【2017年版】格安SIM・25プラン以上の速度比較によるおすすめランキング!使っているから書いています!

スポンサーリンク

格安SIMにしようと考えている方で一番不安に感じ、一番興味があるのが格安SIMの通信速度だと言われています。

「docomoやau、SoftBankよりも遅くなってイライラしてしまう」「格安SIMにした人から遅くなったと聞いた」こんな話を聞いて格安SIMに踏み切れないのではないでしょうか?

ならば通信速度が速い格安SIMを選べば良いのではないでしょうか?格安SIMを使い続けて1年半以上、20社以上もの格安SIMを今も使い続けている管理人がこれなら大丈夫!というおすすめの格安SIMをランキングで紹介していきます。実際に使っているからこそ、おすすめ出来る訳です。使わずにネットの評判だけでおすすめしていませんから(ネットの評判にも目を通しているのでどこが人気でどこが評判が悪いかも知っています)。

最初におすすめの格安SIMを速度をメインにランキング別に紹介し、その後に実際に速度計測をして比較した結果を掲載しています。実際の速度に興味のある方は目次から確認してくださいね。

速度比較による格安SIM おすすめランキング

では1年半以上格安SIMを使い、20社以上もの格安SIMを使った経験から速度比較をメインとした格安SIMのおすすめランキングです。

なお格安SIMは通信速度も重要ですがそれ以外にも何を目的にして使うか?ということが重要になっている部分もあります。だからランキング紹介の最初にどういう人におすすめかも記載してあります。

1位:爆速な格安SIMならUQモバイル

こんな人におすすめ!

  • とにかく速度重視!
  • 格安SIMでもキャリアメールを使いたい!

格安SIMの中では反則とも言われている速度を誇るのがUQモバイルです。1年半以上使い続けてきましたがdocomoよりも爆速なのがUQモバイルです。

UQモバイルはau回線を使った格安SIMです。運営会社はUQコミュニケーションズ株式会社という会社なのですがKDDIグループの会社です。つまりauと同じグループであり当然、auから贔屓されている訳で大手キャリアと同じ、いやそれ以上の速度が出るのは当然と言えますし高速で安定した通信が出来るのも当然です。

はっきり言えば、まだ孫悟空が舞空術を覚える前のドラゴンボール世界にいきなり超サイヤ人になった孫悟空が現れたくらいの反則的な強さ(速度)をもっているのがUQモバイルだと言えます。

速度はずば抜けて速いのですが、それ以外にも他の格安SIMに比べてメリットが3つあります。

格安SIMにするとキャリアメール(◯◯@docomo.ne.jp等のメールアドレス)が使えなくなるのですが、UQモバイルだけはキャリアメールがオプションで使うことが出来ます。ただのインターネットメールじゃないの?と思うかもしれませんが、docomo、au、SoftBankに送信した場合、キャリアメール以外はブロックしている設定でも受信出来るようになっています。

格安SIMとiPhoneをセットで販売している格安SIMはありますが、docomo回線を使った格安SIMの場合、セットのiPhoneは海外モデルだったり横流し品だったりしますが、UQモバイルのiPhoneはきちんとした正規ルート品ですから安心して使えます。

MNP(電話番号そのままで通信会社を切り替えること)でもスマホが使えない時間は数分のみです。実際にMNP(検証のために)をしましたが、スマホが使えなくなる時間は管理人の場合は20秒もありませんでした。

管理人が20社以上契約している格安SIMの中でメインに使っているのもUQモバイルです。もうこの快適さは手離せません。

公式サイトUQモバイル

なお、弊サイト限定でUQモバイルさんとコラボをしており下記リンクから申し込んでいただくと最大で10000円分の商品券がもらえるキャンペーンを実施中です!

UQモバイル 最大10000円分の商品券がもらえるキャンペーンはこちらをクリック

上記リンクからの申込でなければ商品券はもらえないのでご注意ください。

2位:音声通話が多いユーザーには最安値となるY!mobile

こんな人におすすめ!

  • 音声通話が多いという方(仕事で電話をかけることが多い人)
  • LINE ID検索がしたいという方
  • 安定した通信速度が欲しいという方

Y!mobileはUQmobileと同様サブブランドと言われる格安SIMです(厳密には異なりますがY!mobile自体が格安SIMと言っているので格安SIMとしています)。

UQモバイル同様、サブブランドなので安定して速い通信速度が売りとなっています。また月々の料金にプラス1000円すると国内通話が無制限で話せるようになるので仕事でどうしても通話が多くなるという方にはおすすめです。

またLINEモバイル以外ではLINEのID検索が出来ないとされていますが、Y!mobileも実はID検索が出来るんです。iPhoneSEも取り扱っているのでiPhoneが良い!という方にはおすすめの格安SIMです。

公式サイト:Y!mobile

3位:カウントフリーが嬉しいLINEモバイル

こんな人におすすめ!

  • 普段はLINEで通話をしている
  • SNSをよく使う

LINEモバイルは無料メッセージアプリのLINEが運営しているdocomo回線を使った格安SIMです。楽天モバイルで説明していますがLINEモバイルには2017年1月31日の時点で定額通話のプランがありません。しかし、それを補うメリットとして、カウントフリーの「コミュニケーションプラン」というプランがあります。

LINEでの音声通話やトーク・メッセージ、TwitterやFacebook、Instagramで使う分にはパケットを消費しない、つまりデータ容量が減らないという仕組みがあります。普段、電話はLINEでしか話さないという方であればLINEモバイルであれば非常に安く済ませることが出来ます(LINEから一般電話にかける場合は費用がかかります)。

公式サイトLINEモバイル

4位:データ容量無制限が嬉しいU-mobile「USEN MUSIC SIM」

こんな人におすすめ!

  • データ容量を気にせず使いたい人!
  • 音楽が好きな人!

U-mobile

U-mobileは有線ラジオ放送シェアNo.1のUSENグループのU-NEXTが運営する格安SIMで、基本的にはdocomo回線を使った格安SIMとなります。

おすすめするのはU-mobileの中で「USEN MUSIC SIM」というプランの格安SIMです。

速度的には正直なところ安定はしていますが、特に速い訳ではありません。しかしパケット通信容量(データ容量)が無制限の中ではもっとも通信速度が速くデータ容量を気にせずに使いたいという人にはおすすめの格安SIMとなっています。

またUSEN MUSIC SIMは「スマホでUSEN」というアプリが無料で使える(本来月額490円)のですが、このアプリでUSEN放送が聞けるのでいろいろな音楽を楽しみたいという方にはまさにおすすめの格安SIMとなっています。

公式サイトU-mobile

なお、U-mobileは最大2ヶ月間無料で格安SIMを試せるキャンペーンを実施中です。だからどれぐらいのデータ通信速度なのか不安な場合、まずはお試しで使ってみてはいかがでしょうか?

5位:お得なスマホが多い楽天モバイル

こんな人におすすめ!

  • docomo回線の格安SIMが良い!
  • スマホとセットでお得に使いたい!

R

楽天モバイルは名前から分かる通り楽天が運営しており、docomo回線を使った格安SIMです。楽天モバイルはには定額通話プランがあり店舗数も増えてきて初心者向きの格安SIMと言えます。やはり定額で話せるプランが無いというのは少し不安になるところ。でも楽天モバイルなら定額通話がコミコミのプランもあるので安心して使えます。

またセットで販売しているスマホも多く選べる楽しさがありますし、楽天ポイントも貯まりお得な格安SIMとなっています。

公式サイト楽天モバイル

6位:家族割もあるmineo Dプラン

こんな人におすすめ!

  • 家族でパケットをシェアしたい!
  • 同じmineoユーザー同士で情報を共有したい!

mineo(マイネオ)は関西電力の100%子会社であるケイ・オプティコムが運営する格安SIMです。

またmineoはdocomo回線とau回線、両方の格安SIMを出していますがおすすめするのはdocomo回線を使ったmineo Dプランです。au回線を使ったmineo Aプランを選ぶのなら素直にUQモバイルにした方が快適です。

しかしdocomo回線を使ったmineoは速度も安定して速くおすすめの格安SIMとなっています。

mineoの良い点は家族でも友人でも、知り合い同士でパケット(データ容量)をシェアしあって使えるところです。例えば家族3人でmineoを使う場合、誰かがパケット容量が足りなくなった場合でも他の人が余っていればもらうことが出来ます。また家族割もあるのでまさに家族向けの格安SIMと言えます。

またmineoはmineoを使うユーザー同士の交流が活発で分からない時は気軽に聞ける仕組みもあるのが面白いところです。

公式サイトmineo

7位:とにかく安く使いたいならロケットモバイル 神プラン

こんな人におすすめ!

  • とにかく安く使いたい!
  • 電話はかけない、受けるのが中心
  • 自宅で過ごすことが多い
  • 通信速度は気にしない!メールやLINEのメッセージがメイン

p_20161123_173337_vhdr_auto

ロケットモバイルは、株式会社エコノミカルというまだ出来て間もない会社が運営していますが、出来て間もないからこそ、面白いプランを出しているdocomo回線を使った格安SIMです。

いろいろなプランがある中でもおすすめなのが「神プラン」と呼ばれるプランで、管理人が知る限り最安値で使える格安SIMです。

別にスマホはそんなに使わないからとにかく安く、ほぼ自宅にいてWi-Fiもあるから速度は特に気にしない、電話はかけることはほとんど無くて受けることばかり、という人には特におすすめです。

神プランは通信速度が200kbpsという正直遅いのですが、LINEのメッセージやメールが中心であればそれほど気になるほど遅い訳ではありません。ただし画像を添付したりすると遅くてイラっとするかもしれません。でも自宅にWi-FIがあればスマホをWi-Fiに繋げれば遅さも気になりませんよね。

月々948円(税別)で090や080、070で始まる電話番号も割り当てられるので普通に電話を受けることもかけることも出来ます(定額通話はありません)。

とにかく安く月額費用を抑えたい!という方にはおすすめです。

公式サイトロケットモバイル

8位:口座振替で申し込める「@モバイルくん。」

こんな人におすすめ!

  • 口座振替で格安SIMを申込みたい方
  • iPhone6sが中古でも良いから使いたい方

「@モバイルくん。」はWebから普通に口座振替で申し込める格安SIMです。速度も比較的高速で安定しているので、口座振替で申込みたいという方にはおすすめ出来る格安SIMです。

iPhone6sの中古品も販売しており、iPhone6sで格安SIMを使いたい方にも良いかもしれません。

公式サイト@モバイルくん。

9位:シンプルなプランが良い!nuroモバイル

こんな人におすすめ!

  • プランが複雑化しているけど、シンプルなプランが良い
  • やっぱりSONY最高!という方
  • 飛行機でマイル(ANA)を貯めている方

SONYが展開する格安SIMのブランド名が、nuroモバイルです。

複雑化する格安SIMのプランに対抗して非常に分かりやすいシンプルなプランを展開しているのがnuroモバイルです。難しいプランは嫌だ!シンプル1番!という方なら非常に分かりやすいプランになっていますよ。

公式サイトnuroモバイル

同じくnuroモバイルが展開するMILEAGE SIMというものがあります。こちらは余ったパケット量を繰り越すのではなく、マイル(ANA)に変更してくれるというSIMです。ANAマイルを貯めている方であれば通常のnuroモバイルではなく、MILEAGE SIMの方がお得です。

公式サイトMILEAGE SIM

10位:サポートを直接受けたいのならイオンモバイル

こんな人におすすめ!

  • やっぱり店頭でサポートを受けたい&近くにイオンがある
  • 契約期間があるのが嫌い

イオンモバイル

イオンモバイルは名前の通り総合スーパーマーケットのイオンが運営するdocomo回線を使った格安SIMです。

速度的には速いとは言えないまでも安定した速度でありお昼の12時台に動画(YouTube等)を見ないのであれば比較的快適に使えます。

何よりイオンモバイルの良い点は全国200店舗以上のイオンで受付をしており店舗があるので何かあった時にサポートが受けられる点です。格安SIMで店舗を持っているところは少なく、あっても大都市部だけということもあるのですが、イオンなら日本隅々まであるから便利ですよね(福井県の皆さんごめんなさい、福井県にはイオンはありません)。

また通常格安SIMで090や080、070から始まる電話番号で電話を発着信出来る格安SIMの場合、最低契約期間が半年以上・通常1年あるか、最低契約期間が無くてもMNP転出手数料が非常に高額になります。しかしイオンは最低契約期間も無ければMNP転出手数料も通常の料金となっているので、縛りが無いところが良いという方にもおすすめです。

公式サイトイオンモバイル

おすすめしない格安SIM

おすすめの格安SIMを紹介しましたが、中には絶対におすすめ出来ない格安SIMもあります。その代表がFREETELです。4月より「スマートコミコミ+」というプランをFREETELは開始しましたが、消費者に不利な情報はとことん隠してまるで詐欺のようなボッタクることしか考えていないプランです。一生FREETELしか使わない!という方であれば良いのかもしれませんがそうで無ければ絶対に申込んではいけません。泥沼が待っているだけですよ。

以上、おすすめ格安SIMのランキングでした。

引き続き、ランキングの根拠にもなっている格安SIMの実際の速度計測による比較と速度のデータです。

2017年5月 格安SIM 速度測定比較結果

2017年5月19日(金)山手線神田駅から徒歩1分ほどのコワーキングスペースにおいて行った、格安SIMの速度計測の結果です。2段になっているのは同じ時間帯に2回計測しているためです。上段が1回目の速度計測結果、下段が2回目の速度計測結果となります。

なお今回より速度計測を行うアプリをOokla SPEEDTESTから、4GMARKに変更しました。理由は4GMARKの方がより実測値に近い数値が出るということと、SPEEDTESTだと速度偽装を行いやすいためです。

また今回よりソフトバンク・LIBMOも速度を計測しています。

2017年4月 格安SIM 速度測定比較結果

2017年4月26日(水曜日)に東京駅から徒歩5分ほどの距離のコワーキングスペースにおいて行った、格安SIMの速度計測の結果です。今回よりU-mobileのソフトバンク回線を使った格安SIMも計測しています。

今回の速度計測の傾向としてau及びUQモバイルの爆速が収まったということが挙げられますが、それでも他の格安SIMよりも速くUQモバイルは引き続きおすすめ出来るものとなっています。

2017年3月 格安SIM 速度測定比較結果

2017年3月30日(木曜日)、山手線神田駅から徒歩1分ほどのコワーキングスペースにおいて行った、格安SIMの速度計測の結果です。

相変わらず好調なのはUQモバイル、Y!モバイル、LINEモバイルでした。3強はもうこの3つで固定されてしまうのかな?でもそれだとつまらないので他ももっと検討して欲しいと思います。

楽天モバイルやFREETELも好調でしたが速度計測アプリへの最適化が指摘されているので微妙な部分もあります。

今回よりb-mobileのsoftbank回線も計測を始めました。まだ申込者が少ないこと、docomoに比べて乱立してないことからかなり通信速度は速くなると予想していましたが予想通りかなり速い通信速度となりました。ただsoftbank回線はまだ音声通話SIMが出ていないことや、SIMフリーのAndroidスマホでも使えるのですが動作保証はあくまでもsoftbankのiPhoneのみとなっている点が残念なところ。softbankとそういうことで合意に至ったんでしょうか?

2017年2月 格安SIM 速度測定比較結果

2017年2月28日(火曜日)に東京駅から徒歩5分ほどの距離のコワーキングスペースにおいて行った、格安SIMの速度計測の結果です。

1月に引き続き、UQモバイル、Y!モバイルが好調でした。また今回より速度計測を行ったIIJmioのAタイプ(au回線)も好調な結果となりました。

続いて好調なのが、LINEモバイル・楽天モバイル・FREETEL、そして今回より計測を開始した@モバイルくん。でした。なおUQモバイルが2段(4列)になっていますが2段目はUQモバイルは低速モード(ターボOFF)にした時は300kbpsになりパケット量が消費されなくなるので、300kbpsにした時の速度です。実際に300kbps出ているため、ストリーミングの音楽再生ではほとんど問題なく聞くことが出来ました。曲を送ったりすると最初だけバッファが貯まるまで少し音が切れる時がありましたが、それ以外は音が切れることはありませんでした。

これは何気に音楽をストリーミングで聞く人には嬉しいことかも。

薄い黄色は次に速い速度のものです。mineo、nuroモバイル、OCNモバイルONE、G-Phone、DTI SIM、GMOとくとくBBが来ています。

白地は特に速くは無いものとなります。2月3月は格安SIMの加入者が増える時期なので、定期的に帯域の増強を行わないとすぐに遅くなるので次回計測までに回復しないところはあまり積極的に帯域増強を行っていないところだと言えます。

2017年1月 格安SIM 速度測定比較結果

2017年1月30日(月曜日)に東京 JR山手線 神田駅付近において行った、格安SIMの速度計測の結果です。

圧倒的な強さを見せつけたのがUQモバイルです。キャリアアグリゲーションで上手くはまったということもありますが、次元が他の格安SIMとは異なります。

UQモバイル以外に全体的に好調な速度だったのがY!モバイル、楽天モバイル、LINEモバイル、FREETEL、DTI SIM、b-mobileとなっていますが、b-mobileは遅い傾向にあったため、今回の結果だけで好調とは言いにくい状況です。

検討しているのがU-mobileです。データ容量無制限(3日間制限あり)の中では12時台も安定して速い速度を維持しています。

12時台の速度をグラフにしてみました。基本的に12時台に速ければ他の時間帯も速くなる傾向にあるので12時台に速い格安SIMを選ぶと大きな外れはありません。

お知らせ

お知らせ

弊ブログでは月に数回20社以上のMVNO・格安SIMの速度計測を行って速度の比較を行っています。そして月に1度更に速度のまとめ及び比較を行っています。最新の速度計測をまとめたものが下記記事になります。参考にしてもらえれば幸いです

なお、最新の格安SIMの通信速度は下記よりご覧ください。

" 格安SIM速度計測 "一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
お得な格安SIM・格安スマホのキャンペーン

格安SIMや携帯に関するお得なキャンペーン情報

当サイト限定!UQモバイルをここから申し込んでもらえると最大10000円分の商品券がもらえます
UQモバイルとモバイルガジェット東京03のコラボでお得にUQモバイルを始められます

Y!モバイルでSIMカードの契約だけでも最大15000円のキャッシュバックキャンペーン中!
SIMカードのみの契約でも新規・他社からの乗換えで最大15000円のキャッシュバック実施中です。

U-mobile トライアルキャンペーン実施中!!
格安SIMってどうなの?という方に最大2ヶ月間無料で試せるキャンペーンです!解約金もかかりません

でも、どのキャンペーンがお得か分からない!のなら
キャンペーン情報をおすすめ且つお得な順に紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

2755582