を使ったものの方です。比較的安定した速度にはなっています。

またUQモバイル同様、VoLTE対応と非対応があるので使うスマホで選ぶようにしてください。

>>mineo(公式サイト)へ

5位:NifMo

一時期、速度は落ち込んでいましたが、徐々に回復してきており5位にランクインしています。

>>NifMo(公式サイト)へ

6位:mineo(Dプラン)

4位のmineoはau回線ですが6位のmineoはdocomo回線を使った格安SIMです。ネットからの会員数の増加は目を見張るものがある格安SIMです。ネット上ではかなりファンが居てファン同士の交流も活発です。

>>mineo(公式サイト)へ

7位:BIGLOBE SIM

特別速い訳ではありませんが安定しているのがBIGLOBE SIMです。BIGLOBE電話という仕組みがあり月に1時間までの通話ならもっとも月額費用が安く済む格安SIMです。

>>BIGLOBE SIM(公式サイト)へ

8位:IIJmio

格安SIMの中でもかなり老舗であり、ネットの評判では実に良いのがIIJです。ただ速度はそれなりですが、反応速度であるPingが非常に遅いため実際にはベスト10には入れるべきでは無いと思いましたが、実際のダウンロード速度での順位なので8位になっています。

>>IIJmio(公式サイト)へ

9位:G-Phone

あまり有名では無い格安SIMですが、サポートや保証を含めると最安値級の格安SIMです。初心者にもっとも向いていると言えます。また格安スマホをプレゼントするのにも向いています。高齢者やお子さんに持たせるのならG-Phoneはかなりおすすめです。

>>G-Phone(公式サイト)へ

10位:DMMモバイル

8位のIIJmio同様、Pingが遅いためベスト10入りさせることには躊躇がありますがダウンロード速度では10位になっているので10位としました。価格的には非常に安いのでコスパを求める方には良いかもしれません。

>>DMMモバイル(公式サイト)へ

個人的おすすめで11位は、U-mobile(無制限)

下位にはなっていますが、月間のデータ通信容量が無制限のSIMの中では最速なのがU-mobileです。安定して1Mbps以上の速度になっていることが多くデータ通信量を気にせずに使いたい方にはおすすめです。

>>U-mobile(公式サイト)へ

おすすめ格安SIMランキング

2015年11月~2016年4月の結果及び過去の結果からおすすめの格安SIMをランキング形式で紹介します。

過去の結果は下記のものです。

11月におすすめの格安SIMランキング !MVNO各社の格安SIM 速度比較 2015年10月のまとめ
この記事は2015年10月の格安SIMの速度計測結果から書いたものです。2015年11月の速度計測結果(最新版)は下記の記事になります。>>...
docomo系MVNO 格安SIM 速度比較 2015年9月のまとめ。10月におすすめの格安SIMランキング
下記の記事は2015年9月に行ったものを書いています。2015年10月に行ったものは既にアップしておりますので最新のものをご希望であれば下記...

月3GBのデータ容量SIM・おすすめランキング

まずは月3GBのパケット通信容量でおすすめの格安SIMからです。格安SIMを購入する際、もっとも契約されているのが月3GBのデータ容量の格安SIMです。

1位・UQモバイル

UQモバイル

おすすめ第1位はau回線を使ったUQモバイルです。11月の中頃から速度低下していると言えばしているのですがそれでも他の格安SIMと比べた場合、安定した速度を出していますしアップロードやPingの速度も見るとトータルではもっとも安定した格安SIMになっていると言えます。

au回線を使った格安SIMのためdocomoやSoftBankの端末を使うことは出来ませんがauのLTE対応端末であればそのまま使ってテザリングも行うことが出来ます。docomoの場合、Androidのスマホではテザリングがほぼ出来ないためそれが欠点になっているとも言えます。

なおVoLTEに対応したauのスマホはSIMロック解除してUQモバイルの中でもVoLTE対応SIMを選ぶ必要性があるので注意してください。

また機種は限定されますが、キャリアメールが唯一使える格安SIMにもなっています。スマホとセットで購入するのであればおすすめです。お得なキャンペーンも開催中です。

>>UQモバイル(公式サイト)へ

2位・楽天モバイル

12月に入って計測をしていたところ、楽天モバイルの通信速度が劇的に改善しています!

元々スマホとセットで購入するのならオススメのMVNO・格安SIMだけにこれだけ改善されているのならかなりおすすめです。mineoが最近遅くなってきているので楽天モバイルの方が良いでしょう。また楽天ポイントを集めているのなら更にお得です。アップロードの速度が速いのでInstagramをよく使うとか動画をアップするという方にはオススメできます。

また常に何かしらのキャンペーンをしており、人気のSIMフリースマホとセットで購入するのならおすすめです!

>>楽天モバイル(公式サイト)へ

3位・mineo(Dプラン)

mineo

mineo はau回線を使った格安SIMとdocomo回線を使った格安SIM、両方を展開していますがおすすめはdocomo回線を使った格安SIMの方です。 au回線ならやはりUQモバイルが優秀なので、au回線を使ったmineoはおすすめしにくいということがあります。

またmineoは家族で使う場合にもおすすめです。というのも家族割があるからです。家族で使えば金額は低い(1人辺り50円の割引)ですが割引が受けられます。もともと安い基本料金なので50円でも安くなればありがたいですよね。

また12時台でダウンロード速度が平均2Mbps以上というのは非常に評価出来ます。

>>mineo(公式サイト)へ

4位・BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMはdocomo回線を使った格安SIMです。プラス650円を出せば月1時間ほどの通話が出来るオプションもあります。

BIGLOBEは3GBというよりはその上の月6GBや12GBのプランもあり、動画を多く楽しみたいという方にもおすすめしやすい格安SIMになっています。速度も12時台でも1Mbps以上の平均ダウンロード速度があり比較的快適に使えます。

またスマホとセットで申し込む場合、SIMフリースマホで人気の機種も多く選べる楽しさもあると言えます。

>>BIGLOBE SIM(公式サイト)へ

5位・OCNモバイルOne

格安SIMの中でシェアNo.1がOCNモバイルOneです。つまり日本で最も使われている格安SIMだと言えます。それなのに安定した通信速度を保っています。これはある意味スゴイことだと言えます。安定性・安心を重視するのなら格安SIM最大手を選ぶのも良いですよね。

またOCNモバイルOneは自社のサイトで直接SIMカードを販売していません。OCNモバイルOneのサイトからamazonにいってamazonで申込みパッケージ(エントリーパッケージ)を購入する形になっています。公式サイトで概要を把握してから契約するようにしてくださいね。

>>OCNモバイルOne(公式サイト)へ

そしてOCNモバイルOneはSIMフリースマホとセットでは契約を行っていません。SIMフリースマホとセットでOCNモバイルOneを検討しているのならgoo SIM SELLERがお得です。

通常格安SIMの契約には3000円(税別)の初期費用がかかるのですがgoo SIM SELLERならそれが組み込まれて販売されているので実質3000円引きでSIMフリースマホを購入することが出来ます。またキャンペーンもよく行っており、2000円割引や2000円分のQUOカードがついていたりします。

>>goo SIM SELLER(公式サイト)へ

6位・DMMモバイル

業界最安値宣言をしているのがDMMモバイルです。他社が値下げをしてくるとDMMモバイルも負けじと基本料金を下げてきてくれるのが良いところ。なので基本的にはdocomo回線を使った格安SIMの中では月額基本料金は最安値です。

通信速度は以前までは速かったのですが11月に入ってから低下気味ですが12時台を除けば割りと快適に使えています。

SIMフリースマホとセットで購入を考えている方にも種類が豊富でおすすめです。

>>DMMモバイル(公式サイト)へ

データ通信量無制限格安SIM おすすめランキング

データ量を気にせず使いたいという方におすすめなのがデータ容量無制限の格安SIMです。ただしデータ無制限SIMは速度が遅いという傾向にあります。

1位・U-mobile(ユーモバイル) USEN MUSIC SIM

U-mobile

U-mobileのデータ無制限SIMは無制限なのにコンスタントに1Mbps以上の速度が出る格安SIMです。特におすすめなのがUSEN MUSIC SIMというプラン。

データ容量無制限で且つ音声通話機能付きのSIMなのですが、これに更にUSENを聴き放題に出来るアプリの使用権がついて月2980円(税別)というものです。特にU-NEXTの動画配信サービスを使っている方には嬉しく毎月600ポイントも付与されます

僕はこれをASUSの通話機能もあるタブレット Z380KLで使っていますがすごく良いです!

参考

「ASUS ZenPad8」+「USEN MUSIC SIM」+「専用オーディオカバー」の組み合わせは最高だった。
最近かなりお気に入りのUSEN MUSIC SIMですがこれってまさにASUS ZenPad8.0(Z380KL)のためにあるようなSIMカ...

>>U-mobile(公式サイト)へ

2位・UQモバイル

UQモバイルのデータ容量無制限SIMは最高速度500kbpsと速くは無いのですが安定して500kbps前後の速度が出ています。LINEやメール、Twitterメインならそれほど問題なく使えています。速くはなくても良いから安定して500kbps(0.5Mbps)の速度が出ていれば・・・という格安SIMをよく知ってる方にはおすすめの格安SIMです。データ通信専用なら月1980円(税別)と比較的安くなっています。

>>UQモバイル(公式サイト)へ

多段階制料金のおすすめ格安SIMランキング

多段階制料金とは使った容量で料金が変わる仕組みです。毎月使うデータ通信容量がかなり異なるのであればお得に使える格安SIMです。

1位・FREETEL

FREETEL 新SIM

FREETELは非常に速度が安定して速い格安SIMです。月3GBとか無制限とかの括りを無くした場合、全体で個人的には2位の評価を僕は持っています。

docomo回線を使った格安SIMですがdocomo回線の中ではもっとも速度が出ている格安SIMとなっています。

実際の料金は下記の通り

freetel100

定量のデータ通信容量ならDMMモバイルのデータ専用SIMが3GBで月850円、5GBで1210円、10GBで2190円とDMMモバイルの方がお得なのですが、月に使うデータ通信容量が読めないのであればFREETELはかなりお得に使えます。

>>FREETEL(公式サイト)へ

ここで2位を紹介したいのですが多段階料金制の格安SIMはあとb-mobileなのですが遅すぎておすすめ出来ません。10月は速かったんですけどね。どうも法人相手に特化したために一般向けの格安SIMが遅くなったという評判です。

>>b-mobile(公式サイト)へ

上記以外の格安SIM

上記以外で速度とは別の視点で紹介します。

初心者におすすめ!G-Phone

12月から速度計測を行っている格安SIMです。そこそこ速い速度を誇っています。また何よりもこの格安SIMの凄いところはサポートが滅茶苦茶良いところです。

G-Phoneでセット購入していないスマホをつかている場合でも、故障してメーカーや購入したところに修理に出している時でも無償でスマホを貸し出してくれます。また電話サポートもしっかりしています。

>>G-Phone(公式サイト)へ

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)SIMカード

個人的には実は一番好きなのがIIJmioです。技術力の高さに定評があります。しかしここ最近は少し遅いということがネックになっています。努力はされているようなのですが、IIJmioのファンが多く薦める人も多いため加入者が増えているためか速度が改善して来ないのが難点です。でも恐らくもう少ししたら改善されるのかな?とは思っています。

>>IIJmio(公式サイト)へ

NifMo

格安SIMで唯一通話無制限で定額料金を行っているのがNifMoです。ただしIP電話網を使うため音ズレや発信者番号がまともに通知出来ないというデメリットがあります。音質を問わないから沢山話せれば良いという人には良いのかもしれません。

>>NifMo(公式サイト)へ

ただどうせ通話無制限で使うのなら都心部にお住まいの方ならワイモバイルをおすすめします。月のデータ容量の差はありますがプラス1000円ほどで番号発信通知も出来て音ズレもほぼ無い普通の携帯電話回線が国内無制限で行えます。

>>ワイモバイル公式サイトへ

自分にあった格安SIMを見つけよう!

是非自分にあった格安SIMを見つけて通信費を少しでも下げるようにしてくださいね。でもどうしても自分にあった格安SIMが見つけられない・・・という方は相談にも応じています。また実際の通信速度を知りたい場合も。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

格安SIM 購入相談を受付けます
格安SIMや格安スマホを購入するにあたって実際に自分にとってはどれが良いんだろう?と考えている方も多いと思います。実際のところ格安SIMはそ...

でもやっぱりいろいろ考えてdocomoやau、SoftBankでそのまま使い続けるというのも1つの考え方だと思います。

でも少しでも安くしたい!ということであればdocomoの方ならdCARD GOLDという手もありますよ。

参考記事

家族でdocomoを使っているのなら絶対にdCARD GOLDがおすすめ!

なお個人的に一番安心しておすすめ出来る格安SIMはやはりUQモバイルですね。

>>UQモバイル(公式サイト)へ

プレゼントとしてスマホセットならG-Phoneになります。

>>G-Phone(公式サイト)へ

なお格安SIMってものがそもそもよくわからないという方は下記記事をご覧ください。

格安SIMとは?メリット・デメリットを含めて徹底解説【初心者向き】
話題のSIMフリースマホを購入して格安SIMを契約しよう!と思っている方も少なくないでしょう。格安SIMにすると月々のスマホ代がかなり安くな...
PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大13000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

楽天モバイル、最大97%OFF 真冬のお得キャンペーン開催中
人気のSIMフリースマホがセット価格でお買い得!!スマホ本体を安く購入したいのなら楽天モバイルがおすすめ!3月10日9:59まで

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大2万円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大2万円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

BIGLOBE SIMがお得に使える!
特典総額最大20200円と非常にお得に!3月26日まで

NifMoでお得に格安スマホを始めよう!!
最大20100円のお得になるキャッシュバックキャンペーン実施中!3月31日まで

mineo 新生活応援キャンペーン実施中!
110番や119番にも電話が出来る安心のデュアルタイプなら月額料金から3ヶ月間800円引き!

docomoの携帯代を少しでも安くしたいのならこの記事がおすすめ!
家族2人以上でdocomoを使っている方なら確実にお得になるクレジットカードを紹介しています

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582