Click

当サイトからUQモバイルに申し込むとキャッシュバック最大13000円がもらえるキャンペーン実施中!

詳しくはこちらをクリック

白ロムって何?格安スマホと白ロムとSIMフリースマホの違い

MVNOを利用しようと思ってお店の人に相談した時に「スマホは購入されますか?それとも白ロムを使いますか?」なんて聞かれたことがある人もいるのではないでしょうか?

白ロム(シロロム)って何??と思った方もきっといるでしょう。今回は白ロムについて説明します。

白ロムとは普通の携帯電話(スマホ)のこと

元々携帯電話は本体に電話番号や契約者情報等の情報を内部のメモリに書き込みをしていました。そのメモリから電話番号や契約者情報等の情報を抹消した端末を白ロムと言っていました。

ロムとはROMと書き、READ ONLY MEMORYの略で日本語に訳せば「読み出し専用メモリ」という意味です(もっと厳密に言えばrandom access read only memoryというところから説明をしないといけないのですが直接関係ないので省きます)。

契約者情報等を抹消した真っ白な状態の携帯電話とうことで白ロムと呼ぶようになった訳です。

しかしその後携帯電話はSIMカードと呼ばれるメモリに契約者情報や電話番号等の情報を書き込み、それを携帯電話(スマホ含む)の中に入れるようになり、一度使った携帯電話(スマホ)からSIMカードを抜いたものを白ロムということになった訳です。

つまり1度は使用されたことがあり、携帯電話(スマホ含む)からSIMカードを抜いたものを白ロムというようになっています。

凄く乱暴な説明ですが中古の携帯電話(スマホ含む)が白ロムになると考えてください。

格安スマホとは

いろいろな意見がありますが、格安SIMを入れて使うスマホのことだと考えてください。格安スマホと言えば次に紹介するSIMフリースマホのことだという人もいますが、明確なルールが無いのでこのサイトでは格安SIMを入れて使うスマホ全てを格安スマホとしています。

SIMフリースマホとは

でもSIMフリースマホって何?と思う方もいると思います。一般的にdocomoやau、ソフトバンクで契約するスマートフォンはそのキャリア用にチューニングされたり開発されたものです。しかしSIMフリースマートフォンはどこのSIMでも使えることを前提に作られたものだと考えてもらえば良いでしょう。

ただし、すべてのSIMが使える訳では無いので注意が必要です。これが結構面倒な話で例えばZenFone2はSIMフリースマホですがauのSIM及びau系格安SIMは法律的に使ってはいけないことになっていたりします(ここでは詳しく解説しませんが詳しく知りたい方はこちらのサイトが詳しく説明されています)。

docomoの白ロムならdocomo系MVNO(格安SIM)で使える

極端に古いdocomoの機種や一部機種では使えないこともあるのですが、ここ2~3年で販売されたdocomoの携帯電話(白ロム)ならほぼdocomo系MVNOと言われる格安SIMなら購入した格安SIMを入れて設定をすれば使えるようになるということです(キャリアメールは使えなくなったりします。詳しくはこちらの記事をご覧ください)。

SIMカードの大きさが異なるのでその大きさにあったものを購入しないといけません(サイズが違っても使う方法がありますがここでは割愛します)。

だからdocomoやauの携帯電話を使っていたらそれに対応した格安SIMを購入すればすぐに使える訳です。またMNPで同じ電話番号のままMVNOに乗り換えることも出来ますが、ほとんどのところが携帯電話が使えなくなる期間が2~3日あるので気をつけてください。

auの場合、MVNOは現在5社ほどなのでそれほど悩まないと思いますが、docomoは100社以上MVNOがあるので変更する場合は悩んでしまうと思います。その場合はこちらを見て最新のおすすめ格安SIMを見極めてもらえればと思います。

au系ならmineoかUQモバイルがおすすめです。僕個人はUQモバイルをメインに使っています。

mineoをチェックする

UQモバイルをチェックする