Click

当サイトからUQモバイルに申し込むとキャッシュバック最大13000円がもらえるキャンペーン実施中!

詳しくはこちらをクリック

UQモバイルの対応端末は?取扱っているスマホは?おすすめでお得なスマホは?iPhoneの対応は?ズバリ解説!

「UQモバイル、だぞっ」のテレビCMでお馴染みになってきたUQモバイル。お得そうだけど、実際に使える端末(スマートフォン)はどうなんだろう?使えるスマホは?と考えている方も多いと思います。

実際に今までUQモバイルの格安SIMを4プラン使ってきた&UQモバイルでお得にセット販売されているスマホを9割以上使った経験から、

  1. 対応端末(対応スマホ)
  2. iPhoneの対応
  3. セット販売でお得なスマホ

この3つについて徹底的に説明していきます。少し長くなるので目次から必要なところだけ見てください。セットのスマホでどれがお得か知りたい場合は目次から「セット販売でお得なスマホ」を選んでくださいね。

UQモバイル、だぞっ

最初にお得なキャンペーンを紹介

ずばりこの記事を読んでいるということはUQモバイルに申し込もうかと考えている方が多いと思いますので最初にお得な情報・キャンペーン情報をお知らせします。

当サイトとUQモバイルさんのコラボ企画で、このサイトの下記リンクからUQモバイルを申し込んでもらえた場合、最大13000円の現金キャッシュバック・キャンペーンを実施中です。

UQモバイルに申込むのであれば一番お得です。是非、ご利用ください。

なお最大13000円キャッシュバック・キャンペーンで申込む場合は必ず下記リンクから申し込んでくださいね!違うリンクからだと商品券はプレゼントされませんので、ご注意ください。

UQモバイル キャッシュバックキャンペーン申込ボタン

もう少し詳しくキャンペーンの詳細は知りたい方は下記記事をご覧ください。

>>当サイト UQモバイル キャッシュバック・キャンペーン詳細記事<<

UQモバイル対応機種・端末・スマートフォンについて

対応の端末はUQモバイル公式ページで見てもらうのが一番なので、UQモバイルの公式サイト・対応端末をご覧ください。

>>UQモバイル・対応端末<<

それならこれ以上書く必要が無いじゃないか!という方もいると思いますが、予備知識として覚えて欲しいことがあります。

それが

  • auVoLTE対応SIM(マルチSIM)
  • auVoLTE非対応SIM(nanoSIM or microSIM)

です。これは使っているスマホで異なるので注意してください。auVoLTE非対応のスマホにauVoLTE対応SIMを入れても通信は出来ることがほとんどですが(不安定ですが)、通話は出来ません。だからUQモバイルの対応端末一覧を見て、確認をしてください。

またauのスマホならUQモバイルは使えるか?というと大体は使えますが上記のSIMカードの種類によって対応が異なります。

  • auVoLTE対応SIM(マルチSIM)=SIMロック解除が必要
  • auVoLTE非対応SIM=基本的にSIMロック解除が不要

僕が一番最初にUQモバイルで使ったスマホは、auの「SONY Xperia Z1 SOL23」でした。

参考

>>au SONYモバイル「Xperia Z1 SOL23」<<

SONY Xperia Z1 SOL23の場合はauVoLTE非対応SIMで、SIMロックを解除することなく使うことが出来ています。Z3も同じです。しかしZ4、Z5はauVoLTE対応SIM(マルチSIM)を使うことになりますし、SIMロックの解除が必要になります。

SIMロック解除とかどうすれば良いのか分からない方は、UQモバイルのサイトで説明されているので確認してくださいね。

>>UQモバイル・SIMロック解除手続きについて<<

Androidで対応を確認する方法

Android端末であれば簡単に確認をすることが出来ます。SONY Xperia Z1の例で説明します。

設定を選び、一番下にある「端末情報」をタップします。次に「端末情報」の「法的情報」をタップします。

「認証」をタップします。すると上記の右の図のようなものが出てきます。ここで四角で囲われたTの部分を見てください。

  • AD13-XXXXXX=auVoLTE非対応SIMを選びます
  • AD16-XXXXXX=auVoLTE非対応SIMを選びます
  • ADF16-XXXXX=auVoLTE対応SIM(マルチSIM)を選びます

大雑把ですが概ねAndroidの場合であれば上記のようになっています。ただしAD16となっていてもまともに使えない時もあるので注意が必要です。

人気のSIMフリースマホ、ZenFone3 MaxとZenFone3の同じ画面ですが、ZenFone3 Maxは「AD16」になっているのでauVoLTE非対応SIMになりますが安定した通信は出来ませんし、通話も出来ません。ASUS ZenFone3は「ADF16」になっておりauVoLTE対応SIM(マルチSIM)が安定して使えるようになっています。

ADF16-XXXXであれば、auVoLTE対応SIM(マルチSIM)が安定して使えるとおぼえておくと便利です。

ただし、一部スマホ(ZenFone3 Deluxe5.7インチモデル等)はADF16XXXになっていますが、auVoLTE対応のSIMは使えても通話が出来ない等の問題もあるので注意してください。

auVoLTE対応とか非対応って何?

そもそもauVoLTE対応とか、auVoLTE非対応とか、どういう意味?と思う方もいますよね。

auVoLTEだと、クリアな音質での通話が出来るようになります。auVoLTE非対応だとあまりクリアな音質になりません。

またauVoLTE対応のスマホであればキャリアアグリケーションというものに対応しているものが多く、通信速度が高速になる場合があります。

  • auVoLTE対応=クリアな音質・キャリアアグリケーションで高速な通信で使える場合もある
  • auVoLTE非対応=音質があまりクリアでは無い

auVoLTE対応でもキャリアアグリケーションには対応してない場合もありますが、音質はクリアになります。

iPhoneで使えるの?対応は?使えるSIMカードは?

UQモバイルでもiPhoneは使えます!対応機種及び選択すべきSIMカードも横に記載しておきました。

  • iPhone 5s(UQモバイル版)
    =nanoSIM(auVoLTE非対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone SE(SIMフリー版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone SE(au・docomo・SB版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除必要
  • iPhone 6s(SIMフリー版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone 6s(au・docomo・SB版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除必要
  • iPhone 6s Plus(SIMフリー版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone 6s Plus(au・docomo・SB版)
    =マルチSIM(auVoLTE対応SIM)テザリング可・SIMロック解除必要
  • iPhone 6(SIMフリー版)
    =nanoSIM(auVoLTE非対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone 6(au版)
    =nanoSIM(auVoLTE非対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone 6 Plus(SIMフリー版)
    =nanoSIM(auVoLTE非対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要
  • iPhone 6 Plus(au版)
    =nanoSIM(auVoLTE非対応SIM)テザリング可・SIMロック解除不要

iPhone5以前のモデルではUQモバイルは使えませんのでご注意ください。

もっともiPhone5やiPhone5cでも使えるのですが動作保証はされていません。実際管理人はiPhone5cでもUQモバイルを使っています。

嬉しいのがiPhoneSEやiPhone6sであればUQモバイルで同時購入が出来ます。しかも端末代金はiPhoneSEであれば頭金100円で初期手数料3000円と月額基本料金(通話料込み)のみで使うことが出来ますよ。更に最大13000円キャッシュバック対象ですから、なんかメチャクチャお得に契約出来ます。

iPhoneの型番が分からないという方へ

でも自分のiPhoneのモデルが分からなくなってしまっていてどれを選べば良いか分からないという場合は下記の図を見てください。

iPhone型番確認

iPhoneの背面の下の方にモデル名が書かれています。上記の図だと「Model A1524」となっていますがこれはiPhone6 Plusの型番となります。

  • iPhone SE:A1723、A1662、A1724
  • iPhone 6 Plus:A1522、A1524、A1593
  • iPhone 6:A1549、A1586、A1589
  • iPhone 6s Plus:A1634、A1687、A1699
  • iPhone 6s:A1633、A1688、A1700
  • iPhone 7 Plus:1661、A1784、A、A1785 (日本)
  • iPhone 7:1660、A、A1778、A1779 (日本)

印刷が剥がれて分からない場合は、購入時の箱か購入店に確認してください。

iPhone用SIMカードについて

UQモバイルにはiPhone専用SIMというものがあります。今回のキャッシュバック対象のSIMカードならnanoSIM(専用)と書かれたものです。

このSIMカードはiPhone 5s/iPhone 6(SIMフリー・au版)/iPhone 6 plus(SIMフリー・au版)で利用できます。

このSIMカードのメリットは設定が不要ということ。SIMカードをiPhoneの中に入れると自動的に設定が完了(APN設定が自動でされる)するので簡単に使えるようになります。

iPhone6s以降のiPhoneはマルチSIMというものを使うことになりますが、ほとんどの場合これもAPN設定が自動でされるので簡単に使えるようになります。

SIMカードを入れられるか不安という方へ

SIMカードを自分で入れられるかな?と思う方もいますよね。正直、メチャクチャ簡単に入れられます。ただしSIMピンと呼ばれるピンか細い針金状のものが必要になります。

どのiPhoneも基本は同じなのでSIMカードの入れ方に悩んだら下記記事をご覧ください。

>>iPhoneSEのレビュー

SIMのみの申込も下記から行ってください。

UQモバイル キャッシュバックキャンペーン申込ボタン

UQモバイル キャッシュバック対象端末・スマホは14種類

先に紹介している、最大13000円キャッシュバックキャンペーン現在11種類のAndroidスマホと1種類のガラケー、そして2種類のiPhoneと、合計14種類の端末が用意されています。

*人気商品は品切れや早期販売終了になる可能があります。2018年2月1日現在のキャッシュバック対象商品です。対象端末は変更になることがあります。

価格の確認 ぴったりプランとたっぷりプラン

最大13000円キャッシュバックは

  • ぴったりプランS or おしゃべりプランS:10000円のキャッシュバック
  • ぴったりプランM or おしゃべりプランM:11000円のキャッシュバック
  • ぴったりプランL or おしゃべりプランL:13000円のキャッシュバック
  • データ高速+音声プラン:5000円のキャッシュバック

となっています。データ高速+音声プランだと、無料通話はありませんしスマホ代金の高くなるので、ぴったりプランかたっぷりプランで申し込まれるのが良いでしょう。

ではぴったりプランとおしゃべりプランはどう異なるか?というと下記の通りです。

  • おしゃべりプランは1回5分までの通話が何度でも無料
  • ぴったりプランは月60分or120分or180分までの通話料が無料

となっています。

1回の通話は少ないけど回数が多い人はおしゃべりプラン。1回の通話は多いけどあまり電話をしない人はぴったりプランとなります。

上記が月額の基本料金です。電話をかけ過ぎたり、データを使いすぎなければ基本料金内で収まることになります。

そして端末(スマホ)をセットで購入すると当然、スマホ代金が加算されます。

UQモバイル キャッシュバック対象商品の価格

気になるスマホ・端末の価格は下記の通りです。

端末名(型番) 一括払い
代金
24回払い
1回目
24回払い
2回目以降
プランS/
マンスリー割
プランM/
マンスリー割
プランL/
マンスリー割
HUAWEI nova2 31212円 1404円 1296円 756円 756円 756円
SHARP AQOUS sense 31212円 1404円 1296円 756円 1296円 1296円
富士通 arrows M04 PREMIUM 36396円 1620円 1515円 972円 1512円 1512円
ASUS ZenFone4 61344円 4212円 2484円 432円 1620円 1620円
ASUS ZenFone4 Selfie Pro 46224円 3996円 1836円 432円 864円 864円
HUAWEI P10 lite 33804円 1512円 1404円 1404円 1404円 1404円
SHARP AQUOS L2 31212円 1404円 1296円 1296円 1296円 1296円
HUAWEI nova 41018円 3758円 1620円 432円 864円 864円
ZTE BLADE V770 28620円 1296円 1188円 1188円 1188円 1188円
LG X screen 37692円 1674円 1566円 1566円 1566円 1566円
富士通 arrows M03 41904円 2160円 1728円 432円 864円 864円
KYOCERA DIGNO Phone 20844円 972円 864円 864円 864円 864円
iPhone6s 32GBモデル 59724円 2592円 2484円 864円 1404円 1404円
iPhone6s 128GBモデル 72684円 3132円 3024円 864円 1404円 1404円
iPhoneSE 32GBモデル 44172円 1944円 1836円 1836円 1836円 1836円
iPhoneSE 128GBモデル 54540円 2376円 2268円 1728円 1728円 1728円

*価格は2018年2月1日現在のものです。今後変更される場合があります。

スマホ(端末・iPhone)はやっぱり高いな・・・と思うかもしれませんが、右側3列のマンスリー割に注目してください。

マンスリー割とはUQモバイル指定のスマホを契約時にセット購入するとスマホ本体代金を毎月割り引きますというサービスです。

このマンスリー割を適用させるとスマホ本体代金は下記のようになります。

端末名(型番) プランS/
実質支払金額
プランM/
実質支払金額
プランL/
実質支払金額
HUAWEI nova2 13068円 13068円 13068円
SHARP AQOUS sense 13068円 648円 648円
富士通 arrows M04 PREMIUM 13137円 717円 717円
ASUS ZenFone4 50976円 23652円 23652円
ASUS ZenFone4 Selfie Pro 35856円 25920円 25920円
HUAWEI P10 lite 108円 108円 108円
SHARP AQUOS L2 108円 108円 108円
HUAWEI nova 30650円 20714円 20714円
ZTE BLADE V770 108円 108円 108円
LG X screen 108円 108円 108円
富士通 arrows M03 31536円 21600円 21600円
KYOCERA DIGNO Phone 108円 108円 108円
iPhone6s 32GBモデル 38988円 26568円 26568円
iPhone6s 128GBモデル 51948円 39528円 39528円
iPhoneSE 32GBモデル 108円 108円 108円
iPhoneSE 128GBモデル 13068円 13068円 13068円

なんと108円(税込)で購入出来てしまうスマホや端末があるんです!

え?でもこれは分割払いのみで一括払いは関係ないんでしょ?と思うかもしれませんが違います。

一括払いの時は初回に端末代金の一括払いを支払うことになりますが、月々の基本料金からマンスリー割が適用されるので月々の基本料金が信じられない金額になります。

例えばHUAWEI P10liteだと下記の通り

おしゃべりプランSは2138円(税別1980円)からマンスリー割が適用されて月々1404円の割引となり月々734円(初回は108円プラス)となります。一括払いだと月々の支払いがぐっと安くなりますね。

分割払いでもスマホ代一括払いでも2年間の合計金額は変わりません。また上記料金には初期手数料3000円が含まれているトータル料金です。この金額に無料通話分を超えた分やオプション料金等が加わります。

実質108円スマホ

上記の中で実質100円のスマホは

  • HUAWEI P10lite
  • SHARP AQUOS L2
  • ZTE BLADE V770
  • LG Xscreen
  • Apple iPhoneSE(32GBモデル)

となっています。しかしスマホの価格・性能が違うので性能を考慮した上でおすすめのスマホを紹介していきます。

おすすめ1位・Apple iPhoneSE

やっぱりiPhoneの人気はまだまだあります。iPhoneSEは32GBモデルと128GBモデルがありますが32GBモデルでぴったりプランかおしゃべりプランにすると24回払いの場合、月額端末割引料金と月額端末代金が同じなので初回端末代のみの実質108円で持ててしまうんです!

iPhoneSE

iPhoneSEは4インチの小さい液晶で女性用の小さめのポケットでも楽に入る大きさ、画面サイズは小さいものの持ち運びには便利ですし、何よりもiPhoneの現行機種です。

おすすめ2位・SHARP AQOUS sense

防水性能があり水に濡らしても安心のスマホです。またおサイフケータイ機能もあるので今までおサイフケータイを使っていた方も引き続き使うことが出来ます。

SHARP AQOUS sense

実際に洗ってみましたが、その後も問題なく使えています。

24回払いにした場合、実質支払額が月々700円(税込み756円)なので24回で16800円で購入することが出来ます。

おすすめ3位・ASUS ZenFone4

管理人が普段使っているスマホです。本当は1位にしたいのですが初めてスマホを持つ人にはあまり向いてないこともあり3位にしています。根強い人気のSIMフリースマホ ZenFoneシリーズの最新モデルです。

ベンチマークアプリ(性能を計測するアプリ)の代表的なアプリである「AntutuBenchmark」では11万オーバーというスペックになっています。

SHARP AQOUS senseが約42000ですから倍以上のスペックでありサクサクと動きます。

また広角レンズと標準レンズをタッチ1回で切り替えられるので大勢の人の写真を室内で撮影する時にも便利です。

おすすめ4位・HUAWEI P10lite

ASUSと人気を二分するHUAWEIのスマホです。

HUAWEI P10lite

ぴったりプランかおしゃべりプランにすると24回払いの場合、月額端末割引料金と月額端末代金が同じなので初回端末代の実質108円で持つことが出来ます!

性能的にもベンチマーク結果は55000~58000とAQOUS senseよりも高くカメラの写りも非常に綺麗で且つ多機能となっています。

おすすめ5位・富士通 arrows M04 PREMIUN

おサイフケータイにワンセグと便利な機能がついた防水スマホです。

中性洗剤やハンドソープで洗えるのも嬉しいところ。スペック的には高くありませんがワンセグとおサイフケータイ両方を使いたいという方にはおすすめです。

実質価格13000円弱で持つことが出来ます。キャッシュバックと合わせれば最安値で購入出来ることになりますよ。

おすすめ6位・ASUS ZenFone4 Selfie Pro

自撮りに特化したスマホです。

あまり見かけなくなった赤いカラーもあります。

背面にダブルレンズのモデルは増えてきましたが、ZenFone4 Selfie Proは前面にダブルレンズを採用。

3~4人で前面カメラで撮影すると入り切らないという時がありますが、ZenFone4 Selfie Proは広角レンズに簡単に切り替えられます。だから3~4人でも余裕で撮影することが出来るのがポイントです。

おすすめ7位・SHARP AQOUS L2

既に紹介しているAQOUS senseの前のモデルです。

こちらも防水となっており濡れても安心なのが嬉しいところ。またおサイフケータイにも対応しています。

おすすめ8位・HUAWEI nova2

HUAWEIの最新のモデルです。

nova2という名前だけにnovaというスマホの2代目になりますが、コンセプトが変更されています。よりスマートにシンプルになったモデルです。

売りは前面のカメラが2000万画素と自撮り用にしているのですが、これはちょっと失敗だったな・・・と。

詳しくはレビュー記事をご覧ください。

おすすめ9位・iPhone6s

iPhoneSEは4インチの小型液晶のモデルですが、それだと小さすぎるという方にはiPhone6sがおすすめです。

4.7インチの液晶は手が小さい人でも操作がしやすいサイズであり、見やすいサイズです。

現在14種類あるスマホ・端末の中でおすすめは以上となります。

お気に入りのモデルがあれば是非、この機会に申し込んでくださいね!

UQモバイル キャッシュバックキャンペーン申込ボタン

UQモバイルキャッシュバックキャンペーンの詳細は下記記事をご覧ください。

UQモバイルに申し込もう!

でも、実際のところUQモバイルって格安SIMの中でどうなの?と思うかもしれませんね。

格安SIMにすることが出来ない理由のベスト(ワースト?)3は

  1. 何となく不安だから
  2. 通信速度が遅くなると聞くから
  3. キャリアメールが使えなくなるから

となっています。

でも、UQモバイルは唯一この理由3つを退けることが出来る格安SIMなんです。

何となく不安というのはよく知らない会社が運営しているから・・ということがあると思います。

実際、そういうところもあります。

でもUQモバイルはKDDIグループです。そう大手キャリアのauと同じグループ会社となっています。実際のところUQモバイルは格安SIMというよりはauのサブブランドですから、安心して使えます。

通信速度が遅くなるという意味合いではUQモバイルは気にしなくて構いません。というかdocomoよりも速いです。

当サイトでは格安SIMと大手キャリアの通信速度を計測していますが、UQモバイル以上に安定して速い格安SIMは無いと断言します。

そしてキャリアメールですが、UQモバイルは格安SIMの中で唯一キャリアメールに準じたメールが使えます。もちろん今までdocomoやau、SoftBankを使っていたら、それぞれのキャリアメールと同じアドレスは使えませんが、docomoやau、SoftBankにメールを送信するときちんとキャリアメールとして認識されます。ただしオプションなので月額200円かかる点だけ注意してください。後から別途申込みが必要です。

以上、不安になる理由ベスト3を見事に克服しているのがUQモバイルです。

価格にしてもこのブログから申し込んでもらえば最大13000円の現金キャッシュバックがもらえるので他で申込むよりもUQモバイルはお得に申し込めます。是非この機会に申し込んでみてはいかがでしょうか?

UQモバイル キャッシュバックキャンペーン申込ボタン

UQモバイルは本当におすすめ出来る格安SIMです。