ASUS・ZenFone 3 Max (ZC520TL)のレビュー・SIMカードの入れ方。最安値のMVNOも紹介

スポンサーリンク

2017年1月14日に発売日が決定してから楽しみにしていたZenFone3 Max。発売日が発表されてからスペックを確認したところ、今回は購入を見送ろうかと思ったのですが購入してしまいましたので、レビュー及び特徴、SIMカードの入れ方を説明していきます。またどこで購入するのがお得なのかも解説します。

ZenFone3 Max

ZenFone3 Maxの特徴

ZenFone3 Maxの特徴を説明していきます。

4100mAhの大容量バッテリー

ZenFone3 Maxの最大の特徴は4100mAhという大容量バッテリーを搭載していることです。3Gでの待ち受け時であれば30日間となっています。4G環境であればもう少し減ることになると思いますが、それでも2~3週間は充電しなくても電源が保つでしょうし、ある程度頻繁に使っても1日は余裕でバッテリー切れにならないことが最大のメリットとなっています。

そしてこれだけのバッテリーが搭載されているため、ZenFone3 Max自体がモバイルバッテリーとしても使えるようになっています。

ZenFone3 Max

リバースチャージ用のケーブルを使えば他のスマートフォンに充電が出来るようになっています。

ZenFone3 Max

リバースチャージ用のケーブルは付属しています。

メタルボディに2.5Dガラス採用

筐体にはメタルボディを採用し、2.5Dガラスを液晶面に採用しているので高級感のある仕上がりになっています。

ZenFone3 Max

上下にDライン(アンテナライン)が配置されています。

指紋センサー搭載&カメラの出っ張りが無い

ZenFone3 Max

指紋センサーを搭載しているのでセキュリティ面でも安心して使えます。

そしてカメラのレンズ部分が出っ張ってないのでポケットに入れる時にも引っかかることがなくスムーズに出し入れが出来るのもZenFone3 Maxの特徴だと言えます。

ZenFone3 Maxのスペック

ZenFone3 Maxのスペックです。

スペック ZenFone3 Max ZC520TL
本体カラー シルバー・ゴールド・グレー
OS Android6.0
メモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
サイズ 約 高さ149.5×幅73.7×奥行き8.55mm
質量 約160g
ディスプレイ 5.2インチ 1280×720
CPU MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
GPU Mali T720
カメラ 背面1300万画素/前面500万画素
SIMカードスロット SIM1 microSIM/ SIM2 nanoSIM
通信方式

FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)
TD-LTE (B38/B41)
W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)
GSM/EDGE (850/900/1800/1900MHz)

バッテリー 4100mAh

CPUについて

ここで注目したいのがCPUにMediaTek製のものを採用したことです。

これが残念で仕方ありません。今までのZenFoneシリーズはintel製かクアルコム製のものを採用していました。しかしここに来てMediaTek製のCPUを採用したということはコスト面で抑えようという気持ちがあるのは分かるのですが、日本で使う上では犠牲にするものが多すぎるように思います。

事実、MediaTek製のCPUを採用したことでおすすめしにくいスマホになっています。それは何故か?初期出荷段階では緊急速報(地震や津波等)であるETWSが4G環境では動作しないというものとなっているからです。3G環境でしかETWSが使えないということ(これはASUS JAPANの中の方に聞きました)。

MVNOもしている某F社のSIMフリースマートフォンの場合、最初からETWSには対応していませんし、3Gになってしまった時に4Gに復帰するまで10分ほどかかるという問題もあるので、それよりは当然ZenFone3 Maxの方がまともなのですが、それでもASUSさんにはMediaTek製のZenFoneは出して欲しくなかったというのが本音です。

ぶっちゃけASUSの中の人であるア◯ディさんも出したくは無かった・・・と答えていたのは印象的でした。

メモリ

メモリは2GBとこの価格帯のSIMフリースマホとしては標準だと言えます。特に可もなく不可もなしと言えるメモリ量だと言えます。でももう少しメモリが欲しいという場合はバッテリー容量は減りますが、ZenFone3 Laaseの方が良いでしょう。

内蔵ストレージ(ROM)

ROMって書くとたまに「ROMじゃない!」ってコメントがつくのですが、もうスマホの場合は内蔵ストレージのことをROMって言っても良いと思うんですよね。と関係ないことから書きましたが、ZenFone3 Maxの内蔵ストレージの容量は16GBと普通です。ただこの容量だと頻繁に写真を撮るとすぐに足りなくなりますし、アップデートも厳しくなる容量です。

だからmicroSDカードを入れて使う方が良いでしょう。最近だとサンディスクがおすすめです。

カメラ性能

他のZenFone3シリーズに比べ、レーザーオートフォーカスが無いのがZenFone3 Maxの特徴です。そのためオートフォーカスの速度はやや遅めになっています。実際に使ってみた感想としては普段ZenFone3のカメラに慣れている立場からだとやはり遅さは気になります。今までスマホのカメラを使ったことが無い人に限って言えばそれほど気にならないかもしれませんが。

また実際の写りはZenFone3はSONY製センサー、ZenFone3 Maxは不明です。実際にZenFone3の方が綺麗に写ります。

ZenFone3 Max・au VoLTE及びDSDSには非対応

ZenFone3 Maxは残念なことにauVoLTEには対応していません

技適の認証を見てみると、ZenFone3 Maxは 「AD160・・・」となっており、これはauVoLTEに対応していないことを意味します。ZenFone3の場合は「ADF160・・・」となっていますが、これはauVoLTEに対応していることを意味します(絶対ではありませんが前提としてADFにはなってないとVoLTEには対応しないことになります)。

なお、auVoLTEには対応していませんが、auの技適には通っているということなのでau系格安SIMを試したところ、動作は不安定でしたが通信だけであれば可能でした。

またSIMカードスロットには2枚のSIMカードを入れることが可能となっていますがDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)には対応していません。

  • SIM1:microSIM用
  • SIM:nanoSIM用

となっていますが、出来ればSIM1にmicroSIMを入れて、SIM2にはSIMではなくmicroSDカードを入れるようにしてください。

対応周波数は各社対応

ZenFone3 Maxの対応周波数(対応バンド)は各社対応はしています。

対応バンド
(周波数/4G用)
1
(2100MHz)
3
(1700MHz)
8
(900MHz)
11
(1500MHz)
18
(800MHz)
19
(800MHz)
21
(1500MHz)
26
(800MHz)
28
(700MHz)
41
(4100MHz)
ZenFone3
MAX
   
docomo          
au        
SoftBank          

バンド21にZenFone3 MAXは対応していませんが、それほど気にすることは無いでしょう。海外メーカーのスマホでバンド21に対応しているスマホはほとんどありません。iPhoneもバンド21には対応していませんから。

auで言えば、元々ZenFone3 MaxはVoLTEに対応していないため特に参考にならないと思いますし、auVoLTEで使いたいのであれば素直にZenFone3 Laserを使った方が良いでしょう。
softbankで言えばすべてのバンドに対応しています。ということはY!mobileでも使えるということになります。実際にY!mobileのサイトで確認すると対応機種で掲載されています。

ZenFone3 Max・開封の儀と外観

おなじみ開封の儀です。

カジュアルな感じのパッケージとなっています。

箱を開けるとZenFone3 Maxが鎮座しています。

同梱物は上記の通り。リバースチャージ用のケーブルが入っているのが他のZenFoneと異なります。

ZenFone3 Max

丸みを帯びたサイドは手にフィットするので持ちやすくなっています。アンテナライン(Dライン)が上下に入っているのがわかります。先述しましたがカメラの出っ張りが無いのが良いところです。

ZenFone3 Max

前面もシンプルです。

ZenFone3 Max

液晶を顔に向けて手にもった時の右側にボリュームボタンと電源ボタンがあります。ともにスピン加工されておりZenFoneらしくなっています。

ZenFone3 Max

左側にはSIMカードスロットがあります。

背面にはmicroUSB端子があります。今までのZenFoneシリーズだと中央にUSBポートがあったのですがZenFone3 Maxは左側によっています。これはバッテリーの関係なのかな?

ZenFone3 Max

上部にはイヤホンジャックがあります。

全体的に丸みがある分、もっさりとした感じを受けました。

ZenFone3 MaxへのSIMカードの入れ方及びAPN設定

ZenFone3 MaxへのSIMカードの入れ方です。

上記の写真の通り、サイドに小さい穴が空いたところがあります。これがSIMカードスロットです。

ZenFone3 Max

ここに付属のSIMピンを入れて押します。

するとSIMカードスロットが出るので、後は指で摘んで抜きます。

ZenFone3 Max

取り出すと上記のようになっています。

ZenFone3 Max

SIM1とSIM2がありますがSIMカード1枚のみを入れる場合は出来ればSIM1に入れることをおすすめします。なおSIM1はmicroSIMサイズ、SIM2はnanoSIMサイズになっています。またSIM2はmicroUSBカードを入れることも出来ますが、nanoSIMと一緒に入れることは出来ない、排他利用となっています。

ZenFone3 Max

SIM1にmicroSIM(厳密にはnanoSIMをSIMアダプターに入れたもの)を入れたのが上記の写真です。

後はSIMカードスロットを入れればOKです。

APN設定

ZenFone3 MaxのAPN設定ですが他のZenFone3シリーズと基本的に同じです。

ZenFone3 Laserのレビューで詳しく解説しているのでよければそちらをご覧ください。

ZenFon3 Laser APN設定方法

ZenFone3 Max ベンチマーク(Antutu BenchMark)の結果

ベンチマークアプリ「Antutu BenchMark」で計測しました。

1回目が29143、2回目が29459となっています。概ね3万弱といったところでしょう。他のZenFone3シリーズは下記の通りです。

bench1

ZenFone3が62000前後、ZenFone3 Deluxe(5.5インチ)も62000前後、ZenFone3 Deluxe(5.7インチ)が13万オーバーです。

ZenFone3 Laserは約44000ほどですから、スペック的にはあまり良いとは言えません。もっともメインで使うのがメール、検索、LINE、Twitterということであれば全く問題の無いスペックです。もっともZenFone3とかに慣れているとブラウザを見るとややもっさりした動きに感じてしまいました。

ZenFone3 MaxとZenFone3 Laser、どちらが良いか?価格差は?

ZenFone3シリーズの中でもエントリーモデル(低価格モデル)であるZenFone3 MaxとZenFone3 Laserを比較している人も多いと思いますが、どちらが良いかと言えばコンセプトが異なるので一概には言えません。

  • ZenFone3 Max=大容量バッテリーが一番のポイント
  • ZenFone3 Laser=第2世代 Laserオートフォーカスが一番のポイント

しかし、先述した通り、ZenFone3 MaxはCPUがMediaTek製であり不安の残るもののため、ZenFone3 Laserを個人的にはおすすめします。またZenFon3 Laserはau VoLTEにも対応しているので、docomo系の格安SIMだけではなくau系格安SIMも使えるという選択肢の広さがあります。

価格で見ると下記の通りです(2017年2月2日 ASUS公式 ZenFone Shopの価格)

  • ZenFone3 Laser:30024円
  • ZenFone3 Max:21384円
  • ZenFone3:42984円

ZenFone3 MaxとZenFone3 Laserとでは約1万円の差がありますが、1万円の差ははっきり言ってあります。バッテリー容量が一番重要ということであればZenFone3 Maxを選択するのも良いと思います。しかしよほどスマホに触っている時間が長く無いのであればZenFone3 Laserでも1日持ちますから個人的にはZenFone3 Laserをおすすめしておきます。

公式サイトZenFone Shop

見た目はそれほど変わりません。

左がZenFone3 Max・右がZenFone3 Laserです。レーザーオートフォーカス用のレーザー照射窓が余分にあること、レンズがLaserの場合少し出ていること、指紋認証が正方形に近いか長方形かという違いくらいですが、液晶サイズはZenFone3 Laserが5.5インチと少し大きくなっています。

ZenFone3 Max・どこで購入する?amazon?格安SIMとのセット?最安値は?

ZenFone3 Maxを購入する場合、どこが良いか?僕はASUS公式のZenFone Shopで購入しましたがどこで購入するのがお得になるのか?と言えばZenFone3 Max単体で購入する場合はそれほど差がありません。

amazonでもZenFone Shopと概ね同じ価格です。

プライム対象商品であれば早く届くというメリットはあります。

なお、先にも書いている通りZenFone3のメリットは大容量のバッテリーのみであり、ZenFone3 Laserの方がおすすめです!約1万円の差がありますが実際には1万円以上の差があります。大容量のバッテリーが目的では無い場合は、ZenFone3 Laserをおすすめします!

>>ZenFone3 Laser レビュー記事へ<<

格安SIMとセットで購入するのであれば分割払いが出来る場合もあるので月々で安く購入したいのであれば格安SIMとセットで購入するのが良いかもしれません。

格安SIM(MVNO)でセット販売しているところは下記の通りです。

楽天モバイル

ZenFone Shopで購入するよりも安く購入することが出来ますし、楽天カードであれば分割払い手数料無しで24回払いにて購入することが出来ます。おそらく分割払いなら楽天モバイルで楽天カードで購入するのが最安値です。

楽天モバイルはdocomo回線を使った格安SIMで通信速度も速くおすすめ出来る格安SIMです。

公式サイト楽天モバイル

BIGLOBE SIM

ZenFone Shopとあまり変わらない価格で分割払いのみですが、分割手数料を考えると安いと言えます。速度的にはお昼時を除けば高速です。docomo回線を使った格安SIMです。

公式サイトBIGLOBE SIM

nuroモバイル

SONYが運営する格安SIMで、docomo回線を使っています。

ZenFone Shopよりも分割払いであればお得に購入することが出来ます。速度的には特別速い訳ではありませんが安定して高速でありおすすめ出来る格安SIMです。

また料金プランが非常にシンプルなので初心者の人にも安心しておすすめ出来ます。

公式サイトnuroモバイル

IIJmio

格安SIMの中でも老舗なのがIIJmioです。docomo回線を使っています。

価格的にはやや高めなのですが、通信の安定性・安心性には定評があり人気の格安SIMです。

公式サイトIIJmio

OCNモバイルOne(goo SIMSELLER)

格安SIMシェアNo.1のOCNモバイルOneはdocomo回線を使った格安SIMで速度の安定性には定評があります。OCNモバイルOne自体はスマホとのセット販売を行っていませんが同じグループ企業であるNTTレゾナントが運営するgoo SIMSELLERでOCNモバイルOneのSIMカードとセットで販売されています。

goo SIM SELLERでのZenFone3 Maxの販売価格はZenFone3 Shopと同じで分割払いで均等24回払いはありませんが、OCNモバイルOneの申込パッケージがついてくるので初期費用の3000円が抑えられるというメリットがあります。

公式サイトgoo SIMSELLER

SIMカードの初期手数料を考慮すると最安値で購入出来ます。

セットでは無いけどお得なのがY!モバイル

Y!mobileは格安SIMでは無いと言われることが多いのですが、価格帯的には格安SIMと同じです。

10分以内の通話であれば何回でも電話OKという通話定額を含み1年目1980円、2年目2980円、データ通信容量2GBというプランで言えば他の格安SIMを抑えて最安値です(唯一匹敵するのがUQモバイルくらい)。よく1年目と2年目で1000円値上がるから高いと思われがちですが、例えば楽天モバイルであれば3.1GBのプランであれば1600円でこれに5分間かけ放題を加えると合計2450円です。

  • Y!モバイル:(1980円×12ヶ月)+(2980円×12ヶ月)=59520円
  • 楽天モバイル:2450円×24ヶ月=58800円

共に端末代は含めていませんが、楽天モバイルだと19800円(セール時に12800円くらいになることもある)でY!モバイルは他で別途購入しないといけません。

しかしY!モバイルのSIMカードのみを契約すると1万円のキャッシュバックがあるのでキャッシュバック分を考えるとY!モバイルの方が圧倒的に安くなります。

公式サイトY!mobile

通話定額が不要であればY!mobile以外で契約した方がお得ですが、通話定額が必要であれば一番お得なのは5分ではなく10分なら何度でも電話をかけられるY!mobileが最安値になります。

ZenFone3 Maxに良いケース・カバーは?Bumper Caseは?

ZenFoneシリーズのカバーと言えばViewFlipCoverが定番でしたが、ZenFone3 Max用のViewFlipCoverは発売されていません。代わりに純正品ならバンパーケースというものが出ています。

実際にBumper Caseを購入して取り付けてみました。

ZenFone3 Max Bumper Case

パッケージは今までのZenFoneシリーズのカバーと同じ感じです。

ZenFone3 Max Bumper Case

ZenFone3 Max Bumper Case

作りはしっかりとしていてハードケース仕様となっています。

取り付けてみるとゴツいと感じました。男性向けのケースですね。これは。

しっかりと保護をしたい人には良いと思うのですが、正直なところせっかくのZenFone3 Maxのしなやかな筐体が全く意味がなくなるので出来ればこのケースではなくクリアなソフトカバーの方が良いと思いました。例えば下記のものです。

こちらの方がZenFone3 Maxの見た目が損なわれないです。

他にもZenFone3 Max用のケースはいろいろと出ているので好みのものを探すのが楽しいと思います。

amazonでZenFone3 Max用のカバーをチェック

以上、ZenFone3 Maxのレビューでした。

この後に日本で発売されるZenFoneシリーズは、ZenFone ARという噂です。Zoomよりも早くARが来るかもしれません。

お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582