Click

当サイトからUQモバイルに申し込むとキャッシュバック最大13000円がもらえるキャンペーン実施中!

詳しくはこちらをクリック

ZenFone2 Laser(5インチモデル)のROM8GBモデルがイオンスマホで出ているぞ!

ZenFone2 Laserと言えば2015年最も売れたSIMフリースマホの1つです。その人気は2016年になった今も衰えていません。

ZenFone2Lser(5インチモデル)はROM16GBですが、楽天モバイルの専売モデルとしてROM8GBモデルが出ています。

楽天モバイルの専売モデルだと思っていましたが、なぜかイオンスマホで出ています。何で?

ZenFone2 Laser

イオンスマホのZenFone2 Laserについて

単体での価格は聞き忘れてしまったのですが、ViewFlipCoverとASUS純正保護フィルムがついて24800円(税込26784円)です。楽天モバイルが税込み24624円なのでその差2160円ですが、ViewFripCover(amazonで送料込み2980円)と保護フィルム(純正842円)を考えれば断然イオンスマホで購入した方がお得な価格になっています。

  • 楽天スマホで購入してViewFlipCoverと純正保護フィルムを別に購入=約28000円
  • イオンスマホでセットで購入=約27000円

どちらがお得なのかは一目瞭然。

しかし2016年1月10日現在、イオンスマホのネットショップである「イオンデジタルワールド」では販売されていません。

イオンデジタルワールドはやる気が無いのかな?

イオンの店舗で見ると、既に富士通arrowsM02やシャープSH-M02はBIGLOBE SIMとセットで販売されています。しかし未だにネットショップでは販売していません。発売されて1ヶ月も経過しているのに。

これを見るとイオンスマホを販売しているイオンデジタルワールドってやる気あるのかな?って思います。

店頭で先行販売ならわかるけど1ヶ月も経過して未だにネットショップで行わないって・・・・ネットで売る気が無くて店頭のみで勝負しようとしているのかな?と思いますが、ALCATELのidol2Sみたいに余ってしまって後で慌てて9980円とかで売ることになるんじゃないのかな?って思います。

普通の価格で売れる時に売ろうとしないって・・・・。

なお、ALCATELのidol2Sは売れまくっていて店頭在庫はほぼ無くなりネットショップの在庫がメインとなっているようです。購入を検討されている方はお早めに。

参考

イオンスマホでLTE対応の格安スマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 S」が9980円で販売中!

イオンスマホの今後の展開

イオンのスマホの販売台数は馬鹿に出来なくて恐らく家電量販店よりもdocomoやau、SoftBankに関して言えば首都圏以外なら売っているという噂も聞こえています。

これは当然で地方だと行くところがイオンモールのみなんてよくある話。普段から行く場所でそれほど混雑してないのならそこで購入してしまうことも、

だからイオンでスマホを購入する人も多いのですが、格安スマホに関して言えばそれは別問題。地方はまだまだ大手キャリアがメインです。

で各店に売れないイオンスマホを投入して売れ残り、しょうがないから1年後に安くして処分価格で販売をする状態。idol2sしかり、geanee FXC-5Aしかり。

恐らく原価を切っての販売なのでイオンスマホは利益は出てないんじゃないのかな?と思いつつ・・・。

MVNOでも無くBIGLOBEやb-mobile、PlaySIMを代理店として販売している上に他よりも安い基本料金に途中解約OKで行っているから恐らく販売してもそれほど大きな利益は出ていないはず。

だからこそ、富士通arrowsM02なんて今売れに売れているSIMフリースマホを店頭で売れないのに売ろうとしている。それなら素直にネットで販売した方が売れると思うのですが・・・。

でも格安スマホはこれからまだまだ売れるジャンルだから、イオンもやめるわけにも行かず利益を出せないまま、1~2年は続けるのかな~と思います。

だからいつまでもイオンって経常利益が低いんですよね。

でも、そういうドジっぷりがイオンだから消費者にとっては安くスマホが購入出来るので良いのかな?

イオンスマホに興味のある方はイオンデジタルワールドをご覧ください(イオンスマホのオンラインショップ)

イオンデジタルワールド