docomoでもau(VoLTEのみ)でも使えるSIMフリースマホ「富士通 arrows M02」開封の儀とファーストレビュー、SIMカードの入れ方

スポンサーリンク

docomo回線のMVNO・格安SIMでもau回線のMVNO・格安SIMでも使えるSIMフリースマホ、arrowsM02を購入したので開封の儀とファーストレビューを書いてみます。

富士通 arrows M02

arrows M02について

最初にdocomo系MVNO・au系MVNO両方で使えると書きましたがau系MVNOは11月19日より開始予定のmineoのau VoLTE対応SIMのみのが現状対応となっています UQモバイルのVoLTE対応SIMとmineoのVoLTE対応SIMで使うことが出来ます。UQモバイルもmineoもau系のSIMカードはVoLTE対応とVoLTE非対応のSIMカードがあるので注意してください。

スペックは下記の通り

型番 arrows M02
OS Android 5.1
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core
メモリ ROM:16GB/RAM:2GB
ディスプレイ 約5.0インチHD有機EL(720×1280)
カメラ アウト(背面)約810万画素 CMOS
イン(前面)約240万画素 CMOS
通信 LTE:2.1GHz、1.7GHz、900MHz、800MHz
3G:2.1GHz、900MHz、800MHz
外形寸法(H×W×D) 約141mm×68.9mm×8.9mm
質量 約149g
連続通話時間 VoLTE:約700分 3G:約630分
連続待受時間 LTE:約540時間 3G:約670時間
バッテリー充電時間 約140分
バッテリー容量 2330mAh
SIMサイズ nanoSIM
その他 GPS/NFC/FeliCa/Bluetooth 4.1

基本性能は人気のZenFone2 Laserと同じくらいですね。価格も似ています。

ASUS ZenFone2 Laserは27800円(税別)、富士通 arrows M02は安いMVNOで購入すれば29800円(税別)となっています。ZenFone2 Laserではau系格安SIMは使えません。

開封の儀

では実際に届いたものを開封してみます。今回はIIJmioのSIMを使っているユーザーであれば購入出来る特典を使って購入しました。

arrowsm02-001

結構大きなダンボールで届きました。ASUSとかHUAWEIなら10台くらいスマホが入っていそう。

富士通 arrows M02

ダンボールを開けると上記の通り。緩衝材を取り除くと大きなダンボールが

富士通 arrows M02

こんなにでかい箱に入っているスマホ、久しぶりに見たな~、2~3台入っているんじゃないか?と思う大きさです。

富士通 arrows M02

かなり大きいです。開封します。

arrowsm02-005

説明書や保証書が入っています。これを取り除くと下記の通り

富士通 arrows M02

よく調べないで購入したけどクレードルタイプの充電器が入っていました!

富士通 arrows M02

内容物はこんな感じです。

外観

外観は普通のスマホです。一応mineoのauVoLTE対応SIMで使う予定なのでまだ保護のビニールは剥がしていません。

富士通 arrows M02

富士通 arrows M02

富士通 arrows M02

サイドにSIMカード(nanoSIM)とmicroSDカードを入れるスロットがあります。その下が電源ボタンです。

富士通 arrows M02

下の方に充電用のUSB端子がありますがカバーで閉じています。防水仕様ですね。その上に充電用の接点がありました。

富士通 arrows M02

富士通 arrows M02

富士通 arrows M02

実際に電源を入れてみましたが、これが結構綺麗な液晶でした。

SIMカードの入れ方

SIMカードはnanoSIM用のスロットになっています。

富士通 arrows M02

横のカバーを爪等を入れて外します。

富士通 arrows M02

逆になっており上が背面です。上のアダプターを引っ張るとSIMカードを載せるカバーが出てきます。

富士通 arrows M02

そのカバーに方向を間違えずにSIMカードを載せてまた入れなおせばOKです。これは比較的簡単なSIMカードの入れ方になります。

クレードルタイプの充電器

今回驚いたのがクレードルタイプの充電器がついていたこと。

富士通 arrows M02

富士通 arrows M02

このクレードルがかなり大きいんですよ。でも格安スマホだと充電器すらついてないものがあるのにこれだけ大きな充電用のクレードルをつけるということは年配の方でも間違えずに充電がしやすいようにしたのかな?と思いました。つまり日本製(富士通製)で安心して使って欲しい層に作った格安スマホ・SIMフリースマホということになりますね。

ファーストレビュー・使った感想

まだ少ししか使っていませんが、普通に使えるスマホです。特に可もなく不可もなく。ただおサイフケータイ機能があるのでこれは便利かも。

スペック的にはZenFone2と似ていると書きましたが、ベンチマークアプリの「AnTuTu Benchmark」で計測したところ下記の通り

Screenshot_2015-11-12-20-15-48

22000弱、ZenFoneシリーズが下記の通り

bench

ZenFone2も22000前後なのでほぼ同じですね。

クレードルタイプの充電器があることから初めてスマホを持つ方には良いモデルだと思います。

おサイフケータイとしても使えますし、防水使用なので多少濡れるくらいなら問題ない(完全防水ではありません)ので安心して使えるところも良いですね。

雨の日に傘を持ってスマホを持つと濡れてしまうこともあるのでその時に防水は安心です。特におサイフケータイとして使える訳ですから、雨の日も外で使う機会が増えそうですから。

どこで買うか?

家電量販店でも販売されていますが4万円前後、ちょっと高めです。それなら各MVNOで購入した方が安いと言えます。主だったMVNOの価格は下記の通り

MVNO 分割払い
(24回)
一括払い 備考
IIJmio 1300円 29800円
BIGLOBE 1380円 無し  
mineo 1350円 32400円 amazonギフトカード3000円がもらえる
NifMo 1389円 33334円
DMM
モバイル
1467円 29800円
楽天
モバイル
1242円 29800円 型番がRM02になっていますが同じです。
ポイントがもらえるキャンペーン実施中

すべて税別です(1円単位で間違いがあるかもしれません)。MVNOの会社名にそれぞれの公式サイトへリンクを貼ってあります。

上記金額に月々の基本料金を加えた価格が月々の支払額になります。

MVNO 分割払い

月3GBの
音声通話SIM
の料金

合計
IIJmio 1300円 1600円 2900円
BIGLOBE 1380円 1600円 2980円
mineo 1350円 1600円 2950円
NifMo 1389円 1600円 2989円
DMMモバイル 1467円 1500円 2967円
楽天モバイル 1242円 1600円 2842円

どこのMVNOで購入するのがお時かと言えば価格的にも通信速度的にも付与されるポイント的にも楽天モバイルが一番お得ですね(2015年12月現在)

>>楽天モバイル

amazonギフトカードまで加味するとmineoもお得になっています。

>>mineo

2015年12月、SIMフリースマホの中では人気No.1となっているSIMフリースマホの富士通arrowsM02のファーストレビューでした。

お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582