ASUS ZenFone3・ZenFone3 Deluxe・ZenFone3 Ultra 3モデルのファースト・レビューと比較

スポンサーリンク

ASUSの新商品発表会である「Zenvolution」と世界有数の家電見本市である「COMUPTEX TAIPEI2016」でZenFoneシリーズの最新モデル「ZenFone3」シリーズが発表されました。

2016年5月29日からASUS JAPANさんよりご招待していただいて、ASUSの新商品発表会である「Zenvolution」と「COMUPTEX TAIPEI2016」、そしてASUS本社へと行って来たので写真も多く撮影してきたので写真多めでご紹介していきます。

なお2016年10月7日に日本でも正式に発売されています。日本正式版のZenFone3についてはこちらの記事をご覧ください。

>>「ASUS ZenFone3(ZE520KL)」レビュー!SIMカードの入れ方からAPN設定・カメラ性能まで解説!

また日本で発売されているZenFone3シリーズの比較は下記記事をご覧ください。

>>ZenFone3シリーズ 3モデルの比較

ZenFone3

フラッグシップモデル「ZenFone 3 Deluxe」の外観

今回発表されたZenFone 3シリーズの中で最も高スペックなのがZenFone3 Deluxeです。

ZenFone3 Deluxe

ZenFone3 Deluxe

高級感のあるフォルムで今までのZenFoneとは全く異なります。

ZenFone3 Deluxe

ZenFone3 Deluxe

ライトのあたり方で色合いが今ひとつ安定していませんがカラーは3色出るようです。ASUSより画像の提供を受けているZenFone3 Deluxeのカラーバリエーションは下記のものです。

ZenFone3 Deluxe

ZenFone3 Deluxe

カメラ部分はやや出ているものの持った感じとしてはそれほど気になるところもありませんでした。カメラの下にあるのは今までのZenFoneからだとボリュームボタンかと思ってしまいますが、指紋認証のためのものです。カメラ周りに2つの窓があるのがわかると思いますが、ZenFoneと言えばレーザーオートフォーカス。第2世代となるレーザーオートフォーカスが搭載されています。

またカメラ周りのスピン加工は今までのZenFoneから引き継がれています。

ZenFone3 Deluxe

側面から見たところです。左側からボリュームボタン、その横が電源ボタンとなっています。今までのZenFoneシリーズの多くが上部に電源ボタンがあったため不便に感じていた方もいるかと思いますが、サイドでボリューム及び電源を管理出来るようになり利便性が増しました。

ZenFone3 Deluxe

逆サイドにはSIMスロットがあります。SIMスロットは1箇所のみですが、中にはmicroSIMカードとnanoSIMカードの2枚が入れられるようになっています。噂によると4Gと3Gの同時待ち受けも可能になったとか。ただしグローバルモデルでのことで日本仕様でどうなるかは現状まだわかりません。

なお、nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用になっているため、nanoSIMカードを入れるかmicroSDカードを入れるか選択しないといけません。

ZenFone3 Deluxe

上部にはイヤホンジャックの端子のみとなっています。これはスマホを鞄やポケットに入れて音楽を聞く場合、やはり上にあるのが便利なんですよね。

また写真で背面が全体的に丸みを帯びているのがわかると思います。今までのZenFoneシリーズ同様、背面が丸みを帯びていることで手にフィットして持ちやすくなっています。

ZenFone3 Deluxe

本体下部です。今回よりUSB typeCになっています。

USB Type3

USB typeCには裏表が無いので安心して挿せます。

ZenFone3 Deluxe

今回ZenFone3 Deluxeを触って思ったのがボタン部分がそれなりにしっかり触らないと反応しないようになっているということ。これはポケットに入れた際に何かに触れた拍子にボタンを押した状態になってモニターがオンになってしまったりアプリが起動しないように工夫されていると感じました。

またボタン周りのスピン加工も高級感を醸し出しています。

ZenFone3 Deluxe

写真の左側はZenFone2で右側がZenFone3 Deluxeです。画面サイズはZenFone2が5.5インチ、ZenFone3が5.7インチとなっていますが、ベゼル幅が細くなっているため大きさ的には5.5インチのZenFone2と変わらず、更にZenFone3(Deluxeでは無いモデル)とも大きさはほとんど変わっていません。

アンテナラインが無い

ZenFone3 Deluxeはメタルボディとなっていますが、iPhoneシリーズと異なりアンテナラインがありません。

iPhone6s

上はiPhone6sですが上下にラインが入っているのがわかりますよね。これはアンテナとなっています。しかしZenFone3にはこのアンテナラインがありません!

ZenFone3 Deluxe

アンテナラインをなくして美しい一体型のフォルムが出来ている訳です。

ZenFone3の外観

今回発表されたZenFone3シリーズの中ではエントリーモデルとなるZenFone3の外観です。エントリーモデルと言ってもスペック的には2015年のフラッグシップモデルと変わりありません。

ZenFone3

ZenFone3

いろいろな方が次から次へと触るので指紋が気になりますが。

ZenFone3

ZenFone3

ZenFone3 Deluxeと比較するとややカジュアルな感じがしますが、それでもZenFone2と比べると高級感がましています。カメラの下はZenFon3 Deluxe同様指紋認証のものです。

ZenFone3

サイドから見たところ。本体カラーブラックで失敗していますが、よく見てもらうと中央よりやや左側に穴が空いているのがわかりますよね。ここはSIMスロットとなります。

ZenFone3 Deluxeと同じでmicroSIMカードとnanoSIMカードの2枚が入れられるようになっています。なお、nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用になっているため、nanoSIMカードを入れるかmicroSDカードを入れるか選択しないといけません。

ZenFone3

反対側のサイド、電源ボタンとボリュームボタンがあります。

ZenFone3

本体上部。イヤホンジャックの端子があります。

ZenFone3

本体下部。USBは同じくTypeCです。

z3n

カラーバリエーションは4色のようです。

Moonlight White、Shimmer Gold、Sapphire Blackと後はブルーがあるようです。

ZenFone3は5.5インチですが5.7インチであるZenFone3 Deluxeとほぼ同じ大きさになっています。

ファブレットというよりはタブレット、ZenFone3 Ultraの外観

6.8インチの画面サイズとなるZenFone 3 Ultraの外観です。ファブレットというよりは6.8インチとなると既にタブレットですね。

ZenFone3 Ultra

ZenFone3 Ultra

さすがにこのサイズになるとポケットには入らないので手軽に持ち運ぶということは出来ないサイズなので、鞄に入れることが前提になると思います。

ZenFone3 Ultra

最大の外観の特徴はホームボタンでしょう。物理的に押すボタンとなっています。そしてこのボタンで指紋認証も可能になっています。

ZenFone3 Ultra

そして背面にスピン加工されたボリュームボタンがあります。

ZenFone3 Ultra

サイドは右側からSIMカードスロットが2つ(1つはmicroSDカードも入る)、そして電源ボタンとなっています。

ZenFone3 Ultra

SIMスロットと取り出したところです。こちらもnanoSIMカードとmicroSDカードの排他利用となっています。

ZenFone3 Ultra

SIMスロットを取り出したところです。

zenfone3_026

逆サイドには何もありません。

ZenFone3 Ultra

上部は同じくイヤホンジャックのみ

zenfone3_027

下部のUSBはもちろんTypeCです。

ZenFone3 Ultra

ZenFone2と大きさを比べてみました。

ZenFone3 Ultra

ZenFone3 Ultra

やっぱり1.3インチ違うと全く違いますね。液晶もZenFone2より綺麗でした。

ZenFone3 Ultra

カラーバリエーションは3色で、女性向けのカラーとも言えるピンクっぽい色も出るようです。

カメラ性能がアップしたZenFone3シリーズ

今回、特に力を入れて改善したな~と思った点がカメラです。

  • ZenFone3 Ultra:背面2300万画素/前面800万画素
  • ZenFone3 Deluxe:背面2300万画素/前面800万画素
  • Zenfone3:背面1600万画素/前面800万画素

画素数こそは今ではそれほど凄いといえるものではありませんが、SONY製のCMOSセンサーを採用したことでより綺麗に撮影出来ることになります。また第2世代のレーザーオートフォーカスで0.03秒でフォーカスが合うとのこと。

そして今回、凄いと思ったのが、「静止画:4軸光学式手ブレ補正」「動画:3軸電子式手ブレ補正」の手ブレ補正機能です。

ZenFone3

COMPUTEXのASUS会場ではiPhoneと比較してどれだけ手ブレ補正機能が優れているかデモがされていました。

動画を撮ったので見てもらうとどれだけ手ブレ補正されているかよくわかりますよ。

今回の手ブレ補正機能にレーザーオートフォーカス、そしてSONY製センサー、カメラ性能はかなりアップしたものと思います。

ブログで使う写真ならこれで十分でしょう。

ZenFone 3シリーズ スペック比較

では肝心のスペックです。

名称 ZenFone3 ZenFone3 Deluxe ZenFone3 Ultra
OS Android 6.0 Android 6.0 Android 6.0
ディスプレイ 5.5インチ 5.7インチ 6.8インチ
ディスプレイ
解像度
1920×1080 FHD 1920×1080 FHD 1920×1080 FHD
液晶種類 IPS 有機EL IPS
CPU Snapdraton 625
2.0GHz 8コア
Snapdraton 820
2.15GHz 8コア
Snapdraton 625
1.8GHz 8コア
メモリ(RAM) 3GB / 4GB 6GB 3GB / 4GB
内蔵ストレージ
(ROM)
32GB / 64GB 64GB / 128GB / 256GB 32GB/64GB/128GB
背面カメラ 1600万画素 2300万画素 2300万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素 800万画素
バッテリー 3000mAh 3000mAh
BoostMaster Fast Charging
(Quick Charge 3.0)
4100mAh
BoostMaster Fast Charging
(Quick Charge 3.0)
サイズ 152.6×77.4×7.7mm 15.4×77.4×7.5mm 186.4×93.9×6.8mm
重さ 155グラム 170グラム 233グラム
ポート USB Type-C USB Type-C USB Type-C
背面素材 ガラス メタル(アルミ) メタル(アルミ)

ZneFone3 DeluxeではCPUにSnapdragon820、メモリ6GBとなっておりASUSのフラッグシップモデルとしては十分すぎる性能を持っています。

ZenFone2が発売された時は4GBものメモリって何に使うのか?とも言われていましたが、実際にメモリが多いと快適です。

ZenFone3シリーズの販売価格と発売時期

肝心の価格と発売時期はいつになるのでしょうか?

販売価格

Zenvolutionでは下記のように発表されました。

zenfone3_074

  • ZenFone3 Deluxe:499ドル(約54000円)
  • ZenFone3:249ドル~(約27000円)
  • ZenFone3 Ultra:479ドル~(約52000円)

このスペックでこの価格通り日本で発売されれば滅茶苦茶売れると思うのですが、いろいろなコストがかかりあくまでも予想ですが下記の金額になるのではないかと思います。

  • ZenFone3 Deluxe:64800円
  • ZenFone3:34800円
  • ZenFone3 Ultra:59800円

あくまでも予想ですが、売る!ということで、

  • ZenFone3 Deluxe:59800円
  • ZenFone3:29800円
  • ZenFone3 Ultra:54800円

なんて価格にしてくるかもしれません。ただし為替の変動等もあるので実際に発売されるまではわかりません。なお、メモリやストレージの容量により同じZenFone3でも価格は変わってきます。

そもそも全シリーズが日本で発売されるかどうかもわかりませんし、どこかのMVNO専用モデルとしてストレージが少ないモデルが出てくるかもしれません。例えばZenFone3は最小の内蔵ストレージが32GBですが16GBモデルとか出してくるかもしれませんからね。ZenFone2 Laserの時にはありました(楽天モバイルの専売モデルとして)。

またZenFone Selfieのように専用カラーモデルが出てくる可能性もあるでしょう。

発売時期

発売時期ですが、恐らく早ければ8月かな~と思います。ただしモデルによって1週間から1ヶ月のズレは出てくると思います。

と書いて既に9月。しかし噂では9月に日本で発表され予約が開始されるのではないか?と言われています。

恐らく日本でもイベントが行われるので7月から8月に何かしらASUSがイベントの告知をしたら、ZenFone3来たな・・・と思って良いでしょう。

ZenFone3シリーズ、どれを買う?

ZenFone2からの買い替えであればZenFone3 Deluxeになると思いますが、そうでは無い場合は少し悩みますよね。

ZenFone3 Ultraは、他の2機種に比べると全くコンセプトが違うので悩むことは無いと思いますが、ZenFone3とZenFone3 Deluxeなら悩むこともあると思います。

性能にそれほどこだわらないという方であればZenFone3で問題無いでしょう。ただし少しでも快適に使いたいということであればZenFone3 Deluxeではないでしょうか。

メモリが倍違ってくるので、いろいろ気にせず使いたいということであればZenFone3 Deluxeの方が良いでしょう。

ZenFone3 Ultraは、とにかく大きな画面が良い!という方でポケットではなく鞄に入れて持ち運ぶという方に良いものだと思います。鞄に入れて持ち運ぶと電話やメールが来た時に気付かないのでは?と思うのであれば、ZenWatchと連携させれば良いだけです。

参考

ASUS ZenWatch2(WI502Q-SL04) 開封の儀と使用レポート&感想、そしてラインナップの紹介

あとは好きなカラーがあればそのカラーを購入すれば良いのではないでしょうか?

Zenvolutionでの発表風景

ASUSの新作発表会「Zenvolution」で紹介されたZenFone3シリーズについて紹介します。

zenfone3_001

ASUS会長であるジョニー・シー氏、通常であれば会長がそのままプレゼンをするのかと思いましたが今回はバトンタッチ

zenfone3_003

ASUSのZenFoneシリーズのDesignerであるJen Chuang氏からのプレゼンとなりました。ただしZenFone3 Ultra及び全体的な発表はジョニー・シー会長からです。

zenfone3_046

このあとバトンタッチでJen Chuang氏に

zenfone3_047

zenfone3_004

zenfone3_048

zenfone3_049

zenfone3_050

zenfone3_051

zenfone3_052

zenfone3_053

zenfone3_054

zenfone3_055

zenfone3_056

zenfone3_057

zenfone3_058

最大で9200万画素相当の画素数になるとか。

zenfone3_059

zenfone3_060

zenfone3_061

zenfone3_062

6GBにすることでのパフォーマンスの向上

zenfone3_063

zenfone3_064

zenfone3_065

この「Expression Series」が凄く気になるんですよね。

Inspired by water、the layering depth of amazing pattern is authentic & stylish

このカラーが出るのならそっちを買いたいな・・・と。

zenfone3_066

zenfone3_067

zenfone3_068

zenfone3_069

zenfone3_070

zenfone3_071

zenfone3_072

zenfone3_073

以上、ZenFone3シリーズについてでした。

日本で正式に発売されたらZenFone3 Deluxeは購入する予定なのでもっと詳しくレポートしたいと思います。

気になる専用カバー View Flip Coverは全モデルで発売予定

ZenFoneマニアな方なら専用カバーも同時に購入しているかと思います。ZenFone3でも専用カバーが出るのかどうか?と思われるかもしれませんよね。

ZenFone3 全シリーズにおいて専用カバーは発売されます!ただ日本で発売されるかは現時点では不明ですが販売しない意味が無いと思いますので販売されるでしょう。

zenfone3_084

Zenfone3 UltraはAura Flip Coverという名称で販売されるようです。ただし今までのZenFoneシリーズには丸窓が特徴でしたがZenFone3 Ultra用の専用カバーにはCOMPUTEXで見た限りでは無いようです。

IMG_7992

zenfone3_093

ZenFone3 Deluxe及びZenFone3では丸窓のある専用カバーとなる模様。

IMG_3085

こちらは今まで通りの名称であるView Flip Coverとなっていましたがその名称で発売されるかは不明です。

>>ASUS 公式ショップをチェック

PR
お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回10社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大13000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

楽天モバイル、最大96%OFF 年末年始大感謝セール開催中
人気のSIMフリースマホがセット価格でお買い得!!スマホ本体を安く購入したいのなら楽天モバイルがおすすめ!1月13日9:59まで

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

BIGLOBE SIMがお得に使える!
3GBでは足りない!という方ならBIGLOBE SIMがおすすめ!今なら月額1550円で使えます。2017年1月31日まで

docomoの携帯代を少しでも安くしたいのならこの記事がおすすめ!
家族2人以上でdocomoを使っている方なら確実にお得になるクレジットカードを紹介しています

スポンサーリンク

2755582