ASUS ZenFone3のカバーは、専用View Flip Cover が良いか?それともray-outのケースが良いか?3種類のカバーを比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バナー原稿imp

人気のSIMフリースマートフォン ASUS ZenFone3。購入したら出来るだけ長く使いたいし傷もつけたくないからカバーで保護しようと考える人も多いのではないでしょうか?

ASUSのZenFoneシリーズと言えばView Flip Coverが人気ですが、サードパーティー(ASUS以外のメーカーのこと)が出しているカバーには独自のデザインで格好良いものもありますよね。またView Flip Coverのような両面を保護するようなカバーではなく背面のみを保護するケースが良いという方もいると思います。

今回3種類のカバー&ケースを試したのでどれが具体的に良かったから説明していきます。

ASUS ZenFone3(ZE520KL)

ZenFone3 専用 View Flip Cover(ビューフリップカバー)

ASUS ZenFoneシリーズと言えば、ViewFlipCover択一!という方もいるくらい人気のカバーがASUS純正のView Flip Coverです。

ZenFone3専用View Flip Cover

液晶面側に丸い穴が空いていてメールや電話の着信があると穴の部分で教えてくれたり、ライト等の操作は穴の部分だけで出来てしまいます。

カラーバリエーションは今回は3色

ブラック・ゴールド・アクアブルーとなっています。

今回はアクアブルーをチョイスしました。

ZenFone3専用View Flip Cover

薄い水色のカバーは女性にも人気のカラーになると思います。またZenFone3のカラーバリエーションはサファイアブラックとパールホワイト。サファイアブラックは光に当てるとブルーの光沢になりますし、白とアクアブルーの組み合わせも良いと思いますのでどちらのカラーのZenFone3でもマッチするカラーだと言えます。

vfc012

またZenFone GO辺りからView Flip Cover(正確にはZenFone GOはView Folio Cover)をZenFoneに取り付けるのにZenFone本体の背面カバーを外さなくてよくなったのはベンリなのですがその分だけ少し厚みが増してしまうところは好みの分かれるところだと思います。

vfc013

写真だと分かりにくいですが、表面の下部には「asus・COLLECTION」と書かれています。また背面には「Zenfone」とも書かれています。

View Flip Coverの取付け方

取付け方は非常に簡単で方向を確認してカバーの上に下記写真のように右側だけはめておきます。

ZenFone3専用View Flip Cover

そして後は左側を押すだけ。

vfc015

はい完成です。10秒で取付けられます。閉じればこの通り

ZenFone3専用View Flip Cover

View Flip Coverを取付けた外観と問題点

View Flip CoverをZenFone3に取付けた場合の外観です。

vfc017

電源ボタンやボリュームボタンは普通に押せます。

ZenFone3専用View Flip Cover

上部にあるイヤホンジャックにも干渉しません。

vfc019

そして下部のUSB端子にも当然干渉しません。なおSIMカードスロットの部分は蝶番の部分で隠れていますが、ViewFlip Coverを取付けたままでも開閉可能です。

ZenFone3専用View Flip Cover

カメラ部分には干渉いてしまう問題は解決せず

View Flip Coverの問題点であるカメラ部分への干渉は今回も解決していませんでした。ASUSってこれは解決させる気ないでしょ。

どういうことかと言えばカバーを折りたたんでカメラとして使う場合にカバーがカメラ部分と重なって干渉してしまうということです。

ZenFone3専用View Flip Cover

ZenFone3専用View Flip Cover

このように折りたたむとレーザーオートフォーカスの部分やフラッシュの部分か半分隠れてしまいます。なお一応折りたたんだ状態でカメラが使えるかどうか試してみたのですが、レーザーオートフォーカスはそのまま使えました。ただしフラッシュ部分は妙な反射をしてしまい、フラッシュを使って撮影する場合は使い物にならないこともあります。

レンズ部分に少しカバーがかかっていますが、これは特に問題になっていません。

ただしカバーって折りたたんで使う時に持ち方でかなりズレるのでその場合はレーザーオートフォーカスのセンサー部分にも干渉しますしフラッシュ部分が隠れてしまうこともありますし、レンズ部分が半分隠れて撮影したものが半分写っていない状態にも成りかねないので折りたたんでの撮影は普段から利用しないようにした方が良いと思います。

ray-out(レイ・アウト) 手帳型ケース

スマホのケースと言えばray-outというメーカーが割りと有名ですよね。ZenFone3用のケースも出ています。

vfc001

こちらも1週間くらい使ってみました。

vfc002

vfc003

vfc004

名刺サイズのカードが3枚入るということなのですが、こういうケースって穴が小さくでカードがまともに入らないってよくありませんか?

でもこれ、きちんとカード3枚入ります。

p_20161121_190033_vhdr_auto

また実際に取り付けた状態はこんな感じです。

vfc005

1週間ほど使ってみての感想は悪くは無いのですが、ViewFlipCoverを使い慣れていると不便に感じることも。カバーを閉じても連動していないのが難点なところ。これは致し方ないことですが、全体を覆うカバーはViewFlipCover択一かなと。

ASUS ZenFone 3 (ZE520KL) 専用 クリアケース

そして今回より純正カバーとして出たクリアケース。

vfc006

こちらも1週間くらい使ってみました。

vfc007

クリアケースなので透明ではめ込むだけです。

下記が実際に取付けたところ。

vfc008

vfc009

液晶画面を覆うカバーが好きでは無いという方にはこちらのケースの方が良いと思います。

もちろんこれだと前面の保護が出来ないので必ず液晶の保護フィルムか保護ガラスが必須となります。このあたりなら無難に使えますよ。

ZenFone3にカバ-をつけよう

ZenFone3シリーズはアクセサリも豊富にありカバーもいろいろな種類があるので好みなものを選んで使ってもらうのが良いかと思います。

今回紹介した3種類以外にも大型家電量販店ではいろいろなタイプのカバーが出ているので好みなものを探すのが良いでしょう。ただしやはり一番おすすめ出来るカバーはView Flip Coverです。丸窓に表示されるのに慣れてしまったり、カバーを閉じれば自動でスタンバイモードになる便利さは特にポケモンGOをしていて液晶常にONにしている人ならかなり便利に感じるはずですよ。

PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回10社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大13000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

楽天モバイル、最大73%OFFウインターセール開催中
人気のZenFone GOが7800円から!スマホ本体を安く購入したいのなら楽天モバイルがおすすめ!12月8日9:59まで

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

BIGLOBE SIMがお得に使える!
3GBでは足りない!という方ならBIGLOBE SIMがおすすめ!今なら月額1550円で使えます。2017年1月31日まで

docomoの携帯代を少しでも安くしたいのならこの記事がおすすめ!
家族2人以上でdocomoを使っている方なら確実にお得になるクレジットカードを紹介しています

スポンサーリンク

2755582

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です