パソコンを注文しました!Lenovo ThinkPad X1 Carbon

都内で格安SIMの速度計測を月に数回行っていますが、計測時間の合間はブログを書いていたりします。今まではChromebookで書いていたのですが、Chromebookに限界を感じていたのでやはりWindowsのノートパソコンが欲しくなり購入した次第です。

購入したのはLenovoの「ThinkPad X1 Carbon」米沢生産モデルです。

Lenovo ThinkPad X1 Carbon

Lenovoより

Chromebookは画像編集向きでは無い

よくChromebookはブログ用には最適!と書かれているのですが、これは写真を多用しないブログ向きのこと。大量の写真を使うブログの場合は本当に向いていません。

画像サイズの一括変換は出来ないし、RAWファイル(Jpegになる前の生の画像データ)の一括現像も出来ません。

そのため、画像を沢山使ったブログを書こうと思うとWindowsに比べて倍以上の時間を使うことになります。これだと効率が悪すぎて面倒でしょうがない状態です。

もちろん今もWindowsのノートパソコンは持っていますが5年以上前に購入したもので性能的にはかなり厳しく起動までの時間もかかってしまいこれもまたストレスに。

だからもう買い換えてしまえ!ということで注文した次第です。

Lenovo ThinkPad X1 Carbonにした理由

もうここ1ヶ月くらいずっと悩んでいたのですが最終的にLenovo ThinkPad X1 Carbonにした理由はこれが一番自分の希望するものに近かったから。

比較検討したのは、

  • NEC Hybrid ZERO
  • 東芝 dynabook KIRA LZ93/TG
  • DELL New XPS 15
  • Panasonic レッツノートLX5

本当はASUSのZenBookの新モデルが出るのを待っていたのですが待ちきれませんでした。

スペックは、

  • intel Core i7(第5世代以降)
  • SSD 128GB以上
  • メモリ 8GB以上
  • ディスプレイ 13.3型以上
  • 重さ 2kg以内
  • 念の為にタッチパネル搭載
  • MS Office付き
  • バッテリーは8時間以上持つこと
  • Windows10 Pro

この条件を満たすもので探しており、実物も見て決めようと思っていました。

最初はDELLのNew XPS15が画面も大きくて作業効率が良さそうで良いかな?と思っていたのですが、展示がどこにも無くて実物が見れないため対象外に。

Panasonicは高すぎる(Blu-rayドライブなんて要らないし、そもそも光学ドライブは要らない)

ダイナブックは13.3型にしては重すぎる

NEC Hybrid ZEROは逆に軽すぎて不安

となって最終的にLenovoになった次第です。

持ち運ぶことがメインなので(自宅はデスクトップパソコンがあるので使わない)、やはり軽いもの出来れば1.5kg以内が良いかな~というのも決めた理由になっています。

でもASUSがさっさとZenBookの新モデルを出してくれないのがいけないんだ!

注文から約10日間で到着予定

受注生産制なので到着は来週になる予定です。

Lenovoはカスタマイズが出来るのである程度カスタマイズして注文しました。ディスプレイは「14.0型WQHD液晶 (2560×1440 IPS) マルチタッチパネル(10点)」へ。OSは当然Windows10 Pro 64bitに。

SSDは、OPALではなくPCI express対応にしました。どうせ買うのなら多少高くても長く使えるものが良いと思ったし性能の良いものと思ったので。実際に展示品を見に行った時にOPAL対応のSSDでもChromebookと起動時間はそんなに変わらなかったのですが、PCIeだとほぼ同じになる様子。

ただネックだったのはLenovoであること。IBMのままだったら悩むことも少なかったけど、Lenovoってネットの噂は正直あまりよく無いですよね。その中でもXシリーズは良いという声が多かったのでX1に。Yogaとか絶対にやめておけ!という書き込みも多かったし。

とりあえず届いたらまた使用感を書きたいと思います。

またLenovoはスペック的には他のメーカーに比べれば安いと言えます。ただしセール時に限りますが。今もセールは行われています。

>>Lenovo公式サイトへ