DTIの業界最安値に物申す!格安SIMの最安値はイオンスマホだよ

一部プランで業界最安値をうたっているDTI SIMですが、一瞬目を疑いました。え?安いの?え?え?え?と。

実際にこれを信じで申し込む人もいるかと思いますし、実際にSIMカード単体としては最安値かもしれません。しかしスマホセットでスマホを選ばないとしたら最安値はイオンスマホなんですよね。

DTI SIM

音声通話SIMの月額6GB1650円のイオンスマホ

DTI SIMは音声通話SIMの5GBと10GBで最安値と書いています。確かにSIMカードのみであれば最安値はDTI SIMかもしれません。しかしイオンスマホでスマホ本体とセットならば月額基本料金最安値はイオンスマホです。

音声通話SIM DMMモバイル DTI SIM イオンスマホ
月5GB 1970円 1920円
月6GB 1650円
月10GB 2950円 2900円
月12GB 2980円

上記の表を見てもらった通り、イオンスマホは月5GB及び月12GBのプランはありませんが月6GBのプランで1650円、月12GBのプランで2980円という価格になっています。

ただしイオンスマホはスマホ本体とのセット販売が基本なのでSIMカードのみで契約することは出来ません。またスマホ本体もそれほど種類は多くありません。

またイオンスマホの上記料金は2年間のみで3年目から値上がりします。そうは言っても通信業界の2年後なんてどうなっているか解らないから気にしなくても良いと思います。またイオンスマホの素晴らしいところは音声通話SIMなのに縛り期間が無いことです。MNP転出料が高い訳でもありません。

なお、イオンスマホはスマホ本体とセットと書きましたが、スマホによって契約する格安SIMが異なります。イオンスマホ自体がMVNOという訳では無いので。イオンスマホは日本通信(b-mobile)かBIGLOBE SIMになります。スマホとセットなのでどっちにするということは出来ません。

でもALCATEL OneTouch idol2 というLTE対応スマホなら本体が9800円(税別)と破格値で出ています。

参考

経済観念がしっかりした尾崎豊が持つべきスマホはイオンスマホだと思った。基本料金は実はかなり安いし縛り期間も無し

予備端末として使い、中身のSIMをメインのスマホに入れて使えば良いのかな?と思います。

また日本通信とBIGLOBE SIMの2種類があると書きましたが選ぶのならBIGLOBE SIMです。正直日本通信は通信速度が遅いので。BIGLOBE SIMはそこそこ速いので動画でも見ない限りはあまりストレスを感じないと思います。

>>イオンスマホ(公式サイト)へ

問題はDTI SIMの速度

ただDTI SIMって使ったことが無いのでどれぐらいの速度なのか解りませんが、以前のDTI(フリービット)は酷いという評判だったのですが今はどうなのですかね?

もし速いのであれば人によっては多少高くてもDTI SIMを選ぶかもしれませんね。

ということでDTI SIMに申し込んで実際に速度計測を年内から行ってみようかと計画中です。今しばらくおまちください。

>>DTI SIM(公式サイト)へ