Click

当サイトからUQモバイルに申し込むとキャッシュバック最大13000円がもらえるキャンペーン実施中!

詳しくはこちらをクリック

年配の方や子どもにスマホをプレゼントする場合、ツタヤのTONEって実は良いんじゃないかな?

ネットでは散々叩かれいるツタヤが行っているMVNOであるTONE。

LTEに対応していない端末が24000円で販売されているという詳しい人から見れば信じられないほど高いのですが、機械にあまり詳しくない年配の方や子どもに持たせるという意味では割りと良いのでは無いかと思います。

MVNOや格安スマホに詳しい人には物凄く評判の悪いTONEですが、何故年配者や子どもへのプレゼントには何故良いのか説明をしていきます。

http://www.flickr.com/photos/73918797@N00/1903315164

photo by surround

詳しくない人ほど想定外の使い方をする

どのジャンルでも言えることですが、詳しくない人ほど詳しい人にとって想定外の使い方・行動をするということがあります。

例えばMVNO・格安SIMであれば格安スマホをプレゼントしようとしてこんな会話をするかもしれません。Aが格安スマホに詳しい人、Bが格安スマホに詳しくなくてネットにも詳しくない人とします。

A「スマホも安く使えるようになったからプレゼントしようと思うけど、ネットとかよく行う?」

B「そんなにしないと思う」

A「動画とか見る?」

B「滅多に見ないよ」

Aの中ではネットもそれほどしないし、動画も見ないというのなら月3GBくらいのデータ量の格安SIMのプランで良いかな?と思うでしょう。

で実際にBに月3GBのデータ量の格安SIMとLTE対応の2万円以内で購入出来る格安スマホをプレゼントしたとします。そして2週間後

B「最初はネットも動画も問題なく見れていたのに、最近遅くて見れなくなっちゃったよ」

A「え?スマホの故障とかかな?ネットとか動画ってあまり見てないんでしょ?」

B「それほどは見てないよ」

A「実際、1日どれぐらい動画とか見ていた?」

B「多い時で1時間くらいかな」

A「え?」

実際に2時間も毎日動画を見たとしたら1時間辺り700MB(480p時)使うので1時間見れば0.7GBのデータ量を使います。3GBのデータ量なら4~5日で使い切る計算です。

詳しい人ならこれくらいは解るのですが初心者はいきなりハードな想定外の使い方をしてしまうことがよくある話です。

最初からこんなものだと教えることでそれ以上は出来ないと思う 評判が悪いTONEを逆に利用する

でも最初から通信速度が遅くて動画が見れないとすれば、こんなものなのかな?と意外と納得してしまうものです。だから遅い回線速度での使い方しかしなくなります。

TONEのセット端末は元々LTEに対応していないし、MVNE元はフリービットなのではっきり言えば遅いでしょう。恐らく速くて1Mbps出れば良いのではないかと予測します。通常は200kbpsから500kbpsの速度しか出ないでしょう。

だから動画を見ることが出来ないと最初から説明しておけばそんなものか・・・と思って見ないようにするでしょう。

年配の方はいろいろと聞きたい・話したい

TONEの良いところは一部ですが店頭で販売をしていてサポートもしている点です。近くに販売をしているツタヤがあるのなら、解らない時はそこに聞きに行くように行っておけば年配の方なら安心するでしょう。

実際にキャリア(docomo等)からMVNOに出来ない理由の1つに困った時に聞きにいける店舗が無いということを言います。特に年配の方は人と話したいと思っている方は少なくありません。それに出かける用事が出来ることに喜ぶ場合もあります。毎日の散歩コースにツタヤを設定しても良いかもしれません。

そういう意味ではツタヤで聞けるTONEは最適な場合もあります。もちろん近くに対応のツタヤが無ければ意味がありませんが。

子供向けのアプリ・プログラムも充実している

年配の方に良いのは解った!でも子どもにも良いとは?

それは子ども向けのアプリ・プログラムが意外と充実しているからです。

tone02

上記のようにGPSでどこにいるか調べることも出来ますし、アプリのインストールも制限出来ます。利用時間帯の制限も出来ます。他のMVNOでもこれらのことは可能なことが多いですが、TONEは比較的簡単に出来るという点では優れています。

もし、年配の方や子どもにスマホをプレゼントしようかな?と考えているのならTONEも候補に入れておくと良いかもしれません。