USB出力に対応したモバイルプロジェクター ASUS ZenBeam Go E1Z(日本未発売)

2017年5月30日から6月2日まで台湾で開催されたCOMPUTEX TAIPEI2017のASUSブースにて、モバイルプロジェクター「ZenBaem E1」の後継モデルとも言える「ZenBeam Go E1Z」が発表されていました。

現時点(2017年7月7日現在)、日本では未発売モデルですが日本での需要が高くなれば発売される可能性が高いと思います。ASUS Japanの方がちょうど会場に居たのでいろいろと聞いてきました。

ASUS ZenBeam Go E1Z

モバイルプロジェクター ZenBeam Go E1Zのコンセプト

ZenBeam Go E1Zの前モデル「ZenBeam E1」はバッテリー搭載で電源不要のモバイルプロジェクターでした。詳細は下記記事をご覧ください。

>>電源コード不要!モバイルプロジェクター「ASUS ZenBeam E1」レビュー。ZenFone3 Ultraとの組合せで持ち運びも簡単。

ただ出力がHDMIのみでUSBで出力することは出来ず、スマホの映像を映す場合はUSBからHDMI出力出来るものしか無理でした。ASUSのZenFoneで言えばZenFone3 Ultraだけだと思います。ZenFone Go E1Zは、HDMI出力ではなく、USB出力に特化したモバイルプロジェクターになっており、ZenBeam E1とはコンセプトが異なるため後継というよりは別のコンセプトモデルと言った方が良いものです。

ASUS ZenBeam Go E1Z

USB出力が出来ると言ってもアプリ(Android版のみ)をインストールが必要になるため汎用性は高いとは残念ながら言えるモデルではありません。

ただしスマホの映像をUSBで出力出来るということは非常に携帯性に特化出来るようになっており、夜に外で映画を見たりすることが可能となります。もちろんバッテリー駆動なので電源を用意することも必要ありません。

ASUS ZenBeam Go E1Z

ASUS ZenBeam Go E1Zの外観

ASUS ZenBeam Go E1Zの大きさはZenBeam E1とほぼ同じです。

ASUS ZenBeam Go E1Z

上記の写真はZenBeam Go E1Z

ASUS ZenBeam E1

上記がZenBeam E1です。

ZenBeam Go E1Zは上面にあったボタン類がなくなりさっぱりしていることも分かると思います。

ASUS ZenBeam Go E1Z

ASUS ZenBeam Go E1Z

USB端子はmicroUSBなのでスマホの出力がType-Cの場合は変換アダプターが必要になります。

ASUS ZenBeam Go E1Zのプロジェクターとしての感想

会場で見た限りでは、ZenBeam E1と同じ程度の明るさで、暗い部屋なら問題なく使えるレベルでした。

例えばノートパソコンを持ち運ぶのが面倒、Androidタブレットとプロジェクターを繋いでプレゼンをしたいという方には最適なモデルだと思いました。

ASUS ZenBeam Go E1Z

上記のようにスマホやタブレットとZenBeam Go E1Zだけで壁が白くて暗い部屋で白い壁ならプレゼンが出来てしまう訳です。

日本で発売されるようになって実売価格が4万円を切ってくるようであれば(39800円くらい)、是非購入したいモバイルプロジェクターです。

>>公式サイト(英語)