マウスコンピューター Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」 ファーストレビュー&SIMカードの入れ方

スポンサーリンク

先日、ある会合でマウスコンピューターの方とお話をする機会があり格安SIMとか格安スマホのブログを作っているんですよ~と言ったら、よければMADOSMAを貸出しますよ!と言われ、是非!ということでMADOSMAをお借りすることが出来たのでレビューを書きます!

MADOSMAは、当初Windows8 mobile搭載のスマートフォンとして販売されましたが、Windows10がリリースされたことで今はWindows10 mobileに変わって販売されているSIMフリースマートフォンです。SIMフリーと言ってもau回線には対応していませんのでご注意ください。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

MADOSMAの基本スペック

最初にMADOSMAの基本スペックから。

MADOSMAは2モデル2カラーの合計4機種があります。今回お借りしたのは「MADOSMA Q501A-WH」という型番になります。なお、カタログにはブラック(BK)がありますがBKは法人用なので一般向けには販売されてないため実質2機種ということになります。

スペックは下記の通り

型番 MADOSMA Q501A-WH/BK MADOSMA Q501AO-WH/BK
カラー パールホワイト / ブラック パールホワイト / ブラック
OS Windows 10 Mobile Windows 10 Mobile
Officeソフト Office Mobile Office365サービス
プロセッサー MSM8916(クアッドコア / 1.2GHz) MSM8916(クアッドコア / 1.2GHz)
メインメモリ 1GB 1GB
記憶装置 8GB 8GB
カードスロット micro SD メモリーカード (16GB 同梱)/ 最大64GB micro SD メモリーカード (16GB 同梱)/ 最大64GB
バッテリー容量 2300mAh 2300mAh
連続待受け時間 460 時間 460 時間
連続通話時間 9 時間 9 時間
充電時間 3 時間 3 時間
ディスプレイ 約 5.0 インチ(1280×720ドット) 約 5.0 インチ(1280×720ドット)
本体寸法 (高さ×幅×厚さ) 142.8×70.4×8.4mm 142.8×70.4×8.4mm
本体重量 (付属品を含まず) 125g 125g
3G / W-CDMA Band 1 (2100MHz)・ Band 8 (900MHz)・ Band 19 (800MHz、Band 6 を含む) Band 1 (2100MHz)・ Band 8 (900MHz)・ Band 19 (800MHz、Band 6 を含む)
4G / LTE Band 1 (2100MHz)・Band 3 (1800MHz)・Band 19 (800MHz)/ CAT4 Band 1 (2100MHz)・Band 3 (1800MHz)・Band 19 (800MHz)/ CAT4
SIM スロット Micro SIM Micro SIM
Bluetooth Bluetooth V4.0 (EDR / A2DP 対応) Bluetooth V4.0 (EDR / A2DP 対応)
無線 LAN IEEE 802.11 b/g/n 対応 IEEE 802.11 b/g/n 対応
カメラ(背面/前面) 背面・800万 (オートフォーカス / LED フラッシュ付き)/前面・200万画素 背面・800万 (オートフォーカス / LED フラッシュ付き)/前面・200万画素
直販参考価格(税込/送料込) 26800円 29800円

2モデルの違いはOfficeが「Office mobile」か「Office365」かの違いだけです。

外観

MADOSMAの写真です。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

シンプルながらも解りやすい箱に入っています。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

開封するとスマホ本体が鎮座しておりました。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

内容物は上記の通り。microSDカードが付属しています。また電源用のACアダプターは付属していないため必要であれば別途購入することになります。USBケーブルがついているので充電であればパソコンのUSB端子に繋げれば良いんですけどね。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

実際に手に持ってみるとかなり軽い印象。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

背面にはMADOSMAと書かれ、下には「Wndows」のロゴが。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

背面カバーが取れるようになっているので背面カバーを取ると上記の写真の通り

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

SIMカードスロット(microSIM)とmicroSDカードのスロットがあります。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

電源を入れるとMADOSMAの文字

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

その後にWindowsのマーク

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

上記の写真の上側がスマホ上部。イヤホンジャックとUSB端子、その上にカメラレンズとLEDライトがあります。下側がスマホ下部。マイク用の小さい穴が空いています。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

スマホの左右。レンズがついている方が上部になります。ボリュームボタンと電源ボタンがそれぞれ別サイドについています。

SIMカード及びmicroSDカードの入れ方

SIMカード及びmicroSDカードを入れる場合、背面カバーを外すことになります。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

本体の下部に爪をひっかけるような凹みがあるのでここに爪をひっかけて剥がします。割りと簡単に剥がれるので楽です(ZenFone2に比べれば・・・)。

SIMカードの入れ方

SIMカードを入れるところには金具でロックがかかっているのでこのロックを解除して入れる必要性があります。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

上記の左側はSIMカードを設置するところです。金具を右側にスライドさせます。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

若干金具が右側にスライドしたのがわかりますかね?

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

そして金具を持ち上げればOK。でも静止画だとわかりにくいですね(^_^;) ということで動画を用意しました!5秒程度の動画です。

そしてカバーを開けたらSIMカードを起きます。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

方向を間違えずに凹みがある方が左側になります。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

カバーを倒して今度は左側にスライドさせてロックをかければOKです。

SDカードの入れ方

こちらも動画を用意しました。9秒程度の動画です。

後は接点の位置を間違えずに置いて再びロックをすればOKです。

使用した感想

実際に使用した感想ですが、サクサク動いて快適です!

でもサクサク動くってどの程度?となりますが今かなり売れているWindows10 mobile搭載スマホと言えばFREETELの「KATANA01」です。

参考

FREETEL Windows10 Mobileスマホ「KATANA01」開封の儀とファーストレビュー!KATANA01はpriori2 LTEと同じ筐体?
本日から発売が開始されたFREETELのWindows10 Mobileスマホ「KATANA01」が届いたので早速開封の儀とファーストレビュ...

KATANA01はたまに固まるというか反応するまで数秒待つ時がありますが、MADOSMAはそういうことがほぼありませんでした。そういう意味でサクサク動くな~という感想です。

実際にベンチマークアプリで両方を計測してみました。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

左がMADOSMA、右がKATANA01 です。

  • MADOSMA:11005
  • KATANA01:9970

MADOSMAの方がやはり上になります。価格差を考えれば当然と思うかもしれませんが、なんかWindows版のAnTuTu BenchMarkってなんかおかしいような気もするのですが・・・。

Windows モバイルのスマホには5インチ必要に思う

Windows10 mobileのスマホはこれで2つ使いましたが、Windowsの特製を柔軟に使うためには5インチは欲しいところだと思いました。KATANA01は4.5インチのスマホですがやはり小さくて少々使いにくいと感じました。

0.5インチの差ですがこれが結構でかい。スムーズに使うためには5インチです。Androidだとそんなに差は感じませんでしたがWindows mobileはまだUIが洗練されてないと思います。Androidのようにもっと洗練されれば画面の大きさはそれほど大きくは無いと思うのですが、現状では大きい方をおすすめします。

電源ボタンがおしにくい

MADOSMAは使ってみて実際に良いスマホだと思いました。26800円で税込み・送料込みなのでこれなら購入したいと思えるものです。ただし唯一使い勝手が悪いと思ったのが電源ボタンの押しにくさ。

Windows10 mobile スマホ「MADOSMA」

サイドが凹んだ形状でカーブしており、その中に電源ボタンがあるため、指の太い人だと非常に押しにくい状態になっています。これだけが非常に残念!指が細い方だと気にならないかもしれません。また逆に押しにくいということは誤って押されてしまう状態を防ぐとも言えるのでスマホの電源を落としておいたのにいつのまにか入っていることがある・・・という方には良いかもしれません。

買いか、買いではないか?

Windows10 mobileのスマホを購入しようかと検討している方であれば、KATANA01かMADOSMAかKATANA02が出るのを待つか・・・ということになると思います。ヤマダ電機もありますが、あれはちょっと・・ね(^_^;)

  • KATANA01:13824円(4.5インチ)
  • KATANA02:21384円(5インチ)
  • MADOSMA:26800円(5インチ)

スペック的に一番良いのは恐らくKATANA02になるのですが、まだ触ってないので対象には入れられず。KATANA01とMADOSMAで選ぶのなら倍近い価格はしますが、MADOSMAを僕なら選びますね。ただしお金に余裕が無いからKATANA01になってしまいますけど(^_^;)

興味のある方はマウスコンピューターのサイトで確認してみてください。

>>MADOSMA(公式サイト)icon

お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582