Click

当サイトからUQモバイルに申し込むとキャッシュバック最大13000円がもらえるキャンペーン実施中!

詳しくはこちらをクリック

MVNO初!通話定額プランが「もしもシークス」から登場!でも誇大広告はやめようよ

MVNOとはしては初めて通話定額プランが「もしもシークス」(エックスモバイル株式会社)で始まるということです。 もしもシークス

http://mosimosi.co.jp/より

もしもシークスの通話定額プラン

受付開始が8月17日(月)からで出荷開始が9月4日からとなっています。 プランの内容ですが下記の通りです(個人プランのみ)

項目 基本コース あんしんコース まんぞくコース
月額料金 1980円 2980円 3980円
データ通信量 1GB 7GB 7GB
無料通話 1回3分以内 月30回まで無料 1回5分以内 月30回まで無料 1回10分以内 月100回まで無料

*データ通信・無料通話ともに国内のみ *税抜き価格です

月に3分・30回とすると合計90分分の無料通話がついていることになります。90分分の一般的なMVNOの通話料金は20円/30秒なので1分40円ということで3600円分の通話代が組み込まれていることになります。今は半額になる方法がいくつかあるので1800円分と考えた方が良いかもしれませんが、それでも毎日1回短い時間の通話をするという方には良いのかもしれません。

長時間通話をするという方には向いていませんね。また1GBだとかなり意識してWi-Fiを使わないと足りないことになると思うのでその上の7GBにした方が良いかもしれません。 最安値と言われているDMMモバイルの7GBの音声通話パックが月額2560円なので420円で無料通話が5分以内月30回まで無料がついてくると思えばお得なのかもしれませんね。

問題はデータ通信の安定性

DMMモバイルと比べても毎日短い通話を1回する方なら確かに安いのですが問題はデータ通信の安定性です。

恐らくもしもシークスのMVNE元は「InfoSphere」(NTTPCコミュニケーションズ)と言われており、楽天モバイルもそうだと言われているので安定性はそこそこあるのかもしれませんが、MVNE元が同じでもどれだけ設備投資しているかで決まるので試してみないと一概には言えません。安定して1Mbpsが出ていれば良いんですけどね。

通話定額プラン名称「かけたい放題」は誇大広告・詐欺ではないのか?

今回の発表で受けた違和感、通話回数及び時間の制限があるのに「かけたい放題」という名称にするというのは誇大広告ではないのか?ということ。

WiMAX問題が出ている中で制限があるにもかかわらず「放題」という言葉を使うことは問題があるのではないのでしょうか?「放題」という言葉だけを聞けば「無制限」と思う人も多いのではないかと思います。「かけたい放題」なんて書かれていたら通話無制限だと思うのではないでしょうか?

携帯電話キャリア各社及びMVNOは「放題」という言葉を使いたがりますが、そろそろこの「放題」という言葉を自主規制されてみてはいかがでしょうか? そうでなければ本当の意味でユーザーから信頼されなくなるだけだと思います。

もちろん携帯電話キャリア各社・MVNO各社はこの「放題」という言葉に騙されて加入させたいという気持ちはよく解りますが嘘をついてまで契約をさせて契約後には契約書に書いてあるでしょ!と詐欺と同じことをするのはいかがなものかと。 素直に通話定額プラン登場!だけにしていれば良かったと思います。 もしもシークスに興味がある方は下記からどうぞ

もしもシークス