alcatel SHINE LITE のレビュー!SIMカードの入れ方から評価も

スポンサーリンク

UQモバイルさんより、auVoLTEにも対応したSIMフリースマホ「alcatel SIHNE LITE」をお借りしたので、実際に使ってみた使用感や評価を書いていきます。またSIMカードの入れ方も解説していきます。

alcatel SIHNE LITE

alcatel SIHNE LITEの特徴

alcatel SIHNE LITEの特徴を説明します。

指紋認証でセキュリティも安心

alcatel SIHNE LITEには指紋認証のセンサーがついており、セキュリティが強化されています。

alcatel SIHNE LITE

感度は普通ですが、この価格帯で指紋認証がついているのは嬉しいところ。安心して使うことが出来ます。

前面カメラにもフラッシュ搭載

alcatel SIHNE LITE

通常、液晶側の前面にはフラッシュがついて無いスマホがほとんどです。しかしalcatel SIHNE LITEには前面カメラにもフラッシュがついており自撮りをしたい方に嬉しい機能となっています。

低価格なのにauVoLTE対応

alcatel SIHNE LITEの販売価格は21800円(税別)。これくらいの価格は今となっては普通ですが、この価格なのにdocomo系の格安SIMでもauVoLTE対応の格安SIMでも両方使えるのは珍しいと言えます。

同じくらいの価格だとASUS ZenFone3 MaxがありますがauVoLTEには対応していません。スペック的にはほぼ同じだけどauVoLTEに対応したのは凄いと思います。

SIHNE LITE のスペックとベンチマーク結果(Antutu Benchmark)

alcatel SIHNE LITEのスペックとベンチマークアプリの結果です。

スペック alcatel SIHNE LITE
OS Android6.0
メモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
サイズ 約 141.5×71.2×7.45mm
質量 約156g
ディスプレイ 5インチ 1280×720
CPU MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
カメラ 背面1300万画素/前面500万画素
SIMカードスロット nanoSIM
通信方式 4G:
800MHz(B19)/800MHz(B26)/1800MHz(B3)/
2100MHz(B1)/2600(B7)
3G:800MHz(B6)/800MHz(B19)/850MHz(B5)/
900MHz(B8)/2100MHz(B1)
CAT4 :150Mbit/s DL 50Mbit/s UL
バッテリー 2460mAh

CPUがMediaTek製ということで不安もありましたが、UQモバイルで使うのであれば4G環境だけでの使用になるので、MediaTek製CPUの弱点でもある4Gから3Gになった後に3Gから4Gに中々復帰しないという問題もありませんでした。

Antutu Benchmarkの結果

性能を計測するベンチマークアプリ、Antutu Benchmarkの結果です。

28000前後ということでこれは予想した通りの数値。3Dのゲームをする分にはスペック不足となりますが、メール・ネット・電話・SNS(LINE・Twitter等)を行う分には全く問題の無いレベルと言えます。

SIHNE LITE 開封の儀と外観

alcatel SHINE LITEの開封と外観です。

alcatel SHINE LITE

パッケージは一般的なスマホと同じような感じです。

alcatel SHINE LITE

開封するとSHINE LITEがすぐに出てきます。

alcatel SHINE LITE

同梱物は上記の通り。バンパーケースとフィルムが同梱されていました。

alcatel SHINE LITE

本体はalcatelらしいフィルムで覆われていました。

alcatel SHINE LITE

高級感のある作りで2万円台のスマホには見えません。

前面はシンプルな作りですが、フラッシュがついているが特徴です。

alcatel SHINE LITE

alcatel SHINE LITEの良い点はホームボタン等が液晶外にあり、更に暗闇で操作する時にも分かりやすく光るところです。これ何気に便利です。

alcatel SHINE LITE

本体上部にはイヤホンジャック。カメラのレンズが飛び出してないこともわかりますよね。ポケットに入れる時もスムーズです。

alcatel SHINE LITE

本体下部です。USBはmicroUSBとなっています。

alcatel SHINE LITE

手に持って液晶を顔に向けた時の右側です。電源ボタンとボリュームボタンがあります。電源ボタンがボリュームボタンの下の方が個人的には好みですが慣れれば問題ありません。

alcatel SHINE LITE

本体左側です。SIMカードスロットがあります。

全体的に安い割には高級感があり、質感も良いスマホだと思いました。このあたりはさすがalcatelと言ったところでしょうか。

alcatel SHINE LITEへのSIMのカードの入れ方

alcatel SHINE LITEへのSIMカードの入れ方です。

alcatel SHINE LITE

本体横にSIMカードスロットがあります。

alcatel SHINE LITE

SIMピンを小さい穴に指して押し込めば、SIMスロットが出て来るので後は指で引き出します。

alcatel SHINE LITE

SIMカードスロットを取り出したところです。

alcatel SHINE LITE

左側はmicroSDカードを入れるところですがnanoSIMも入れることが出来ますが、出来れば上記写真の通り、右側にnanoSIMカードを置くことをおすすめします。

alcatel SHINE LITE

SIMカードを入れたら、後は再び差し込めばOKです。結構簡単ですよ。

alcatel SHINE LITEの評価

全体的に安い割には良いな~というのが率直な感想です。この筐体で2万円前後で購入出来るのは良いですし、更にauVoLTE対応になっているのもお買い得だと言えます。

上記はalcatel SHINE LITEのカメラで撮影したもので、安い割には悪くはありません。むしろこの価格帯にしては良いでしょう。

ただし、同時期に発売された4万円前後のスマホと比べるとやや動きはもっさりした感じはします。

alcatel SHINE LITE

また傾きを検知するジャイロ機能が搭載されてないのでポケモンGOをするのであればAR機能は使えないことになります。これは少し残念なところ。でも初めてスマホを持つという方や安く抑えたいという方にはおすすめ出来るスマホとなっていました。

alcatel SHINE LITE、UQモバイルなら1万円引き!

alcatel SHINE LITEの価格は21800円(税別)と書きました。しかしUQモバイルでは現在1万円引きの11800円で販売されています!

このクラスのスマホが11800円ってかなりお得です。そのためこのモデルのみ支払い方法は一括払いのみとなっています。

しかし弊ブログ限定でUQモバイルさんとコラボで行っている新規契約で最大10000円分の商品券がもらえるキャンペーンを利用すればかなりお得に契約出来ます!

UQモバイルで安くスタートしたい人にはおすすめのスマホです。

なお最大10000円の商品券がもらえるキャンペーンで申込む場合は必ず下記リンクから申し込んでくださいね!違うリンクからだと商品券はプレゼントされませんので、ご注意ください。

>>UQモバイル 最大10000円分の商品券がもらえるキャンペーン<<

>>当ブログ UQモバイル キャンペーン詳細記事<<

お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582